スキンケアしない方が肌が綺麗?30代アラフォーがお手入れはあまり意味ないと最低限にした理由。やりすぎはやめた。
スポンサーリンク

30代アラフォー美容健康オタク主婦が過剰スキンケアからシンプルスキンケアにしたきっかけとその結果についてご紹介します。

こんにちは!いつまでも若々しい女性を目指すみえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

スキンケアをしない方が肌が綺麗なのか?

過剰スキンケア、肌断食、シンプルスキンケアといろいろ試してきて分かったことは、やり過ぎよりも最低限のスキンケアの方が満足な肌のときが多いということ。

しないスキンケアを普段のお手入れに取り入れたことで、肌にどんどん自信が持てるようになってきました。

ちなみに、わたしが過剰スキンケアから必要最低限のケアに移行した大きな理由の一つが、肌や化粧品について勉強するようになったこと。

肌の働きや化粧品の効果など知ることで、外からのスキンケアは必要最低限で十分と納得しました。

今回は30代アラフォー主婦の過剰スキンケアから最低限のスキンケアをやってみた結果、お手入れのメリットやデメリット、「しないスキンケア」の簡単な始め方についてご紹介します。

記事の内容がすぐ分かるもくじ

スポンサーリンク

スキンケアしない方が肌が綺麗?30代アラフォーがやりすぎをやめて最低限にした結果

20代前半はたくさんの基礎化粧品を使って、毎日朝晩30〜1時間ほどお手入れする過剰スキンケアをしていました。

20代後半に「引き算発想の美容法」に興味をもち、そこからスキンケアはどんどんシンプルに。

全く基礎化粧品を使わない肌断食やワセリンだけスキンケアをしたこともありました。

30代アラフォーの今は、最低限の基礎化粧品を使ったゆるい肌断食とも言えるシンプルスキンケアを続けています。

過剰スキンケアをしていたころよりも、今のシンプルスキンケアをしている今が、肌の状態は1番満足。

明らかに違うのが、触った感じ。

過剰スキンケアをしていたころは、肌に触るとフニャッとしていました。

今はふわっとしつつも、肌の奥から感じるようなしっかりな触り心地。

スキンケアをやりすぎるよりも、最低限にしたほうがわたしの肌には合っていました。

スポンサーリンク

スキンケア意味なし?驚きの基礎化粧品の正体

基礎化粧品の本当の姿を知ることで、スキンケアってたくさんすることにあまり意味がないなと納得するようになりました。

基礎化粧品に大きな効果はない

肌のためには、良い基礎化粧品によるお手入れが必須

このような考え方が、常識になっているように思います。

わたしも今までずっとそのように思いこみ、10代後半から肌のためにと基礎化粧品で毎日朝晩念入りにケアしてきました。

しかし、実は基礎化粧品に大きな効果はありません。

化粧品は、薬機法の第2条において「人体に対する作用が緩和なもの」と定義されています。

つまり、肌を白くする、毛穴をなくす、シミやシワを消す、たるみをなくす、クマを改善するというような大きなことは、基礎化粧品にはできないということ。

現代の美容法において、基礎化粧品に対する期待が実際よりも大きくなりすぎているのかもしれません。

化粧品の中身に大差なし

基礎化粧品の中身は、商品による大差は実はそれほどありません。

基礎化粧品の多くは、水(水性成分)、油(油性成分)、界面活性剤で構成。

この3つのベース成分が、1つの化粧品全体の70~90%を占めています。

残りの10~30%のわずかな部分が美容成分と呼ばれる効能・効果成分、品質保持剤などになっています。

・化粧水
水90%:界面活性剤0~2%

・ 乳液
水80~90%:油1~5%:界面活性剤0~5%

・クリーム
水30~50%:油10~30%:界面活性剤1~10%

・クレンジングオイル
油80%:界面活性剤15~20%

(参考:オトナ女子のための美肌図鑑 (美人開花シリーズ) [ かずのすけ ]

このような配合割合に美容成分や品質保持剤などがプラスされています。

基礎化粧品は、クレンジング、洗顔料、プレ化粧水、化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、アイクリームなど種類がたくさん。

しかし、基礎化粧品のカテゴリは、水、油、界面活性剤の配合量によって変わるだけ。

実は中身はどれも同じようなもので、それほど大きな差はないのです。

このことを知ってから、自分なりのスキンケアの目的が果たせれば、化粧水でも乳液でもクリームでも何でも良いのはないかと考えるように。

良くおすすめされる、化粧水→美容液→乳液(クリーム)というようなライン使いをする必要も必ずしもないと思うようになりました。

化粧品は肌の奥までは浸透しない

化粧品は肌の奥までは浸透せず、肌の1番表面に位置する角質層までしか届きません。

多くの美容成分は、角質層のもっと奥にある基底層や真皮に届かないと効果なし。

基礎化粧品で補う意味はありません。

スポンサーリンク

スキンケアしないほうが肌が綺麗?だって、肌には美しく健康に保つ働きがある

実は、肌にはもともと美しく健康に保つ働きがあります。

肌の働きについて知ることで、お手入れってそんなに必死にしなくていいんだと気づきました。

ちなみに、肌の働きについては「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法 美肌には化粧水もクリームも必要ありません [ 宇津木龍一 ]がとても参考になりました。

肌には外からの刺激から守る「バリア機能」がある

肌は、外側の表皮、内側の真皮の2つの層でできています。

・表皮
皮膚の外側の部分で、表面を覆っている
表皮の厚さはわずか0.04~0.07mm。
ラップ1枚ほどの厚さで、その中には表皮細胞が5~10個重なるように並んでいる。
表皮の最も外側である皮膚表面にある層は角質層と呼ばれる。

・真皮
表皮の下(肌の奥側)に位置する。
真皮の厚さは表皮の約10倍。
真皮には、お肌の弾力やハリを作る丈夫なコラーゲン繊維と、それを作る繊維芽細胞が存在。ちなみに、真皮には栄養を吸収して老廃物を運ぶための血管やリンパ管があるが表皮にはない。

バリア機能とは、肌表面にある角質層が担っている働き。

角質層は、角質細胞(肌の奥にある基底層で作られた表皮細胞が肌表面へと押し上げられて変化したもの)と、細胞間脂質で成り立っています。

角質細胞は、アミノ酸を主成分とした水溶性の保湿成分(天然保湿因子)を含んでいて、角質細胞内の水分をキープ

細胞間脂質は、主成分のセラミド、コレステロール、脂肪酸でできている脂溶性の保湿因子を含んでいます。

角質層は、水溶性の保湿成分を持つ角質細胞が10層ほどびっしりと重なり合い、その間を脂溶性の保湿成分をもつ細胞間脂質がしっかり埋めるような構造に。

さらに、細胞間脂質の構造は、水、油、水、油という水と油の層がいくつも重なっています。

つまり、角質層は、角質細胞と細胞間脂質の油+水の層、細胞間脂質の中の油+水の層という二重構造になっているということ。

バリア機能は、この二重構造によって高い保湿力がキープできるようになっているのです。

さらに皮膚表面には、汗腺からの分泌物と皮脂腺からの分泌物が混ざり合った皮脂膜があります。

皮脂膜は保湿機能はあまりないそうですが、外からの異物の侵入を防ぐ1番最初のバリア機能の役目をしています。

このように角質層や皮脂膜によるバリア機能は、肌の水分蒸発や乾燥を防いだり、外からの細菌の侵入や刺激から肌を守ったり、紫外線を吸収反射したりして、肌の奥にある真皮へのダメージを防いでくれています。

ちなみに、寒いとバリア機能は衰えます。

肌に栄養を運ぶ毛細血管は、暑いと体温を下げようとして広がり血行を良くし、寒いと体温が下がるのを防ぐために収縮して血行を悪くします。

寒いと毛細血管が収縮するために、肌に栄養が行き渡らなくなってバリア機能が衰えてしまうことに。

肌のバリア機能が衰えると、水分が蒸発して肌の乾燥につながります。

肌はターンオーバー(肌の新陳代謝)により古い肌から新しい肌に入れ替わる

肌は外側にある表皮、内側の真皮があり、表皮と真皮の間には基底層という場所があります。

表皮を構成している表皮細胞は基底層で作られて、皮膚表面にある角質層へ向かってどんどん押し上げられていきます。

表皮細胞は生まれてから14日ほどで角質層のすぐ下にたどり着き、「角質細胞」となります。

「角質細胞」は、次々とやってくる新しい「角質細胞」によってどんどん皮膚表面へと向かって押し上げられていき、10日ほどで角質層最上部まで到達。

角質層上部までたどり着いた角質細胞は、たどり着くまでに養ってきた保湿力が最高の状態に。

最高の保湿力を備えた角質細胞は3~4日バリア機能として働き、その後垢となって剥がれ落ちます。

角質細胞が垢となってはがれ落ちると、それがサインとなって基底層に伝わって新しく表皮細胞が作られます。

皮膚の細胞は、新しく生まれてから垢となって死ぬまでに約4週間。

この肌が新しく生まれ変わるしくみである肌の新陳代謝のことを「ターンオーバー」と言います。

ターンオーバーがスムーズに働いていれば、皮膚表面のお肌はおよそ4週間ほどで古いものから新しいものに生まれ変わっているとうこと。

ちなみに、ターンオーバーがスムーズであるほど、キメが細かいふっくらした美しい肌になります。

肌には、悪い菌から守る「常在菌」が住んでいる

肌の表面には、たくさんの常在菌が住んでいます。

その数は、約1兆個とも。

常在菌たちは、肌から分泌される皮脂や汗を食べて酸を出し、肌を弱酸性に保ちます。

常在菌によってお肌を弱酸性に保っているおかげで、カビや酵母菌、雑菌などから肌を守ってくれています。

肌は食べたものと体の働きで作られる

当たり前のことですが、ついつい忘れがちなとっても重要なこと。

私たちの肌は、食べたものを材料にして体の働きによって作られています。

基礎化粧品が、肌を実際に作っているわけではありません。

肌のために重要なことは、肌の材料となるバランスの良い食事、体の働きをスムーズにするための良質な睡眠、適度な運動とストレスケアです

美容と健康のために飲んでいるサジージュースは、酸っぱ美味しくてずっと続けているお気に入りです。

豊潤サジ

肌の働き以外にも。スキンケアしない方が肌が綺麗?と言わてしまうその他の理由(お手入れのデメリット)

スキンケアしない方が肌が綺麗?と言われてしまうのには、ちゃんと理由があります。

こする・触れる回数が減る

基礎化粧品でお手入れをすれば、必ず肌に触れることになります。

こする、引っ張る、押す、たたく、刷り込むなど基礎化粧品をしっかり顔につけようとすると、ついつい力が入ってしまうもの。

どれだけ優しく触れても触れないことに比べれば、必ず多少なりとも肌に刺激やダメージを与えていることでしょう。

つまり基礎化粧品を使ったお手入れは、多少なりとも肌に負担や刺激を与える作業なのです。

肌に刺激を与えると細胞が損傷し、肌は細胞分裂をスピードアップして修復を図ろうとします。

このときに細胞分裂にエラーが起きると壊れたコラーゲンやエラスチンが作られやすく、シワやたるみの原因に。

コラーゲンやエラスチンは真皮にある肌の弾力を保っているタンパク質。

ちなみに、年をとるにつれて細胞分裂のペースは衰え、コラーゲンやエラスチンを作る繊維芽細胞が減っていきます。

肌負担やダメージを減らすためにも、必要以上に基礎化粧品を塗る・触れることはできるだけ控えるにこしたことありません。

化粧品ベースの水や油は肌に負担になりがち

基礎化粧品のベースである水や油脂。

メリットがある一方で、実はどちらも肌への負担となる側面を持っています。

例えば、化粧水は肌につけることで一時的に潤い感のあるプルプルな肌を演出します。

しかし、化粧水などに入っている「水」は、ずっとお肌を潤し続ける力はなく、逆に肌を乾燥させてしまいます。

なぜなら、水は必ず蒸発するものであり、皮膚の表面を壊してしまうから。

化粧水などをつけた皮膚の上の水が蒸発すると、角質細胞の端がめくれあがったり浮き上がり、中の水分が隙間から蒸発して肌が乾燥するのです。

また、皮膚表面の角質層にある角質細胞の主成分である「ケラチン」は、水分を含みすぎると弱くなってしまうそう。

では、オイルなどの油脂はどうかと言えば、時間が経てば必ず酸化し肌へのダメージに。

また、オイルなどの油脂を塗りすぎると、角質層にある脂溶性の保湿成分である細胞間脂質を溶かしたり、肌の皮脂分泌が抑えられ、肌の中が逆に乾燥してしまうことにもなりかねません。

肌のターンオーバーを乱す

ターンオーバーによって、わたしたちのお肌は日々新しく作られており、生まれ変わっています。

このターンオーバーがしっかり機能することで、私たちのお肌は日々若々しく健康的で美しい肌に保つことができるのです。

お肌のターンオーバーのしくみは、肌表面の古くなった角質細胞が垢として剥がれ落ちることで、それがサインになって表皮奥の基底層で新しい表皮細胞が作られます。

化粧水や乳液など基礎化粧品をつけてベタベタの状態にしていると、肌表面に存在する角質細胞がベッタリしてうまくはがれなくなってしまうように。

角質細胞が剥がれにくくなるということは、新しい細胞を作って!というサインが表皮細胞を作る基底層に送られないということ。

角質細胞がはがれにくくなると角質層はどんどん厚くなって、表皮は新しい細胞が増えていかないために薄くなり、その影響で真皮まで薄くなってしまうことに。

皮膚全体が薄くなると、くすみや小じわの原因になったり、皮膚下の血管や筋肉が透けやすくなって色ムラに。

つまり、基礎化粧品を常に肌にしっかり塗っていることは、新しい肌が生まれにくくなり肌の働きを損ねてしまうことになりかねないのです。

皮膚に何もつけていないと、皮膚の表面の角質細胞は垢となって自然に剥がれ落ちます。

すると、基底層で新しい表皮細胞が作られ、表皮細胞はふっくら厚く良いものができるためにキメも整うように。

ちなみにキメとは、皮膚の表面である角質層に走っている網目状の溝の部分のこと。

健康的な肌は、角質層のキメが深く、表皮と真皮が深くしっかりとかみ合っています。

逆に、キメが浅いと表皮と真皮のかみ合わせが浅く境目が平らに。

表皮と真皮の境の部分は、ちょうど表皮細胞が生まれる基底層にあたります。

基底層が平らだと基底細胞の数が少なくなり、基底層で作られる表皮細胞も少なくなり、すると角質細胞が少なくなります。

表皮細胞や角質細胞の数が少ないと、皮膚は広がれなくなって縮み、細胞がお互いに引っ張り合うようになってキメがなくなってしまうことに・・・。

角質層の状態が良いと、ターンオーバーはスムーズにすすみ表皮細胞が増えて表皮が厚くなります。

表皮が厚くなると真皮でもコラーゲンが作られるようになって、弾力やハリのある肌に。

このようにみると、皮膚表面にある角質層は皮膚全体の調整をしている重要な部分だということが分かりました。

基礎化粧品の配合成分によるリスク 

肌の性質や状態、環境や生活習慣などは人によって様々。

そのため、化粧品の合う合わないというのも当然人によって違います。

また、同じ肌でも体や心の状態によって今まで合ったものが急に合わなくなったりすることも少なくありません。

それだけ肌の状態はコロコロ変わりやすく、合う合わないものも変わりやすいです。

つまり、基礎化粧品をつけることは、配合成分が肌に合わず何かしらの不調が起こるリスクを伴うということ。

基礎化粧品をつけなければ、単純にそのリスクを負う必要がありません。

過酸化脂質は水やぬるま湯で落とせる

皮脂は時間が経つと酸化して過酸化脂質に変化します。

過酸化脂質はDNAや細胞膜を傷つけるもの。

皮膚を刺激し炎症させて肌トラブルを引き起こしたり、繰り返すと組織にまでダメージを与えることに。

ただ、過酸化脂質は水溶性なので水やぬるま湯で落とすことが出来るそう。

ちなみに油分を含むファンデーションなどは水だけでは落ちないので、洗顔料が必要になります。

スキンケアしない方が肌が綺麗?に反論。お手入れは肌にとって良いこともたくさんある(お手入れのメリット)

基礎化粧品のデメリットをたくさん紹介してきましたが、もちろんメリットもたくさんあります。

だからこそ、わたしは基礎化粧品によるお手入れのデメリットを知った今でも、最低限のスキンケアは継続中。

自分にとっては、基礎化粧品は心と肌を満たすために必要なものです。

【基礎化粧品を使うメリット】

・一時的に美肌を演出する

・リフレッシュ、気分を上げる

・使い心地を楽しむ

・ブランドの世界観に浸れる

・綺麗に変身して、自信を作る

・肌へのささやかなフォロー

現代を生きる女性は、肌を含め体の調子はいつも万全かというと、そうではないですよね。

わたしたちはいろんな外からの刺激にさらされています。

紫外線、気温差、ストレス、ほこり、花粉、睡眠不足、栄養不足、運動不足、疲労・・・

このような刺激などによって、体も肌も満足しない状態になることも当然あります。

そんなときには、基礎化粧品がやっぱり活躍。

満足感を与えてくれたり、自信の持てる肌に導いてくれる基礎化粧品の力は美容好きなわたしにとっては大きなもの。

基礎化粧品でのお手入れは単純に気持ちよくリフレッシュにもなったりするので、楽しい時間をもたらしてくれます。

肌に自信が持てるようになった30代アラフォー主婦の最低限スキンケア方法

お金も時間も手間も最低限なお手入れですが、肌にはとっても満足。

最低限のシンプルスキンケアは、とてもコスパが良いです。

普段のお手入れはワセリンと日焼け止めのみ。

バッチリメイクする前だけ、化粧水や美容液を使っています。

基本的に洗顔は水やぬるま湯のみ。

メイクオフ時だけ洗顔料を使います。

ちなみに、メイクは石鹸オフタイプのものを使用。

クレンジング不要で「しないスキンケア」と相性が良いです。

愛用している石鹸オフタイプのメイクコスメはエトヴォス。

エトヴォスは、仕上がりや使用感、使い心地など全体のバランスがとっても良いのが魅力。

品のある質感やナチュラルな発色が大人女子にぴったりなのも、アラフォーなわたしにとっては嬉しいです。

エトヴォスが初めてな人におすすめなのが、お試しセットのパーフェクトキット。

メイクコスメからスキンケアまでエトヴォス内で人気の商品9点セット6,000円相当が初回限定2,420円。(※相当額は容量換算含む)

さらに会員登録&次回から使える500円クーポンまで付いてきます

ちなみに、パーフェクトキットについてくるメイクブラシだけでも2,200円相当。

ブラシ目当てで購入しても、かなりお得感があるトライアルセットです。

わたしも実際に試してみましたが、「これで2,420円は安い」と感じるほんとに豪華なセットでした。

パーフェクトキット

お手入れを最低限にするために30代アラフォーが実践。「しないスキンケア」の簡単な始め方

過剰スキンケアから「基礎化粧品を全くつけない肌断食」や「ワセリンだけのスキンケア」と今までスキンケアをかなりシンプルにしてきました。

実践してわかったことは、「しないスキンケア」を失敗しないためには一気にお手入れをやめてしまわないこと。

今まで基礎化粧品漬けにしていた肌から一気に奪ってしまえば、肌も自分自身もついていけずに挫折してしまいがちです。

使う基礎化粧品の数や使用回数を徐々に減らしたり、週に1回だけ基礎化粧品を使わない肌断食デーを設けるなど、少しづつしないスキンケアを取り入れるのがおすすめ。

より詳しい「しないスキンケア」の始め方については、肌断食やワセリンスキンケアの始め方について記載したこちらの記事でご紹介しています。

《まとめ》スキンケアしない方が肌が綺麗?30代アラフォー主婦はやりすぎをやめたら肌に自信が持てるようになった

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
スポンサーリンク
おすすめの記事