シンプルスキンケア。30代ミニマリストの愛用品と選び方。オーガニックや無添加が好き
スポンサーリンク

美容健康オタクなアラフォー30代ミニマリスト主婦のシンプルスキンケアの方法と使用している化粧品についてご紹介します。

こんにちは!いつまでも若々しい女性を目指すみえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

率直に言って、シンプルスキンケア最高に気に入ってます。

美容費は節約になり、お手入れは時短、なのにお肌は満足。

シンプルスキンケアは、とてもコスパが良い美容法です。

今回は、美容健康オタクなアラフォー30代ミニマリスト主婦の愛用品、シンプルスキンケアの方法、スキンケア化粧品の選び方、実際に得たメリットについてご紹介します。

記事の内容がすぐ分かるもくじ

スポンサーリンク

30代ミニマリストのシンプルスキンケアコスメの数は全部で6点

スキンケアで使用している基礎化粧品の数は全部で6点。

過剰スキンケアをしていた20代前半のころ使用していた基礎化粧品の数は、20点ほど。

シンプルスキンケアを心掛けるようになり、使用する基礎化粧品の数は半分以下になりました。

スポンサーリンク

30代ミニマリスト(無添加・オーガニック好き)のシンプルスキンケア愛用品

オーガニック・無添加化粧品好きな30代アラフォーミニマリスト主婦の愛用基礎化粧品をご紹介します。

[洗顔料]ピュアポタッシュのオーガニックオリーブ洗顔石鹸

洗顔料はピュアポタッシュのオーガニックオリーブ洗顔石鹸を使っています。

ピュアポタッシュオーガニックオリーブ洗顔石鹸

ピュアポタッシュのオーガニックオリーブ洗顔石鹸は、洗いあがりはさっぱりなのに突っ張らず程よくしっとり。

すすぎが早く泡ででくるので、洗顔の時短にもなって使い勝手がとても良いです。

[ポイントメイクオフ]大島椿の椿油

アイメイクなどのポイントメイクオフに使用しているのは、大島椿の椿油。

大島椿椿油2

ティッシュに椿油をたっぷり含ませて優しくふき取り。

リーズナブルなのにするっとオフでき、肌もガサガサしないのでずっと愛用しています。

[日焼け止め]ブルークレールのUVラグジュアリーデイクリームⅡ

日焼け止めは、ブルークレールのラグジュアリーデイクリームII。

ブルークレール日焼け止め

軽い付け心地なのに、肌は程よくしっとり。

まるで乳液をつけているかのように、長時間つけ続けていても皮膜感が気になりません。

白浮きせずメイクの邪魔にならないのも嬉しい。

UVラグジュアリーデイクリームIIに出会ってから、ずっと愛用し続けています。

[ワセリン]サンホワイト

ワセリンは、サンホワイトを使っています。

サンホワイト

使用する量はほんの少しでも、肌はしっかりしっとり。

価格がリーズナブルでコスパが良いところも嬉しいです。

[化粧水]ブルークレールのローズエステリッチローション

徹底的なこだわりと実感を大事にするコンセプトに惹かれ、使い始めたブルークレール。

基礎化粧品はブルークレールがお気に入りです。

ブルークレールローズエステリッチローション

ローズエステリッチローションは、さらっとしたテクスチャー。

つけると肌はさっぱりなのにモチモチしっとり。

べたつかないところがお気に入りです。

化粧水はばっちりメイクなど必要な時だけ使用。

ミニサイズを購入したりもします。

[美容液]ブルークレールのリペアモイストWエッセンス

乾燥しがちな冬など肌をしっかりしっとりモチモチさせたいときには、ブルークレールの美容液「リペアモイストWエッセンス」を使ってます。

ブルークレールリペアモイストWエッセンス

リペアモイストWエッセンスをつけると、あとにのせる化粧水のはだなじみが良い感じになります。

その時々に合わせてミニサイズを購入したりもします。

スポンサーリンク

シンプルスキンケアと相性抜群。30代ミニマリストの愛用石鹸オフメイクコスメ

シンプルスキンケアと相性が良いのが、石鹸で落とせるタイプのメイクコスメ。

クレンジング不要なので、スキンケアのシンプル化にもってこい

さらに2度洗いする必要がないため、肌をこする・触れる回数を減らしやすいです。

わたしが愛用してる石鹸オフタイプのメイクコスメは、エトヴォス 。

仕上がりと使用感のバランスがとても良くて、お気に入りです。

エトヴォスが初めての人におすすめなのが、パーフェクトキット。

メイクコスメからスキンケアまでエトヴォス内で人気の商品9点セット6,000円相当が初回限定2,420円。(※相当額は容量換算含む)

さらに会員登録&次回から使える500円クーポンまで付いてきます

ちなみに、パーフェクトキットについてくるメイクブラシだけでも2,200円相当。

ブラシ目当てで購入しても、かなりお得感があるトライアルセットです。

わたしも実際に試してみましたが、「これで2,420円は安い」と感じるほんとに豪華なセットでした。

パーフェクトキット

「肌に合うか心配」「エトヴォスのコスメを使ってみたい」「1度お試ししてから購入したい」という人には、エトヴォスのパーフェクトキットはかなりおすすめです。

パーフェクトキットの中でも特にイチオシなのがナイトミネラルファンデーションとマットスムースミネラルファンデーション。

ナイトミネラルとマットスムースミネラルファンデーション

この2つの組み合わせは、肌をナチュラルに綺麗に演出する名コンビ。

なのに、石鹸でするんと落とせるので、肌を思いやりたい人にぴったり。

もっと早くから使っておけば良かったと後悔しているほどのお気に入りです。

少なくても満足。30代ミニマリストのシンプルスキンケア化粧品の選び方

肌も心も満足できるような基礎化粧品の選び方をするようにしています。

自分の肌に合うもの

肌や体質は人それぞれ。

そのため、刺激となる化粧成分が人によって異なるのは当然のことです。

基礎化粧品選びで1番大切にしていることは、自分の肌に合うかどうか。

化粧品成分についていろいろ調べていく上で、自分なりの化粧品選びの基準がしっかりしてきました。

【わたしの化粧品選びの基準】

・界面活性剤は極力使用していないもの

・合成ポリマーやシリコン不使用

・パラベン不使用

・人口香料不使用

・ナノ粒子不使用

ちなみに、特定の配合成分を徹底的に排除して選ぼうとするのは、あまりおすすめしません。

基準を厳しくしすぎてしまうと、あれもダメこれもダメとなってしまい、なかなか自分の理想とするものに会えずに疲れてしまいます。

現にわたしはそうでした。

〇〇と▲▲が入ってるものは絶対ダメと、自分の条件にぴったり当てはまる化粧品を必死でネットで探したりしたこともありました。

楽しんでやれるならもちろん良いですが、なかなか自分の理想の化粧品に出会えずストレスになることも。

極論を言ってしまえば、肌にとってもっとも重要なことは、睡眠、食事、運動とストレスケア。

これらに比べれば、基礎化粧品が肌のためにできることはそう大きくありません。

また、肌質や生活環境は人それぞれ。

肌にとって刺激となると言われる成分であっても、別の人だと大丈夫ということも少なくありません。

結局基礎化粧品は、完璧を目指さずほどほどに自分の考え方や好み、肌に合うものを選ぶのが1番だという考えに落ち着きました。

使用感がいいもの

化粧品を選ぶ際に配合成分と同じくらい重要視しているのが使用感。

どれだけ成分にこだわりがあって作られているものであっても、使い心地が悪ければストレスになり使うのが嫌になってしまいます。

例えば、わたしの基礎化粧品の好みは、仕上がりがさっぱりすぎずしっとりすしすぎないもの。

また、付け心地が軽いものじゃないとストレスになってしまいます。

化粧品は、わたしたち女性をキレイに変身させてくれるツールであり、使うことで気分を上げてくれるものであるべき。

使うことで気分が下がるものであるということは、自分に合っていないということ。

つけることがストレスになってしまえば、せっかくの化粧品の効果も半減してしまうはずです。

成分がシンプル

配合成分はできるだけシンプルなものを選ぶように。

成分がシンプルな方が、肌に合う合わないの判断がしやすいです。

自分が好きと思えるもの

化粧品は自分がちゃんと好きと思えるものや良いと思えるものを使うことを大事にしています。

わたしはナチュラルやオーガニックが好きなので、化粧品も無添加化粧品やオーガニックコスメを選ぶように。

ちなみに、オーガニックや無添加化粧品は肌に優しいイメージがありますが、必ずしもそうとは限りません。

オーガニックや無添加化粧品だからという理由だけでは選ばず、事前にしっかり商品をリサーチし良いと思ったものだけ購入するようにしています。

メイクしやすいもの

わたしの基礎化粧品の大きな目的の1つは、ベースメイクの仕上げを良くすること。

基礎化粧品を使うことで、肌にうるうるぷるぷる感を演出することにあります。

つまり、基礎化粧品はわたしにとってベースメイクの1つ。

つけることでメイクの仕上がりが逆に悪くなるようなものは使わないようにしています。

30代ミニマリストが得たシンプルスキンケアのメリット

スキンケアをシンプルにしたことで、肌だけでなくいろんな良いことがありました。

お手入れがラクになった

スキンケアをシンプルにすることで、お手入れがかなりラクになりました。

過剰スキンケアピーク時は、クレンジングと洗顔料で2度洗いし、プレ化粧品、美白化粧水をつけたあとに化粧水でローションパック。

それから美容液を塗って、さらに美白パックして、乳液、クリーム、アイクリームとほんとにこれでもかと塗りたくっていました。

夜は1時間近く、朝でも30分以上はスキンケアのお手入れ。

シンプルスキンケアになった今は、使う基礎化粧品も少しなのでお手入れも簡単。

朝も夜も10分もあれば終わってしまい、ほんとにラクになりました。

自分の肌に自信が持てる

過剰なスキンケアをしていたころよりも、シンプルスキンケアをしている今の方が断然自分の肌の状態が好きになり、自信がつくようになりました。

そもそも肌には、肌自身を美しく健康に保つ働きが備わっています。

肌自身が持っている働きについてはこちらの記事に詳しく書いています。

スキンケアをシンプルにしたことで、肌をこすったりダメージを与える回数が減り肌への負担が減ったからかもしれません。

美容費の節約になった

スキンケアをシンプルにすることで、使用する基礎化粧品が激減しました。

また、使用する基礎化粧品が少ない分、しっかり使い切れるように。

使いきれずに余って捨ててしまうということもなくなり、お金の無駄がなくなりました。

基礎化粧品を使用する数が減ったおかげで、美容費の節約に。

過剰スキンケア時代の年間基礎化粧品代は概算ですが、年153,600円、月12,800円。

20代のスキンケア代

現在の基礎化粧品代は年間67,700円、月5,642円。

(※化粧水と美容液は不定期購入もしくはミニサイズをするため、一番値段の高い美容液本体の値段で計算しています。)

スキンケア予算


シンプルスキンケアにすることで、年間85,900円の節約になりました。

スキンケアのお手入れの満足度があがる

たくさんの基礎化粧品を使用して過剰スキンケアをしていたときは、質よりも量。

とりあえずたくさんの数と時間をかけてやればいいやというようなお手入れでした。

基礎化粧品を選ぶ際にも特に自分のこだわりはあまりなく、人気や流行という理由だけで選ぶことが多かったです。

シンプルスキンケアでは使う基礎化粧品の数が少ない分、1つの化粧品に対して徹底的にこだわるように。

どれも自分の肌や美容スタイルに合ったお気に入りの基礎化粧品だけを使用してお手入れしています。

質を重視することで、数が少なくても満足できるスキンケアができるようになりました。

化粧品の収納に困らなくなる

シンプルスキンケアでは、使用する基礎化粧品はほんとに少し。

そのため、収納場所や整理整頓に困らなくなりました。

また、数が少ない分、探したり綺麗に管理するのもラクになって嬉しいです。

時間にゆとりができる

過剰スキンケアをしていたころは、朝は30分以上、夜は1時間かけて肌のお手入れをしていました。

シンプルスキンケアになってからは、お手入れの時間が激減。

朝は5分、夜はメイクオフする日でも10分もあればお手入れが完了してしまいます。

朝はせかせか準備する必要がなくなり、夜はお手入れにかけてた時間が減った分家族とのんびり過ごしたり、自分の時間を多く持てるようになりました。

また、基礎化粧品のために割いていた時間も大幅減。

自分に合ったお気に入りの基礎化粧品を使い始めたことで、ほかの商品に浮気することがなくなりました。

そのため、基礎化粧品をリサーチしたり買い物する時間もかなり減少。

シンプルスキンケアのおかげで、時間にゆとりができました。

肌断食よりもストレスがない

一時期、美肌のためにと基礎化粧品を全く使わない肌断食を1年間ほどやったことがありました。

それなりの肌への効果もありメリットもたくさんあり、肌断食ってこんなに良いものなんだなとビックリ。

ただ、完全肌断食には、決して小さくないデメリットがあったのも事実です。

そのため、わたしは完全肌断食を1年で断念することに。

完全肌断食を経験した後は、ゆるく肌断食を取り入れたシンプルスキンケアに移行。

私にとっては、程よく肌断食のメリットを得られデメリットをしっかりカバーするシンプルスキンケアが1番合っていました。

ラクしてキレイに。30代ミニマリストのシンプルスキンケア方法

できるだけ無駄なお手入れはせずラクに効率の良いスキンケアを目指しています。

洗顔料はメイクオフのときだけ

洗顔は基本的に水やぬるま湯のみ。

通常の肌の汚れや過酸化脂質(皮脂が酸化したもので、肌ダメージとなる)は水溶性のため、水だけで落とせるそう。

そのため、洗顔料を使うのは、メイクオフの時だけにしています。

ポイントメイクオフはオイルを使う

普段のポイントメイクオフには、椿油を使用しています。

落としにくいポイントメイクは、洗顔料だけだと落ちにくくどうしてもゴシゴシこすってしまいがち。

ゴシゴシこすって肌にダメージを与えないためにも、石鹸でオフする前にあらかじめ椿油をティッシュに含ませて優しくポイントメイクをオフしています。

ノーメイクや普段メイク時のスキンケアは究極シンプル

ノーメイクや普段メイクのときの洗顔後のスキンケアは、ワセリンと日焼け止めのみ。

わたしが化粧水や美容液を使う目的は、肌に潤い感を演出して若々しく見せるため。

そもそも基礎化粧品は「薬で」はなく、あくまで「化粧品」のため大きな効果は望めません。

ノーメイクや普段メイク時はできるだけ肌に負担をかけないことを最優先としています。

このような理由から、肌をこする・触れる回数を減らすためにスキンケアは必要最低限にしています。

バッチリメイク前にはお気に入り基礎化粧品でしっかり潤いを与える

今日はメイクを楽しむぞ!とバッチリメイクをする際には、化粧水と美容液で肌をプルプルした潤い感を演出するようにしています。

プルプルなみずみずしさを演出するだけでも、肌が若々しく見えるから不思議。

メイクのりも仕上がりもばっちりになり、メイクをするのがとても楽しいです。

日焼け止めはしっかり塗る

肌のためには、紫外線対策は必須。

美容健康オタクでもあるわたしは、基礎化粧品を使ったお手入れの中で最も重要視しています。

日焼け止めは、自分の肌に合ったこだわりのものを厳選し、ほぼ毎日塗るようにしています。

極力触れる回数を減らす

肌に触れることは、多少なりとも肌への負担やダメージに。

できるだけ肌負担をかけないためにも、お肌のお手入れは優しく、そして触れる回数を減らすようにお手入れは必要最低限にしています。

30代ミニマリスト実践。シンプルスキンケアの始め方

過剰スキンケアからシンプルスキンケアに移行するために、実際にやってみて効果的だったことをご紹介します。

肌の仕組みと化粧品の本当の正体・役割を知る

肌にはもともと基礎化粧品によるお手入れをしなくても健康と美しさを維持できるようなシステムが備わっています。

基礎化粧品を肌につけることのメリットももちろんありますが、実はデメリットもたくさん。

また、肌のために基礎化粧品ができることはあくまで「サポート」程度であり、大きな効果はありません。

このことを知っておくだけでも、自然とスキンケアをシンプルにしようと思えるので効果的です。

肌の仕組みやスキンケア化粧品の役割や効果については、こちらの記事に詳しく書いています。

基礎化粧品をつける回数を減らす

スキンケアをすればするほど、肌に触れる・こする回数が増えて肌にダメージを与えます。

肌にダメージを与えないためにも、基礎化粧品をつける回数や量を減らしてみるように。

基礎化粧品をつける回数や量を減らしても肌は大丈夫だなと実感することで、徐々にお手入れや基礎化粧品を減らすことに抵抗をなくしていきました。

複数ある基礎化粧品ジャンルの数を1点にする

基礎化粧品の使用回数や量を減らしたら、次は基礎化粧品のアイテムの数を徐々に減らしていくように。

まずは、ジャンルが重複している基礎化粧品を減らしていきました。

3種類使用していた化粧水や洗顔料、乳液やクリーム、パックは1つに厳選。

1つのジャンルにつき1点に絞っていきました。

基礎化粧品をさらに厳選する

化粧品の効果は大きくないこと、そして化粧品の役割は限られていることを知ってから、わたしが基礎化粧品に求める役割は、「洗顔・日焼け止め・保護・メイクの仕上がりの満足度アップ」のこの4つになりました。

自分が求める基礎化粧品の役割を絞ったら、今もっている基礎化粧品の役割が重複していないかチェック。

パックやアイクリームをやめるなど、改めて自分の基礎化粧品を見直しました。

基礎化粧品選びにこだわりをもつ

基礎化粧品の数をさらに絞るために、基礎化粧品を選ぶ上での自分なりのこだわりを持つようにしました。

こだわって選んだ基礎化粧品を使うとお手入れの満足度がアップ。

新しい商品を見ても欲しいと思わなくなったり、他の化粧品を使いたいと感じなくなりました。

また、基礎化粧品を選ぶ自分軸がしっかりできると、流行や人気、そして世間の常識に振り回されにくくなるように。

こだわりの基礎化粧品を使うことは、無駄に基礎化粧品を買わないためにもとても効果的でした。

インナーケアはしっかりする

当たり前のことですが、お肌は、良質な睡眠、栄養バランスのとれた食事、適度な運動によって体の中で作られるもの。

基礎化粧品によるお手入れで作られるものではありません。

肌の状態はスキンケアよりもインナーケアによる影響の方が大きいのは明らか。

過剰スキンケアからシンプルスキンケアに移行するためには、シンプルスキンケアにしても肌の調子が変わらないということを実感することが大切です。

過剰なスキンケアからシンプルスキンケアにしたらなんだか肌の調子が悪くなったなと感じてしまえば、やっぱり過剰なスキンケアに戻ってしまいたくなります。

わたしの場合も、過剰なスキンケアからシンプルスキンケアに移行する際には、インナーケアをしっかりすることを心掛けていました。

美容と健康のために飲んでいるサジージュースは、酸っぱ美味しくてずっと続けているお気に入りです。

豊潤サジ

30代ミニマリストのシンプルボディケア愛用品

ボディケア用品は、パックスナチュロンのボディソープと椿油のみ。

パックスナチュロンボディソープ

シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった! [ 宇津木 龍一 ]を読んでから、ボディソープの必要性をあまり感じなくなり、かなり汗をかいたなとか汚れたなという時だけ使っています。

普段はお湯だけで体を洗うようにしています。

ちなみに、パックスナチュロンのボディソープは、シャンプーとして髪を洗うのにも使用。

椿油は、ちょっとカサカサするなというところにボディオイルとして使ってます。

30代ミニマリストのシンプルヘアケア愛用品

ヘアケア用品もかなりシンプル。

洗髪には、パックスナチュロンのボディソープ(シャンプー代わり)とリンス。

パックスナチュロンリンス

ちなみに、シャンプーで髪を洗うのも2~3日に1回程度。

洗いすぎないように気をつけています。

以前シャンプー断ちをして湯シャンに挑戦したこともありましたが、挫折してしまいました。

アウトバストリートメントには、大島椿の椿油を使っています。

椿油は、クレンジング、ボディケア、さらにアウトバストリートメントといろいろ使えてほんとに便利です。

最近髪によりツヤ感を出したいなと思っていて、ジョンマスターオーガニックのトリートメントとワックスが気になってます。

《まとめ》30代ミニマリストのシンプルスキンケアは簡単でラクなのに肌は満足。選び方は無添加・オーガニックなど好きを優先。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
スポンサーリンク
おすすめの記事