美容費の節約術。お金をかけずにきれいになるコツ
スポンサーリンク

30代美容健康オタク主婦のお金をかけずにきれいなる美容費の節約術についてご紹介します。

こんにちは!見た目年齢マイナス10歳を目指すミニマリスト主婦みえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

お金をたくさん貯めたい、でも若くきれいに見られるために美容には手を抜きたくない

そんな自分のワガママな願望を叶えるために、30代美容健康オタクなミニマリスト主婦みえりんごがお金をかけずにやっている美容費の節約術についてご紹介します。

美容費の節約術のおかげで、ピーク時に比べて年間約98,000円(スキンケア75,000円、メイクコスメ3,000円、その他健康食品など20,000円)の美容費を削減できるようになりました。

記事の内容がすぐ分かるもくじ

スポンサーリンク

基礎(スキンケア)化粧品で美容費を節約

基礎(スキンケア)化粧品で美容費を節約する方法です。

基礎(スキンケア)化粧品の効果を知る

スキンケア

基礎(スキンケア)化粧品の効果は「穏やかなもの」であることが薬事法によって定められています。

つまり、基礎(スキンケア)化粧品にやれることは限られていて大きな効果はないということ。

基礎(スキンケア)化粧品は肌を美しく「見せる」効果はあっても、美しく「する」力は微々たるもの。

基礎化粧品を使うことで、逆に肌への刺激やダメージとなることの方が多いです。

また、肌にはもともと肌自らを健康的に美しく保つ「美肌力」ともいえる機能をもっています。

つまり、基礎化粧品による肌負担を極力減らし、お肌の「美肌力」を最大限に引き出すことが美肌のためには効果的なのです。

基礎(スキンケア)化粧品が実際にできることや肌自身がもっている「美肌力」について知るだけでも、過剰スキンケアからシンプルスキンケアに自然と変わっていきます。

スキンケアがシンプルになれば使う基礎化粧品の数もグッと減らすことが出来、自然と美容費の節約をすることができます。

こちらの記事に、基礎(スキンケア)化粧品の本当の役割や効果、肌自身がもっている「美肌力」、過剰スキンケアからシンプルスキンケアに至るまでのわたしの道のりについて詳しく書いています。

肌負担を減らすためのシンプルスキンケアを気軽に試してみたいという方には、キョウキオラトライアルセットがおすすめ。

キョウキオラトライアルセットについてくる、キョウキオラ化粧水と皮膚専門家開発したワセリンのドライスキンケアクリームは、配合成分が究極にシンプル。

肌トラブルを起こしやすい人は、基礎化粧品に配合されている様々な成分が刺激や負担となっている可能性大。

配合成分がシンプルなスキンケア化粧品を使うことで、肌刺激やトラブルの可能性を減らし肌負担を軽減しやすくなります。

また、肌負担が軽くなると、肌自身がもっている健康的な美肌を作り維持する働きが促されます。

キョウキオラトライアルセットは、キョウキオラ化粧水1本の値段でドライスキンケアクリームと化粧ポーチがついてきて得です。

肌断食をやってみる

肌断食とは、基礎(スキンケア)化粧品を何にもつけないことで、本来もっている肌自身が美しく健康に保つ働きを最大限に引き出そうという美容法。

基礎(スキンケア)化粧品にかけるお金もお手入れするための時間もいらない、とっても簡単な美容法です。

メイク大好きなわたしには肌断食は合わなくてやめてしまい、シンプルスキンケアに移行しました。

ただ、普段メイクをほとんどしない方には肌断食すごくおすすめです。

ちなみに、肌断食やシンプルスキンケアの参考におすすめなのがこの2冊。

今まで美肌のために当たり前にやっていたことが、実は肌を傷めつけていたんだということをこれらの本によって知り衝撃を受けました。

読むと、すぐにでも過剰スキンケアをやめたくなります。

日焼け止め中心のシンプルスキンケアにする

肌老化の原因の8割といわれるほど、老化力が高いのが紫外線。

効果が微々たる美容液やクリームを塗りたくるよりも、しっかり紫外線対策をした方が美肌効果は高いです。

効果的に美肌になるためにも、わたしのスキンケアは日焼け止めを重視。

それ以外のスキンケアはとてもシンプルなものとなっています。

わたしが使用している日焼け止めは国産オーガニック化粧品ブルークレールの日焼け止め、UVラグジュアリーデイクリームⅡ。

ブルークレール日焼け止め

天然の界面活性剤レシチンで乳化、酸化しにくいホホバ種子油がベース、光毒性のある成分やナノ粒子不使用、石鹸でオフできる、白浮きしない、軽い付け心地で皮膜感なしとほんとに文句のつけどころがほとんどない優秀日焼け止め。

もう5本以上はリピートしています。

UVラグジュアリーデイクリームⅡの初めてのお試しには、ブルークレールの国産オーガニック化粧品のトライアルセットがおすすめ。

ブルークレールの国産オーガニック化粧品のトライアルセットは通常10,900円相当の商品ラインナップ10点が85%割引の1,580円で試せてかなりお得です。

わたしも、UVラグジュアリーデイクリームⅡの最初のお試しには、ブルークレールの国産オーガニック化粧品のトライアルセットを購入しました。

保湿剤はワセリンを使用する

サンホワイト

たくさんのシンプルスキンケアについて書かれている本におすすめされているの保湿剤であるワセリン

ワセリンは肌負担が少なく、安全性も高い。なのに価格はかなりリーズナブル。

普段のメイク前の下地に塗っている保湿剤は、ワセリンのサンホワイトを使っています。

石鹸洗顔はメイクオフのときだけ

石鹸は肌に優しいというイメージがありますが、実は肌のバリア機能を壊す界面活性剤のかたまり。

ただ、純石鹸なら合成界面活性剤に比べて、肌に残らず細胞を傷つけたり刺激になる細胞毒性が少ないという特徴があります。

どちらにせよ石鹸は少なからず肌にとって負担になるものなので、極力使わないようにしています。

石鹸を使うのは、石鹸で落とせるメイクコスメだけを使ったナチュラルメイクをオフするときだけ使用しています。

基本的に洗顔は、ぬるま湯や水で洗うだけ。

石鹸を極力使わないことは、美容費の節約にも肌の負担の軽減にも効果的です。

わたしが愛用している洗顔料はピュアポタッシュ。

ピュアポタッシュは、究極に不純物のない世界最高水準の高度な無添加を目指して開発された高度無添加カリ石鹸。

すすぎが早いので洗顔がラクなのに、洗った後も肌がつっぱらずモチモチな肌触りでお気に入りです。

椿油を使いこなす

大島椿の椿油

昔はボディオイル、ポイントメイクオフ、クレンジング、アウトバストリートメントは、それぞれ違うものを使っていました。

今はこれら4つとも大島椿の椿油1本で済ませています。

椿油はお値段もお手頃だし、純粋な椿油100%で安心、いろんな用途にマルチに使えるので重宝しています。

スポンサーリンク

メイクコスメで美容費を節約

メイクコスメで美容費を節約する方法です。

必要最低限の数まで減らす

化粧ポーチ

メイク化粧品は、お気に入りのものだけに数を厳選し必要最低限のものしかもたないようにしています。

数は少なくてもお気に入りメイク化粧品ばかりなので、ほかのメイク化粧品に浮気心が芽生えず、無駄な買い物をしなくなりました。

ピーク時には約20点のメイクコスメを使っていましたが、今では6割くらいにまで減らすことができました。

わたしが実際に化粧品の数を減らすためにやった方法についてはこちらの記事に詳しく書いています。

選ぶ際のマイルールをつくる

本当に自分の好きなもの、自分に合ったもの、自分に似合うものなどを知り、こだわりをもってメイクコスメを選ぶようにしています。

いつもお気に入りのメイクコスメを使うので気分が良い。

また、いつも同じものを使っているので、自然とそのメイクコスメの使い方も上達。

メイクの仕上がりにも満足できることが多くなりました。

メイクコスメを選ぶ際のマイルールをしっかり作っておくことで、人気や流行りに踊らされなくなり衝動買いや買い物の失敗がグンと減りました。

クレンジング不要なメイクコスメを選ぶ

石鹸だけで落とせるものを選ぶとクレンジングを使う必要がないので、その分節約になります。

クレンジングは肌のバリア機能を壊す合成界面活性剤がたっぷり入っていることがほとんどなので、クレンジングを使わないことは美肌力も高めることにも。

私は、基本的にメイクコスメはエトヴォスやトゥヴェールなど石鹸で落とせるものだけを買うようにしています。

特にエトヴォスは、肌への負担を考慮した配合成分でありながら、使い心地やメイクの仕上がりも文句なしに良くてお気に入り。

エトヴォスが初めての方には、ファンデーション、スキンケア、ヘアケアアイテムのセット9点5,500円相当が、なんと3,520円OFFの1,980円(税込)で試せるお得なスターターキットがおすすめです。

ネイルはセルフを楽しむ

今は子供が小さいので、ネイルはほとんどしません。

するときは胡粉ネイルのトップコートを塗るくらい。

爪にツヤがあるだけで手をかけてる感がぐっと出ます。

不要な化粧品は売ってみる

不要になった化粧品の処分には、売ってみるのもおすすめです。

多少なりともお小遣い稼ぎができるので美容費の足しになります。

多少手間はかかってもできるだけ高く売りたいならフリマアプリのメルカリがおすすめ。

実際にわたしも利用していますが、フリマアプリ「メルカリ」での取引は思った以上に簡単でびっくり。

今まで10点以上出品しましたが、数日であっと言う間に売れました。

手間や時間かけずにラクに売るなら宅配買取がおすすめです。

化粧品買取リサイクルネットなら、プチプラコスメや使いかけの化粧品でも基本的に買取OKなので気軽に利用できます。

スポンサーリンク

ヘアケアで美容費を節約

ヘアケアで美容費を節約する方法です。

シャンプーを使う回数を減らす

パックスナチュロンシャンプー

シャンプーには、頭皮や髪にとってダメージとなる成分がたっぷり含まれています。

美容健康のために、極力シャンプーを使わないように。

シャンプーを使う量を減らすことで、髪が健康になるうえに美容費の節約にもなります。

ちなみに、わたしはパックスナチュロンのボディソープをシャンプーとして使っています。

ボディソープとシャンプーが1本で済むので、ミニマリスト主婦でもあるわたしにとっては嬉しいです。

湯シャンをやってみるのもおすすめ

髪の量が多くロングヘアということもあって、わたしは継続を断念してしまった湯シャン(シャンプーを使わずにお湯だけで髪を洗うこと)。

髪の量が少なかったり短い人は、湯シャンをやってみるのもおすすめです。

頭皮や髪の健康にも良いし、シャンプー代にかけるお金も削減できます。

湯シャンの参考になるのが、こちらの本。

シャンプーが頭皮や体に与える影響や湯シャンを継続させる秘訣がたっぷり書かれています。

トリートメントや整髪料は椿油を使用

基本的にトリートメントや整髪料は使っていません。

整髪料を使うと、石鹸シャンプーではしっかりオフすることが難しいです。

アウトバストリートメントやヘアアイロンを使う前の整髪料としては、椿油を使用しています。

ヘアケアやヘアアレンジに力を入れる

髪は見た目の8割と言われるほど、外見要素の重要ポイント。

そのため、メイクやスキンケア、ファッションよりも「髪」の部分を一番重視しています。 

ヘアケアをしっかりしたり、アレンジなど髪に手をかけると、それだけで見た目のキレイ度や若返り感はぐっとアップします。

ヘアケアやアレンジに力を入れることで、メイクやスキンケアなど必要以上に頼りすぎなくなり、結果美容費全体としては節約につながりました。

ヘアアレンジや髪を巻いたりすることについては、スキルさえ身につければほぼお金がかからないのも嬉しいです。

美容院はクーポンを使う

美容院は、ホットペッパービューティーなどお得なクーポンを使えるところを選んで行くようにしてます。

私の行きつけの美容院は最近ホットペッパービューティーでの掲載をやめてしまい、クーポンが使用できなくなってしまいました・・・。

特にこだわりのない人は、いろんなところを転々と新規クーポンでお得に利用するのもありですね。

ホットペッパービューティーでは、利用代金の2%のPontaポイントがもらえます。

楽天サービス愛用者なら、楽天ポイントが貯まる・使える楽天ビューティもおすすめ。

楽天ビューティでは、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントがもらえます。(還元率1%)。

アプリからのネット予約で獲得できる楽天スーパーポイントが2倍に、口コミ投稿で50ポイントがもらえます。

楽天DEAL対象店舗の場合なら、利用料金の15%以上のポイント還元ありとかなりお得

また、楽天ビューティーで3,000円(税込)以上の ネット予約&施術完了で楽天市場でのお買い物がポイント+1倍に。

楽天市場では、通常のポイント還元率は1%。

ただし、楽天市場には楽天ビューティーをはじめとする楽天サービスを使うほどポイントが最大16倍までアップするSPU(スーパーポイントアッププログラム)があります。

定期的にポイント還元率が最大40倍以上にもなる楽天マラソンや楽天スーパーセールなども開催。

ラクに節約するなら、楽天市場でのお買い物が断然おすすめです。

楽天市場でのポイント還元率をアップさせる方法についてはこちらの記事に詳しく書いています。

楽天スーパーポイントは、使う選択肢がほんとにたくさんあるので消費方法に悩むことが全くありません。

おすすめは、ポイントを使って投資信託が購入できるポイント投資。

ポイントさえあれば資金0円でも投資が始められます。

前髪は自分で切る

3~4ヶ月に1回しか美容院にはいかないのでか前髪は、基本的にセルフカットです。

ネットで調べたり美容院の人に聞いたりしてうまく切れるように努力してます。

ボディケアで美容費の節約

ボディケアでの美容費の節約方法です。

ボディーソープは基本的に使わない

体を洗うときは、基本的にボディソープは使わずにお湯だけで体を洗っています。

ふつうに生活している分には、せっけんで洗わなければいけないほどの汚れなど、からだにはつきません。せっけんを使う意味も、必要もないのです。(P140)
シャンプーをやめると、髪が増える[宇津木龍一]

ボディソープや石鹸には、肌のバリア機能を壊して乾燥させたりダメージを与える界面活性剤がたっぷり含まれています。

ボディーソープ代というお金の面だけでなく、体をボディソープで洗う時間や手間も節約になりました。

保湿剤は基本塗らない

お湯だけで洗うことで肌が乾燥しにくくなって、ボディミルクなどの保湿剤は真冬の乾燥が激しいとき以外は不要になりました。

美容費全般の節約

美容費全般での節約方法です。

キャッシュレス払いをする

キャッシュレス払いが豊富な今の時代、現金払いをするだけで損をします。

つまり、化粧品などの買い物の支払い方法を、現金からポイントなどの還元があるキャッシュレス払いにするだけで簡単に節約することができます。

ラクにお金を貯めたい節約主婦であるわたしのおすすめのクレジットカードは楽天カードリクルートカード

楽天カードはもう10年以上愛用しているクレジットカード。

通常のお買い物の還元率は1%ですが、楽天市場での利用では常時3%。

また楽天証券での投資信託の購入でも、購入金額の1%のポイントがもらえます

投資信託は、リスクを小さくしながらもある程度の大きなリターンが見込めるため投資初心者におすすめの金融商品です。

また、楽天カードは、スマホ決済楽天ペイとの併用で還元率が1.5%に。

楽天ペイが使えるお店はたくさんあるので、使い勝手も良いです。

楽天カードはほんとにメリットがたくさんありすぎなのでもう手放せません。

リクルートカードは、ポイント還元率1.2%。

楽天カードを上回る還元率で、クレジットカードの中でもトップクラスです。

リクルートカードとnanacoの併用で、税金や公共料金などがお得に支払えるので重宝しています。

リクルートカードで貯まるポイントはリクルートポイントで、リアルタイムでPontaポイントと交換可能。

楽天スーパーポイントに比べるとポイントの使い勝手は劣りますが、使い道は決して少なくありません。

例えば、年間12万円の美容費の支払いを現金払いからリクルートカード払いにするだけで、1,200円分のポイントがもらえます。

我慢も努力もせず、ただ現金払いからクレジットカード払いにするだけで1,200円得をすると思えば、やらない手はありません。

美容に優先順位やメリハリをつける

自分が一番お金をかけたいところはどこなのかをしっかり考え、美容費におけるお金の使い方にメリハリをつけるようにしています。

私の場合、メイクコスメは肌負担を減らすためにも良いものを使いたいので、こだわりお金もかけています。

逆にスキンケアでは、一番重要視している日焼け止め以外はできる限りお金をかけないように心がけています。

何でも使い切ることを心がける

メイクコスメや基礎(スキンケア)化粧品、健康食品には賞味期限や使用期限があります。

購入したものはすべて期限以内に使い切ることを意識することで、無駄に数を増やしすぎない抑止力となっています。

美容費の予算をたてる

メイクコスメや基礎(スキンケア)化粧品など美容費に年間、もしくは毎月どれだけのお金が使えるのか?

しっかり予算を立てないことには、目標も定まらず効果的な節約もできません。

わたしの美容費の予算はこんな感じです。(概算)

・基礎(スキンケア)化粧品代:44,500円[年間]、月3,800円[月]

・メイク化粧品代:47,200円[年間]、4,000円[月]

・健康食品代:30,000円[年間]、2,500円[月]

美容費全体で年間121,700円、月で10,300円となっています。

ヘアケアは、日用品費から出しているので予算はとっていません。

しっかり睡眠をとる

何が何でも美容健康の基本は、やっぱり睡眠。

睡眠中には、肌や体を修復して若返らせる成長ホルモンが分泌されます

睡眠は老化を防ぐためには欠かせないもの。

睡眠時間は、短すぎても長すぎてもダメで7時間程度が望ましいと言われています。

普段の食事できれいになることを心掛ける

美容健康に必要な栄養素は普段の食事から摂るようにし、健康食品に頼りすぎないようにしてます。

※私のいう健康食品は、普通のスーパーで買えない美容や健康のために摂ることだけを目的にネットで購入している食品のことを指しています。

昔は綺麗になることに必死で健康食品も毎日何種類も摂っていたこともありました。

青汁(1600円×年3回購入)、酵素ドリンク(?)、コラーゲンパウダー(1,500×年3回)、ベリーパウダー(3,500円×年3回購入)、アロエジュース(?)などなど。

金額は購入頻度を覚えていないものもいくつかありますが、これらの健康食品をやめることで最低でも年20,000円くらいは節約になっています。

健康食品に凝っていたときは、大きな効果を得ていたというよりも、わたしはこんなにたくさんの良質な健康食品をたくさん摂っているんだという自己満足だけだったなと今になって実感・・・。

今は、節約のためにも、まず普段の食事から栄養を摂ることを最優先。

購入する健康食品の数もみるみると減り、今ネットで健康のために購入しているものは、オメガニュートリジョンの亜麻仁油とフィネスのサジージュースのたった2つになりました。

食べ物の栄養についての本を読むのも好きで、健康や美容にいい食べ物についての知識を常日頃得るようにしています。

ストレスをためない

心と体はつながっています。

どんなに健康や美容に良いと言われる 食べ物を食べたり 、運動をしたり、睡眠をしっかりとっていて体を健康的にしようとしていても、ストレスが体にたくさん溜まって心が不健康であれば、それらの効果は存分に発揮できません。

また、ストレスがたまりイライラすると交感神経が高まり、血流が悪くなって体の不調として現れることに。

【ストレスをためないために心がけていること】

・よく笑う(免疫力が高まって自律神経のバランスが整う)

・頭と心を整理するために、家族や友達などに話をする

・リラックスできる家族との時間を大切にする

・旅行やスイーツなど頑張れるご褒美を作る

・散歩などお金をかけずにいつでも気分転換できるような趣味をもつ

手軽にできる運動をする

節約したいわたしはジムなど運動にはお金をかけません。

気軽にできるストレッチやウォーキングをしてこまめに体を動かすように心がけています。

が、実際のところ最近はあまり運動ができていません・・・。

スイーツやパンは手作りする

スイーツやパンは美容の大敵である砂糖や添加物が盛りだくさん。

出来るだけ食べないのが望ましいですが、スイーツ大好きなわたしはなかなか止めることはできません。

ならば少しでも体に良いものをと、手作りのスイーツやパンを食べることを心がけています。

手作りすることで、砂糖の量を自分で調整することができ、また添加物を大量に摂取することを防げます。

手作りの味に慣れると、あんなに大好きでほぼ毎日食べていたコンビニやスーパーに売っているスイーツが甘すぎて苦手になりました。

手作りは材料費は高いですが、たくさん食べなくても満足できるのでトータルで見れば節約になっています。

最近はホームベーカリーで作ったパンに、手作りのカスタードクリームをつけて食べるのが気に入っています。

湯船につかる

お風呂に入ると血行が促進されて、シャワーだけで済ました場合と比べるとお肌のプリプリ感やハリ感などが全然違います。

リラックス効果もバッチリで、疲れがしっかり取れるのでストレス解消法の1つにもなっています。

美容費以外にも。ラクにお金を貯めるためのおすすめの節約術

ラクにお金を貯めることをモットーとしている節約主婦みえりんごがやっている節約術についての記事をまとめました。

ラクに節約したいなら「投資」がおすすめ

節約意識をアップさせお金を貯まりやすくしたいなら、「投資」をやってみるのがおすすめです。

わたしの場合、お金に苦しんでいたときに勇気を持って投資を始めたことで、お金が貯まりやすいサイクルを作ることができました。

節約したい人ほど投資を始めた方がいい理由については、こちらの記事に詳しく書いています。

節約主婦のわたしが実際に運用している投資信託の成績は、毎月当ブログでご紹介しています。

《まとめ》美容費を節約しても、キレイになるための方法はたくさんある

今回の記事のまとめです。

この記事で1番伝えたいこと
お金をかけなくても、普段の生活を美容や健康に良い習慣を取り入れればキレイになれる。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アイキャッチ画像:白いねこねこさんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク
おすすめの記事