節約にポイ活は必須。ラクにポイントをしっかり稼ぐ方法

ラクにお金を貯めるなら、ポイ活はもはや必須条件です。

こんにちは!ラクにお金を貯めたい節約系ミニマリスト主婦みえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

ラクにお金を増やすためには、ポイ活(ポイントを貯める・使うこと)は必須です。

ただし、なんでもかんでもポイントを貯めて使うことに時間や労力を使っていては、ストレスや負担が大きくなりラクにお金を増やすこととはかけ離れてしまうことに。

ラクにお金を増やすためのポイ活は、いかに効率よくラクにポイントを貯めるか、そして使うかということがとても大切です。

今回はラクにお金を貯めたい節約系ミニマリスト主婦のわたしが、実際にポイ活しているポイントとその貯め方・使い方についてご紹介します。

記事の内容がすぐ分かるもくじ

ラクにお金を増やしたい節約主婦のポイ活の基本

ラクにお金を増やしたい、無駄なことに時間をかけたくない節約系ミニマリスト主婦のポイ活の基本は3つです。

効率よく大量ポイントを稼ぐ

ラクに節約したいわたしのポイ活の基本は、効率良く大量のポイントを稼ぐこと

ポイントをゲットするための作業量に対して、獲得できるポイントが割に合っているものだけを厳選してポイ活するようにしています

わたしの場合、毎日家事や育児、仕事に追われて時間も余裕も多くありません。

ムリなくポイ活を続けるためにも、ポイ活の負担をかけすぎないようにしています。

使いやすいポイントだけを貯める

ポイントは貯めやすいことも大事ですが、使いやすいことも同じくらい重要視

せっかく貯めたポイントであっても、使い道がなく何に使おうか悩む労力や時間をかけて自分の負担になっていては意味がありません。

ラクに節約するためのポイ活では、使い道に困らないポイントだけを貯めるようにしています。

貯めたポイントは増やす

貯めたポイントは、ポイ活の効率性をさらに大きくするために、ポイント投資(ポイントを使って投資信託などのの金融商品を購入すること)で増やすしくみを作るようにしています。

ポイントを増やすしくみを作ることで、例えば1クリックで貯めた1ポイントが3ポイントにも10ポイントにも増える可能性を作ることができます。

このようにポイント投資は、ポイ活のアクションに対して得られるポイント数をさらに大きくさせることができ、ポイ活の効率度がアップしていきます。

節約主婦がポイ活で貯めたポイント数

わたしが貯めているポイントは、メインが楽天スーパーポイント、あとはサブとしてTポイント、Pontaポイント、PayPayボーナス。(PayPayボーナスは正確に言うと電子マネー。)

それぞれ1ポイント=1円として使うことができます。

楽天スーパーポイントは約10年ほど貯めていて、本格的にポイ活し始めたのが2019年くらいから。

楽天スーパーポイントだけでもこれまでで約40万円分のポイントを獲得しています。

年度獲得ポイント数
2009年1,671
2010年7,955
2011年24,359
2012年25,973
2013年21,881
2014年40,080
2015年11,896
2016年18,648
2017年31,931
2018年33,778
2019年48,724
2020年130,127
合計397,024

2020年は1年で130,127円分の楽天スーパーポイントをゲットしており、平均して毎月10,000円分以上獲得できているということになります。

2020年のポイ活で貯まったポイントをまとめてみました。

2020年獲得ポイント数
楽天スーパーポイント130,127
Tポイント7,500
Pontaポイント3,188
PayPayボーナス2,275
合計143,090

2020年は、合計143,090円分、毎月11,924円分ポイントで得しているということに。

サブ的にポイ活をしているTポイント、Pontaポイント、PayPayボーナスだけでも合わせて年間10,000円分以上のポイントを貯めることができています。

キャッシュレス払いや隙間時間でのポイ活など、ほぼ負担なしでラクにこれだけのポイントが稼げて満足。

ラクにお金を貯めるなら、ほんとポイ活は必須だということをしみじみ実感します。

節約主婦のポイ活①楽天スーパーポイントの貯め方

わたしのポイ活のメインである、楽天スーパーポイント。

効率良く大量ゲットしたり、自動的にポイントが貯まるしくみを利用しています。

楽天カードを使う

お買い物は、ほとんど楽天カードで支払うようにしています。

楽天カードの還元率は1%。

現金払いをやめて楽天カードで支払うだけで1%分のポイントがもらえるため、手間も時間もかかることなくポイントを貯めることができます。

また、楽天市場で楽天カードを利用するとポイント還元率は3%にアップ。(通常1%)

さらに、楽天カード利用分の引き落とし口座を楽天銀行に設定するだけで、毎月最大9ポイント(ハッピープログラムエントリーが必要)獲得でき、楽天市場でのポイント還元率も1%アップします。

一度設定してしまえばこの効果がずっと続くので、楽天カードを作るときには楽天銀行の口座も作るのがおすすめです。

そして、楽天カードの最大の魅力とも言えるのが、楽天証券で投資信託の購入を楽天カード払いにすると、通常のお買い物同様に1%の楽天スーパーポイントがもらえること。

投資信託とは、債券や株式などのいろんな金融商品を組み入れて1つにまとめた商品のこと。

投資信託の値段は日々変動していて、購入→保有→購入した値段よりも高い値段になったときに売ることで利益を得ることができます。

投資信託は、長期でコツコツと積み立てて資産を形成していくタイプの金融商品。

株式よりも値動きが比較的穏やかでありながらも、リスクが低くある程度しっかりとした利益を得られる可能性が高いため投資初心者におすすめ。

投資信託で1%の利益を出そうと思うとある程度時間が必要だったりしますが、楽天カードを使うだけで1%の利益がすぐにゲットできるわけです。

楽天カードはほかにもメリットがほんとにたくさんあるので、ラクにお金を増やすなら楽天カードはほんとおすすめです。

お買い物は楽天市場に集中させる

我が家のお買い物は、出来るだけ楽天市場を使って購入するようにしています。

楽天市場なら実質最大40%以上のポイント還元が受けられるからです

楽天市場のお買い物の還元率は通常1%。

しかし、楽天市場ではポイント還元率がアップするしくみがたくさんあります。

まず、楽天カードや楽天証券など楽天サービスを利用するほどポイント還元率が最大16%にまでアップするSPU(スーパーポイントアッププログラム)というしくみがあります。

・楽天カード
利用で+2%(通常ポイント1%+期間限定ポイント1%)

・楽天ゴールドカード・プレミアムカード
利用で+2%
(楽天ゴールドカード・プレミアムカード利用には、楽天カード利用による+2%も適用されます。)

・楽天銀行
楽天カード利用分の引落を楽天銀行の口座に設定で+1%

・楽天市場アプリ
お買い物で+0.5%

・楽天保険(対象月は支払い月の翌月)
保険料を楽天カードで支払+1%

・楽天でんき
加入と利用で+0.5%

・楽天証券(ポイント投資した月が対象)
月1回500円以上のポイント投資で+1%

・楽天モバイル
対象サービスの月額利用料支払で+1%

・楽天ひかり
対象サービス利用で+1%

・楽天TV
RakutenNBA SpecialまたはRakuten パ・リーグ Specialに加入/契約更新で+1%

・Rakuten fashion(購入した月が対象)
Rakuten Fashionアプリ経由で月1回以上利用で+0.5%

・楽天ブックス(購入した月が対象)
月1回1注文1000円以上の買い物で+0.5%

・楽天Kobo(購入した月が対象)
電子書籍月1回1注文1000円以上の買い物で+0.5%

・楽天トラベル(予約した月が対象)
対象期間、対象サービス月1回5000円以上の予約と対象期間の利用で+1%(予約した月の2ヵ月後末日までに利用終了する旅行が対象)

・楽天ビューティー(予約した月が対象)
月1回3000円以上の利用で+1%

・楽天Pasha(買い物月が対象)
トクダネ対象商品の購入&レシート申請で合計100ポイント以上の獲得で+0.5%

参考:https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/everyday/point/#rule

わたしの場合、楽天カード利用(+2%)、楽天カード利用分引落を楽天銀行口座に設定(+1%)、楽天証券ポイント投資(+1%)で、常に5%の還元率をSPUでキープしています。

さらに、5と0のつく日はポイント還元率が+2倍。

また楽天市場では、ポイント最大40%超えにもなるお買い物マラソンや楽天スーパーセールなどの買いまわりキャンペーンも定期的に開催。

お買い物マラソンや楽天スーパーセールなどの買いまわりキャンペーンは、だいたい毎月1回ほどのペースで開催されています。

普段欲しいものをメモしておいたりブックマークするなどしておき、お買い物マラソンや楽天スーパーセールが開催されたらその期間中の5か0のつく日に一気にまとめてお買い物。

通常リアルなお店でお買い物すると、ポイントカードとキャッシュレス決済を合わせてもせいぜい3%程度の還元率が限度。

お買い物するだけで40%以上の還元率が可能である楽天市場でのお買い物はかなりお得です。

メイン銀行は楽天銀行を使う

楽天銀行でも、使えば使うほど楽天スーパーポイントがもらえます。

まず、楽天銀行には「ハッピープログラム」という会員ランクによるお得なサービスがあります。

ハッピープログラムのランク条件を満たすことで会員ランクが決まり、会員ランクによってもらえる楽天スーパーポイントがアップしたり振込手数料無料回数が増えたりなどの特典があります。

楽天銀行で楽天スーパーポイントをしっかり貯めるためには、ポイント倍率が3倍になる「VIP会員」にはなっておきたいところ。

【ハッピープログラム会員ランクの特典(ランク条件)】

・ベーシック
(エントリーするだけ)
ポイント倍率1倍

・アドバンスト
(残高10万以上または取引件数5件以上)
ATM利用手数料:1回無料
他行振込手数料:1回無料
ポイント倍率1倍

・プレミアム
(残高50万以上または取引件数10件以上)
ATM利用手数料: 2回無料
他行振込手数料 :2回無料
ポイント倍率 2倍

・VIP
(残高100万以上または取引件数20件以上)
ATM利用手数料 :5回無料
他行振込手数料 :3回無料
ポイント倍率 3倍

・スーパーVIP
(残高300万以上または取引件数30件以上)
ATM利用手数料: 7回無料
他行振込手数料 :3回無料
ポイント倍率 3倍

楽天銀行でハッピープログラムにエントリーすることで、引落や振込などの取引で楽天スーパーポイント貯まります。

【1件1ポイントもらえる取引一例】

・他行口座からの振込

・他行口座への振込

・ATM取引での入出金

・ゆうちょへの出金

・給与・賞与・年金(国庫金)の受取

・楽天銀行法人口座からの振込入金

・口座振替

・楽天バンク決済

・ペイジー(ペイジーは公共料金などの支払いをアプリからできるシステム)

・楽天証券のらくらく入金(月3件まで)

・楽天証券自動入金(月3件まで)

・楽天Edyの楽天銀行チャージ(月3件まで)

・楽天ウォレットへの入金(月3件まで)
楽天ウォレットは、楽天版仮想通貨のこと

・楽天銀行即時入金サービス(月3件まで)
(証券・FX口座への即時入金、ショッピングサイトでの即時支払等。)

ちなみに、楽天カード振替口座振替では3ポイント、楽天銀行支払いサービスは全会員10ポイントもらえます。

ちなみに、わたしはVIP会員。

VIP会員ランクをキープするために、100万円の定期預金をしています。

例えば、VIP会員であるわたしの場合、毎月楽天カードの口座振替で9ポイント(通常の3ポイントの3倍)、そのほかクレジットカードの口座振替など数件で15ポイント(通常1ポイントの3倍)の合計24ポイントが毎月何にも手続きしなくても自動で貯まっています。

楽天銀行には、キャッシュレス払いが出来ない家賃の振込などに便利な自動振込サービスもあって便利。

一度設定してしまえば、あとはほったらかしで毎月振込されるので楽天スーパーポイントも自動で貯まっていきます。

楽天証券で投資信託保有をしてポイントを貯める

楽天証券は、投資信託の購入に利用しています。

繰り返しの説明になりますが、投資信託とは債券や株式などのいろんな金融商品を組み入れて1つにまとめた商品のこと。

投資信託の値段は日々変動していて、「購入→保有→購入した値段よりも高い値段になったときに売る」という流れで利益を得ることができます。

投資信託は、長期でコツコツと積み立てて資産を形成していくタイプの金融商品。

株式よりも値動きが比較的穏やかでリスクが低くありながらも、ある程度しっかりとした利益を得られる可能性が高いため投資初心者におすすめ。

心配症なわたしも、投資信託による投資を始めてストレスフリーで6年以上続けることができています。

楽天銀行のハッピープログラムエントリーしていれば、楽天証券で保有している投資信託の残高10万円ごとに楽天スーパーポイントが4ポイント毎月自動的にもらえます

わたしの場合毎月16ポイントもらえています。(2020年12月時点)

特に何もしなくても自動的に楽天スーパーポイントが貯まっていくので、ラクにポイ活したい私にはほんと嬉しい。

また、楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジ(口座連携サービス)設定で楽天銀行の預金の金利が通常の5倍の0.1%にアップ。

楽天証券で投資信託を購入・保有するなら、楽天銀行の口座を開いてハッピープログラムエントリーをしておくのが断然おすすめです。

ちなみに、楽天証券で投資信託を購入するときは楽天カード支払いで積立にすることが可能。(毎月50,000円まで)

楽天カードで投資信託を積立購入することで、1%の楽天スーパーポイントがもらえます。

1%の利益を出そうと思うとある程度時間が必要だったりしますが、楽天カードを使うだけで1%の利益をすぐにゲット。

投資信託を楽天カードというキャッシュレス払いができてさらにポイントまでもらえるというのは、他の証券会社にはない魅力的な楽天証券独自のサービス。

また、楽天証券では、小額投資非課税制度であるNISAも利用可能。

通常投資信託で得た利益に対して20.315%の税金がとられてしまいますが、NISAを利用すると税金は0に。

例えば、通常の課税口座で購入保有した投資信託残高100万円で得られる利益は約80万円ですが、NISA口座を使って購入保有した投資信託残高100万円はまるまる100万円もらえるということ。

お得に投資信託を購入するなら、NISA口座は外せません。

NISAつみたてNISA
対象商品上場株式、外国上場株式、ET F(上場投資信託)、海外ET F、株式投資信託、外国籍株式投資信託、REIT(上場不動産投資信託)など厳しい条件をクリアした投資信託とETF
非課税期間最長5年最長20年
購入限度額年120万〈最大非課税金額:600万(120万×5年)〉年40万〈最大非課税金額:800万(40万×20年)〉
最低加入金額なしなし
新規投資可能期間2014年から2023年まで(2023年開始で最長2027年まで)2018年から2037年まで(2037年開始で最長2056年まで)
投資方法一括もしくは積立積立
ロールオーバーあり(非課税期間に+5年、最長10年の非課税運用が可能に)なし

NISA口座には、NISAとつみたてNISAがあり、投資信託の購入ならつみたてNISAがおすすめ。

つみたてNISAはしくみがシンプルで分かりやすいので、投資初心者でもストレスなく利用できます。

また、つみたてNISAの方が保有期間や購入限度額がNISAよりも長く多いので、長期でコツコツ積み立てて増やしていくタイプの投資信託の投資にぴったりです。

ちなみに楽天証券では、お得な私的年金制度のIDeCo(イデコ)も利用可能。

イデコは、預金や投資信託などの商品ラインナップから自分で好きな商品を選んで、毎月好きな金額を積み立てて将来の年金資産を作っていく制度。

年金制度のため60歳までおろせない、最低積立金額が5,000円からいうデメリットはありますが、掛け金(金融商品の購入金額)がすべて所得控除となるため税金を節約することができます。

60歳までおろせないことがデメリットにならなければ、所得のある人には投資信託の運用はイデコが1番おすすめです。

iDeCoつみたてNISA
利用できる人20歳以上60歳未満の人(※条件あり)20歳以上の人
対象商品預金、保険、投資信託など厳しい条件をクリアした投資信託とETF
非課税期間70歳まで最長20年
購入限度額年14.4万~81.6万まで(働き方による)年40万まで
最低加入金額5000円なし
新規投資可能期間60歳になるまで2018年から2037年まで(2037年開始で最長2056年まで)
投資方法積立・年単位拠出積立
口座管理手数料有料無料
現金化できる時期原則60歳以降いつでも可能

楽天ポイントスクリーンで隙間時間にポイ活する

楽天ポイントスクリーンは、広告をタップするだけで楽天スーパーポイントが1ポイントがもらえます。

1日だいたい3~5ポイント稼ぐことが可能。

隙間時間に手軽にポイ活できるので、毎日ポイントスクリーンを利用してコツコツとポイントを貯めています。

楽天ウェブ検索を使う

楽天ウェブ検索は、インターネット検索バーの代わりとして利用。

楽天ウェブ検索でネット検索を1日5回以上すると、毎日楽天スーパーポイントがもらえます。

いつもしているインターネット検索を楽天ウェブ検索を使ってするだけなので、特に負担もなくポイントが稼げます。

また、楽天ウェブ検索において月に1日5回以上の検索を5日以上など利用条件を満たせば、楽天市場でのお買い物でもらえるポイント還元率が+1%アップします。

節約主婦のポイ活②Tポイント

今年(2020年)からTポイントも積極的に貯めるようになりました。

ポイントサイトmoppy(モッピー)で貯める

わたしがメインで使っているポイントサイトがmoppy(モッピー)。

ネットショッピングをするときは、モッピーを経由することでモッピーのポイントを貯めるようにしています。

ネットショッピングの際に、モッピーのサイトにログインしてネットショッピングの広告をクリックするという手間は少しかかりますが、慣れてしまえば全然苦にならない程度。

モッピーでは、わたしが頻繁に買い物する楽天市場やpaypayモールの広告を掲載。

モッピーにある広告をクリックして、楽天市場やpaypayモールでお買い物をするだけで購入金額の1%分のモッピーのポイントが稼げています。

買い物は極力ネットショッピングに集中させるようにしているため、モッピーのポイントがしっかり貯まっていきます。

貯まったモッピーのポイントは、Tポイントに交換。

Tポイントへの交換手数料は無料で、交換したTポイントはポイント投資にも使うことができます。

ちなみに、モッピーのポイントは楽天スーパーポイントにも手数料無料で交換できますが、ポイント投資には使うことができません。

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

ドラッグストアで貯める

日用品は、ネットよりも安い商品が多い近所のウエルシアグループのドラッグストアで買っています。

ウエルシアグループのドラッグストアでは、お買い物金額に応じてTポイントが貯まります。

うちの近所のドラッグストアでは、通常購入金額の1%のTポイントがもらえますが、毎週2回ポイント3倍デーを実施。

必ずポイント3倍デーに行くようにして、ポイントを効率よく貯めるようにしています。

zozotownで貯める

洋服は、基本的に楽天市場で購入するようにしていますが、おしゃれなファッションアイテムの品揃えの豊富さはやっぱりzozotownの方が上だなという印象。

そのため、zozotownでファッションアイテムを購入することも少なくありません。

zozotownは、PayPayモールを利用するとお得です。

paypayモールを利用してzozotownでお買い物をすると、商品金額に対してTポイント1%、ヤフーカード利用でTポイント1%、PayPay残高払い(指定支払方法)でPayPayボーナス+1%、ストアボーナスとしてPayPayボーナスライト(有効期限ありの電子マネー)+1%もらえます。

わたしはヤフーカードとPayPayを使っているので、PayPayモール経由でZOZOTOWNを利用すると4%の還元率になっています。

新生銀行で貯める

新生銀行では、毎月のポイントプログラムエントリーで1ポイント、特定メールの受信で3ポイント、サイトログインで3ポイントと毎月合計7ポイント貯まっています。

どれもそれほど手間がかからずにポイントをGETできるので、めんどくさがりなわたしでも続けられています。

新生銀行はそのほかにもTポイントが貯まるサービスがもりだくさんです。

アプリ「Tポイント×シュフー」で貯める

隙間時間のポイ活に使ってるのが、アプリ「Tポイント×シュフー」。

毎日のチラシ閲覧で最大2回、合計2ポイントのTポイントがゲットできます。

アプリ「レシーカ」で貯める

レシート撮影することでTポイントがもらえるアプリ「レシーカ」。

レシート撮影日5日目以降から、1回の撮影につき1ポイントもらえます。

1日最大3回まで撮影可能です。

節約主婦のポイ活③pontaポイント

Pontaポイントも、ラクにポイントがもらえる方法だけ厳選してコツコツ貯めています。

税金や公共料金の支払いで貯める

パパが自営業のため、ほぼ毎月支払いがある国民健康保険、住民税。そして水道代。

うちが住んでいる自治体ではこれらの支払いにクレジットカードが使えないため、リクルートカードからクレジットチャージしたnanacoで支払いをしています。

nanacoで国民健康保険料や水道代などの支払いをしてもnanacoポイントは貯まりませんが、nanacoへクレジットチャージしたリクルートカード利用分のリクルートポイントが貯まります。

ただし、2020年3月12日以降に発行されたリクルートカードでは、nanacoへのクレジットチャージが出来なくなってしまいました。

nanacoへクレジットチャージするなら、セブンカード・プラス一択となっています。(還元率0.5%)

ちなみに、リクルートカードのポイント還元率は1.2%と楽天カードを超える高還元率

ただし、リクルートポイントが貯まるクレジットチャージは、月3万円までとなっています。

リクルートポイントは、リアルタイムで簡単にポンタポイントに交換可能。

ほぼ毎月30,000円分をnanagcoへのクレジットチャージにリクルートカードを使うため、毎月360ポイントがコツコツと貯まっています。

ローソンで貯める

近所にローソンがたくさんあるので、ローソンを利用するときはポイントカード「Pontaカード」を提示してPontaポイントを貯めるようにしています。

ホットペッパービューティーで貯める

いつも通っている美容院がホットペッパービューティーに掲載されているため、美容院に行く際にはホットペッパービューティーからネット予約。

ネット予約で2%分のPontaポイントがもらえています。

節約主婦のポイ活④paypayボーナス

PayPayの利用などで貯まるPayPayボーナス。

正確に言うと、ポイントではなく電子マネーですがこちらもコツコツと貯めています。

ダイソーで貯める

ダイソーで使える唯一のキャッシュレス、PayPay。

PayPayは還元率が0.5%と高くはないですが、ダイソーなどクレジットカードが使えないお店や個人商店でも使えたりするので、意外に重宝しています。

paypayモールで貯める

Tポイントを貯める方法ですでにご紹介しましたが、PayPayモールでもPayPayボーナスがたまります。

paypayモールを経由してお買い物をすると、商品金額に対してTポイント1%、ヤフーカード利用でTポイント1%、PayPay残高払い(指定支払方法)でPayPayボーナス+1%、ストアボーナスとしてPayPayボーナスライト(有効期限ありの電子マネー)+1%~+14%もらえます。

節約主婦のポイ活で貯めたポイントの使い道はほぼ一択

ラクにお金を貯めたい節約系ミニマリスト主婦であるわたしのポイントの使い道は、基本的にポイント投資です。

ポイント投資とは、その名の通りポイントを使って投資商品などを購入して投資をすること。

ポイント投資をすることで貯めたポイントを大きく増やす仕組みづくりが可能になります。

ちなみに、ラクにお金を貯めるなら投資は必須です。

わたしは、楽天スーパーポイントは楽天証券で、TポイントはSBI証券で投資信託を毎月購入しています。

どちらも証券口座の開設が必要ですが、ポイントで購入した投資信託を解約することでポイントを現金化することが可能に。

多くの投資信託が100ポイントから購入することができるので、資金0円でもポイントさえあれば気軽に投資が始められます。

証券口座の開設は一見難しそうに思いましたが、実際にやってみると銀行口座を開くのと同じような感覚で簡単にできました。

ちなみに、楽天スーパーポイントは通常ポイントと期間限定ポイントがあり、ポイント投資できるのは通常ポイントのみ。

ポイント投資で使えない期間限定ポイントは、楽天市場などのお買い物で使うようにしています。

Pontaポイントはストックポイントで、PayPayボーナスは「PayPayポイント運用」で擬似投資というかたちで運用しています。

PontaポイントとPayPayボーナスは、増えた分はそれぞれポイントや電子マネーとして利用できます。

どちらも証券口座開設不要で簡単な登録だけで投資体験できるので、投資に興味がある方や投資をやってみたいけど本格的に始めるのはちょっと心配だなという人の投資の予行練習におすすめです。

節約主婦のポイ活で貯めたポイントでの投資成績は?

ポイント投資している、楽天証券とSBI証券。

楽天証券では、楽天スーパーポイントで「eMAXISSlim全世界株式(除く日本)」、SBI証券ではTポイントで「eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)」をコツコツ購入しています。

実際にわたしがポイント投資している投資信託の成績については、こちらからチェックできます。

買い物大好き元浪費家主婦のラク節約術

買い物大好きで浪費家だった20代のころのわたしは、節約しなきゃという意識はあったもののなかなかお金が貯まりませんでした。

結婚し子供が生まれたときには収入が減ったこともあり毎月1万円ほどしか貯金できておらず、このままだと30年貯金しても1万円×12ヶ月×30年=360万円しか貯められないことに気づいて焦って本格的に節約をするように。

今もあいかわらず買い物好きではありますが、ミニマリストな暮らしをしたりお金の使い方を工夫することで年間100万円お金を増やすことができるようになりました。

特に一番浪費していた洋服代や美容費は合わせて年間50万円ほど削減に成功。(今まで一体どれだけ使ってたんだという感じですが・・・)

そんな元浪費家の節約系ミニマリスト主婦であるわたしの節約術についてはこちらの記事に詳しくまとめています。

《まとめ》ラクにお金を貯めたい節約主婦は、自動でポイントが増えるためのしくみや効率よく大量に稼ぐための習慣づくりを重要視。

今回の記事のまとめです。

この記事で1番伝えたいこと
ラクにポイ活するなら、貯めやすく使いやすいポイントを選び、ラクに効率よく稼ぐしくみや習慣を作り上げることが大事。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アイキャッチ画像: kakkyさんによるイラストACからのイラスト

おすすめの記事