子供ありミニマリスト家族の賃貸リビング。5畳しかなくても広々快適です。
スポンサーリンク

雪国在住賃貸暮らし3人家族ミニマリストのリビングについてご紹介します。

こんにちは!雪国に住むミニマリスト主婦みえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

賃貸暮らしミニマリスト3人家族の我が家のリビングは約5畳。

決して大きな部屋ではありませんが、広々と快適にくつろげるお気に入りの空間です。

今回はわが家のリビングと置いているものについてご紹介します。

スポンサーリンク

子供が生まれる前ミニマリスト家族の賃貸リビング(2015年)

まだ子供が生まれる前のときのリビングの様子です。

ニトリで購入したカーペットを敷いて、ニトリのソファー、ニトリのテーブル、ニトリのテレビ台を置いていました。

ソファー、テーブル、テレビ台のあるリビング

ニトリの2人掛けソファーは座り心地が良くて、気に入っていました。

ニトリのソファー

丸いクッションもニトリのもの。

もちもちしていて肌触りがとても良かったです。

ソファーの背もたれのところ壁には、アートポスターを飾っていました。

ソファーとアートポスター

ニトリのテレビボードは、確か5,000円くらいでかなりお手頃でした。

(昔の写真のためかなり画像が粗くてすみません。)

ニトリのテレビボード

扉の収納部分には、ニトリのティッシュケースに入れたティッシュを入れていました。

ティッシュケース

テレビ台の横にはカバンや上着をかけるためのポールハンガーを置いていました。

ポールとリビング

室内干し用にホームセンターで購入した物干しスタンドや除湿器もリビングに。

写真には写ってませんが、観葉植物を置いている時期もありました。

観葉植物

そういえばゴミ箱もリビングに置いていましたね。

ゴミを集めるのが面倒なので、今はゴミ箱は撤去しています。

ゴミ箱

当時はこれでも物が少ないミニマルな暮らしをしている方だと自信満々だったわたし。

今思うと、5畳の部屋にソファーを置くと圧迫感がすごいなと感じます。

スポンサーリンク

子供ありミニマリスト家族の賃貸リビング(2020年4月)

センターテーブルを手放して、サイドテーブルに変更。

ソファーとクッションとサイドテーブル

カーペットをやめて、子供の安全対策と防寒対策としてジョイントマットに変えてみました。

ジョイントマットは、タンスのゲンの「じょいふる×じょいふる」を購入。

【「じょいふる×じょいふる」のおすすめポイント】

・シックハウス症候群を引き起こす、ホルムアルデヒドを含む7つの原因物質を定期的に検査

・傷や衝撃に強いPE樹脂。PE素材は環境ホルモンや塩素を含まないため焼却してもダイオキシンが発生しない。

・床の冷たさを防ぐ優れた保温性

・騒音を吸収し音漏れ防止するので、防音対策にも◎(ΔLL―4等級〈旧1級〉評価の防音を実現)

・衝撃を和らげる優れた弾力性

・水洗いできるのでお手入れがラク

・耐久性に優れ劣化しにくい

・簡単カットできるので、レイアウトが自由自在

・床暖房対応

・サイドパーツ付

・敷きやすい大判サイズ
【「じょいふる×じょいふる」の注意ポイント】

・大判なので収納に困る

・厚みがあるので、手前に開く扉の前などには敷けない

・ジョイントマットを敷いた範囲の端の方が反りあがりがち

以前はカーペットを敷いていましたが、雪国の寒さだとカーペットを敷いても床の冷たさがしっかり伝わってきていました。

このジョイントマットは、雪国の寒い冬でも床の冷たさをしっかりシャットアウトしてくれる優れもの。

ジョイントマットを使うきっかけはこどもの安全対策が理由でしたが、今では冬の寒さ対策として手放せないものとなっています。

また、汚れてもさっとふけばきれいになるところや、デザインが木目調でパッと見がジョイントマットを敷いている感じがしないところも気に入っています。

[追記2021.6]ジョイントマットとフローリングの間の掃除を怠り悲惨なことになっていたので、ジョイントマットは使わないようになりました。

ハンガーラックとテレビ台

ポールハンガーだと掛けられる数に限界があるため、もう少したくさんものが掛けられるようにとハンガーラックを購入。

脱いだ洋服や部屋着などがいつも散らかっていたので、すぐに片づけられるようにテレビ台の横に設置しました。

ランドリーバッグとバスケット

バスケットを2つ置いて、おむつや部屋着を入れています。

スポンサーリンク

子供ありミニマリスト家族の賃貸リビング(2020年10月)

子どもがソファーの上でおもらしをしてしまったことをきっかけに、2人掛けソファーを捨てました。

ソファーがなくなり、かなり広々としました。

ストーブの目隠しとして、手作りのついたてを置いてみました。

テレビとサイドテーブルのリビング

ついたてはホームセンターで購入したプラダンに、壁紙シートとウォールステッカーを貼りました。

小さな子供がいて観葉植物が置けないので、グリーンのウォールステッカーはお部屋に緑をプラスできてお気に入り。

観葉植物ついたて

ハンガーラックに置いていたトラムのランドリーバッグとスタックストーのバスケットから、タワーの布ボックスに変更。

tower黒の布ボックスパッケージ
tower黒の布の収納ボックス

黒にしたことで、統一感がでました。

黒のハンガーラックとテレビ台

【最新】子供ありミニマリスト家族の賃貸リビング(2021年6月)

ジョイントマットを敷きっぱなしにしてフローリングの掃除を怠っていたら、ほこりやゴミが溜まりひどい状態になっていました。

大量のほこりとごみを見た瞬間、掃除嫌いめんどくさがりやなわたしにはジョイントマットを部屋いっぱいに敷き詰めるのはやめたほうが良いと確信。

気候も暖かくなってきたのも良いタイミングだったので、ジョイントマットを使うのをやめてみました。

フローリングでもくつろぎやすいように、洗える長座布団とクッションを購入。

リビング

長座布団はこんな感じで配置や置き方を自由自在に変えたりできるので、すごく使い勝手が良いです。

リビング
リビング
クッションと長座布団

クッションは、ニトリで購入したヌードクッションに楽天市場で購入したカバーをつけました。

あとは部屋の奥にある備え付けの収納扉に白の壁紙シールをはりました。

後日クッションカバーをグレーし、奥の備え付け収納にウォールステッカーをプラス。

が、茶色のカバー&ウォールステッカーなしの方が良かったなと思い元に戻しました・・・。

リビング2

ハンガーラックに置いていたタワーの布製ボックスがグシャっと形が崩れて使いづらかったので、ニトリの積み重ねバスケットに変えました。

ハンガーラックとテレビ

使い勝手が良くなり満足してます。

ハンガーラックのバスケット

子供ありミニマリスト家族の賃貸リビングに置いているもの

我が家のリビングに置いているものは、家族がリラックスできる&インテリア製のあるものが中心です。

リビングだけは、ちょっとおしゃれな感じにしたいなと思う空間です。

テレビとテレビ台

テレビとテレビ台

結婚当初にニトリで購入したテレビ台をずっと使っています。

白の扉収納のところには以前ティッシュを入れていましたが、現在は何も収納していません。

ニトリのハンガーラック

ほぼ毎日使うアウターなどの洋服や帽子、バッグなどは取り出しやすいように、ニトリのハンガーラックに掛けています。

ハンガーラックとテレビ

ハンガーラックには、子供の手が届かないように化粧品などを入れた無印良品の帆布バスケットも吊るしています。

無印良品帆布バスケットの化粧品収納

帆布バスケットの中身についてはこちらの記事に詳しく書いています。

ハンガーラックの下には、ニトリの積み重ねバスケットを2個置いています。

ニトリの積み重ねバスケット

見た目が安っぽくない作りで気に入っています。

ニトリの積み重ねバスケット
ニトリの積み重ねバスケット
ニトリの積み重ねバスケット

1個には子どもが使うおむつやおしりふき、もう1個のバスケットにはわたしたち夫婦の部屋着などを入れています。

ハンガーラックのバスケット

ニトリのサイドテーブル

ニトリで購入したサイドテーブルはお気に入り。

サイドテーブル

このように3つセットになっていて、1つに重ねて置いておけるので場所をとらずにコンパクトなのが嬉しい。

3つ並べたサイドテーブル

子どもがお絵かきするときや、わたしがメイクをするときなどいろんな用途で使っています。

長座布団

ソファーの代わりに長座布団(68×120)を使っています。

長座布団

しっかり厚みがあるので、底つき感もありません。

中には国産のポリエステル綿を使用しています。

長座布団

長座布団本体が洗えるので、子供が汚してもイライラしません。

長座布団カバーは、日本製のこちらのものを使用しています。

とてもしっかりした生地で安っぽさなし。

丸洗いできるので、汚れても気にならないところもメリットです。

ダックブルーは、微妙な色合いがお気に入り。

長座布団カバーダックブルー

こちらはヘーゼルオレンジ。もう少し濃い茶色の方が好みです。

長座布団カバーヘーゼルオレンジ

さらにスノーグレイを追加購入。(クッションの下に敷いています。)

長座布団カバースノーグレイ

こちらももう少し濃い色が良かったな~。

長座布団

長座布団はこれが思っていた以上に便利。

そのまま寝転んで使ったり、壁につけて座椅子のようにして折って使ったり自由自在。

長座布団とクッション

動かすのも軽くて簡単だから、掃除もラクです。

クッション

お尻に敷いたり、枕にしたり、足をのせたりといろいろ使えるクッション。

我が家のリビングでは3つクッションを置いています。

ヌードクッションはニトリのものを使用。

ニトリのヌードクッション

リーズナブルなのに中綿がしっかりしていて、へたりにくいです。

クッションカバーは、モノトーンでおしゃれなデザインがお気に入り。

モノトーンクッションカバー

このクッションカバーには、モノトーンなデザインの中にこっそりミッキーやミニーが潜んでいます。

スミノエディズニークッションカバー
モノトーンクッションカバー

もう1個は、長座布団カバーと同じダックブルーのクッションカバーを使っています。

長座布団カバースノーグレイ

手作りのついたて

近くのホームセンターに売っていた折りたたみプラダンに、壁紙シールとウォールステッカーを張って「ついたて」を手作りしました。

観葉植物ついたて

観葉植物代わりにお部屋にグリーンをプラスできるので、気に入っています。

ちなみに備え付け収納に貼ったウォールステッカーはこちらを使いました。

観葉植物ウォールステッカー

シリコンマット

フローリングに跡がつかないように、ハンガーラックとテレビ台の脚にシリコンマットを敷いています。

シリコンマット
シリコンマット

ルンバを使うことを考えるともう少しコンパクトなものの方が良かったかなと思っています。

補足:ラクにお金を貯めたい節約主婦のお得な買い物方法

ミニマリスト兼節約主婦でもあるわたしは、ラクにお金が貯まるようにお得に買い物できる方法を心掛けています。

お得にお買い物するのに最も効果的な方法が、楽天市場で購入すること

楽天市場での通常のポイント還元率は1%。(100円につき1ポイント)

ただし、楽天市場では楽天サービスを利用すればするほどポイント還元率が最大16倍にまでアップになるSPU(スーパーポイントアッププログラム)があります。

例えば、わたしの場合、楽天カード利用で+2%、楽天カード利用分の引落口座を楽天銀行に設定で+1%、500円以上のポイント投資で+1%、楽天koboの1,000円以上の買い物で+0.5%をいつも達成。

SPUによる楽天市場の還元率は、常に5.5%をキープするような状態です。

さらに、毎月5と0のつく日(5.10.15.20.25.30)は、楽天カード利用+エントリーでポイント還元率が+2%に。

また、月に1回程度、ポイント最大40倍超えにもなるお買い物マラソンや楽天スーパーセールなどの買いまわりキャンペーンも定期的に開催されています。

ポイントは節約主婦のわたしにとっては、お金同様。

ポイント還元率40倍ということは、実質40%OFFでお買い物ができるということ。

買い回りキャンペーン時を狙って、お買い物を楽天市場にできるだけ集中させるだけでも大量ポイントゲットでき、かなりお得にお買い物をすることができています。

楽天市場でのポイントアップ方法については、こちらの記事に詳しく書いています。

ちなみに、楽天カードはもう10年以上愛用している我が家のメインクレジットカード。

楽天証券での投資信託の購入でも購入金額の1%のポイントがもらえる、楽天ペイとの併用(楽天ペイへのチャージ)で合計還元率1.5%になるなどお得なメリットがたくさんあります

ただし、楽天カードは光熱費などの公共料金や税金での支払いでは、ポイント還元率が0.2%になるというデメリットも。

我が家では、光熱費や国民年金保険料の支払いには還元率1.2%リクルートカードを利用しています。

我が家の場合、電気代とガス代は1年平均すると毎月約2万円ほど。

楽天カードの場合、24万円×0.2%=480円分のポイントしかもらえませんが、リクルートカードなら24万円×1.2%=2,880円分のポイントがもらえます。

やはりポイント還元率1%の差は大きいです。

電気代やガス代などの光熱費は1度クレジットカード支払いの手続きをしてしまえば、後はほったらかしでポイントが入ってくる仕組みが可能。

ラクに節約したいなら、光熱費や税金、国民年金保険料の支払いにリクルートカードはおすすめです。

子供ありミニマリスト家族の賃貸リビング収納

我が家のリビングの収納は、先にご紹介したテレビ台とハンガーラック、そして備え付けの収納を使用。

備え付け収納には子供のおもちゃを入れています。

おもちゃはここに収まる分だけと決めて安易に増やさないようにしています。

おもちゃの収納

収納には、ニトリの収納ボックス(バスケット ライラのグレー)を使っています。

ニトリの収納ボックス

引っ越してきた当初は、このように備え付け収納の半分を本やプリンターを収納していました。

本のプリンターの収納

最近本は、電子書籍を利用するようになったので少しずつ定期的に処分。

残っている本は、無印良品の帆布バスケットに入れて寝室のクローゼットに置いています。

プリンターは収納を見直し、食事部屋の備え付け収納に移動しました。

賃貸暮らし子供ありミニマリスト家族のリビング以外の部屋の様子

賃貸アパート暮らしの我が家の部屋は、キッチン4畳、リビング5畳、食事部屋5畳、寝室5畳。

全部の部屋合わせても19畳ほどしかありません。

とても小さなお家ですが、自分たちに合わせた工夫をすることでどの部屋も快適に過ごせています。

食事部屋と寝室、キッチンについてはこちらの記事に詳しく書いています。

支出と家事が激減。元散財家ミニマリスト主婦の物をもたない方法とコツ

家事や無駄な支出をラクに減らすなら、「必要最低限のもので暮らす」ことがかなり効果的。

必要最低限のもので暮らせば、自然といつの間にかお金も時間にもゆとりが生まれます。

必要最低限のもので暮らすミニマリスト生活は、我慢・ストレスなしでできる最強の節約術です。

ちなみに、わたしは独身時代、良いものたくさん持っていることが幸福度を測るツールだと思い込み、買い物をすることが大好きで生きがいにしていました。

部屋はもの置き場状態の散らかり放題。

収納はたくさんの洋服などの「もの」でパンパンで溢れかけた状態。

節約しなきゃという意識はあるものの、欲しいものがあれば我慢できずについつい買ってしまうお金の管理ができない散財家でした。

20代後半の頃、ミニマリストのなんにもないスッキリした部屋を見たときに衝撃が走りました。

「どうやったら、こんなになんにもものがない部屋にできるんだろう」

そう思ったわたしは、ミニマリスト生活について本やネットでいろいろ調べるように。

「ミニマリスト生活ってこんなにたくさんのメリットがあるんだ!」と驚きの連続でした。

ミニマリストの魅力にどんどんはまっていき「わたしも絶対ミニマリストになる!」と決意。

それからは、部屋にある数えきれないたくさんのものを「本当に必要か?」と自分に問いただしては捨てる日々が始まりました。

ズボラでめんどくさがりで散財家。

そんなわたしでも、「少しの工夫」と「コツコツ継続をすること」を心掛けることで、ものへの考え方やお金の使い方に徐々に変化が。

ひたすらものと向き合い不要なものを捨て続けることで、いつの間にかミニマリストになることができていました。

こちらにズボラでめんどくさがりで散財家だったわたしが、ミニマリストになれた方法についての記事をまとめました。

少しでも参考になれば嬉しいです。

ちなみに、ものを捨てる場合には、不用品を処分しながらお小遣い稼ぎができる宅配買取やフリマアプリ「メルカリ」を利用。

手間や時間かけずにラクに売るなら宅配買取がおすすめです。

査定額は低いですが、お家にいながら簡単に不用品を処分出来てお小遣い稼ぎまでできるのが最大のメリット。

ラクして処分したいときには、宅配買取をよく利用しています。

節約主婦おすすめ宅配買取サービス
買取ジャンル宅配買取サービスおすすめポイントや注意点
ファッションブランディア宅配買取カジュアルブランド、季節外れのもの、1点からでも買取可能。キャンセル料無料>
→レビュー記事
ブランド食器食器買取 福ちゃん無料WEB査定あり。キャンセル料有料
→レビュー記事
ディズニーグッズディズニー館20点以上成約の直送買取で買取金額10%アップ。キャンセル料有料
→レビュー記事
アイドルグッズJUSTYグッズ買取専門店まとめて売るほど買取金額がアップするキャンペーン実施中。キャンセル料有料
化粧品コスメ・香水高額買取【リサイクルネット】ブランドコスメはもちろんプチプラコスメも買取可能。キャンセル料有料
→レビュー記事
いろんなジャンルネットで買取【買取王子】買取ジャンルは60種類以上。ただ専門ジャンルの買取サービスに比べて査定額が低いという口コミ多い。キャンセル料無料
→レビュー記事

メルカリは、多少時間や手間はかかっても少しでも高く売りたい人におすすめ。

実際にわたしも利用していますが、フリマアプリ「メルカリ」での取引は思った以上に簡単でびっくり。

今まで10点以上出品しましたが、数日であっと言う間に売れました。

《まとめ》子供ありミニマリスト家族の賃貸リビングは5畳でもスッキリ広々。みんながくつろげる最高の場所です。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アイキャッチ画像: acworksさんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク
おすすめの記事