ミニマリストのマットレス。おすすめ愛用品と直置きの注意点
スポンサーリンク

雪国賃貸3人暮らしのミニマリスト家愛用のリーズナブルなマットレスについてご紹介します。

こんにちは!雪国ミニマリスト主婦みえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

我が家は、雪国賃貸暮らしの3人家族。

部屋が小さく狭いので、コンパクトな暮らしに快適な布団生活を送っています。

今回は、我が家で愛用しているマットレスについてご紹介します。

スポンサーリンク

ミニマリスト主婦が直置き使用しているマットレスはこれ

雪国賃貸暮らしの我が家で使用しているマットレスは楽天市場のショップ「収納・家具・寝具の収納宅配館」で購入した三つ折りマットレスです。

サイズはダブルサイズ、カラーはホワイトをチョイス。

リーズナブルなのに、寝心地が良くて気に入っています。

マットレス

ちなみに、我が家ではシングル(パパ)とダブル(わたしと子供)の布団をくっつけて3人で寝ています。

パパは暑がりなので、マットレスは使っていません。

スポンサーリンク

ミニマリスト愛用マットレスの特徴①高反発マットレス

低反発マットレスの場合、体が沈み込んでしまうため寝返りがしにくく、良質な眠りを妨げることに。

また、柔らかすぎると腰に負担がかかってしまいます。

高反発マットレスは、沈み込みが少ないため体の一部分にかかる体圧も分散。

寝返りがうちやすく、深い眠りをサポートします。

スポンサーリンク

ミニマリスト愛用マットレスの特徴②硬さが選べる

このマットレスは、優しく体を支えるやや固めの「174N」としっかり体を支えるもっと固めの「255N」の2種類から選べます。

我が家では、やや固めの174Nを使っています。

体重が80㎏以上のパパも寝ていますが、まったくへたらずに良い感じです。

体重50㎏のわたしも、硬すぎると感じることなく気持ち良く寝られています。

ミニマリスト愛用マットレスの特徴③へたりにくく底つき感がない

マットレス

このマットレスは、厚さ10センチとボリュームたっぷり。

また、復元率(圧力をかけたときに元の大きさに戻る割合)は98%。

復元率が大変高く、へたりにくく耐久性もバッチリ。

実際に、寝ていても底つき感は全くなく、しっかり体が支えられている安心感があります。

寝転がるとほんとに気持ちが良いです。

ミニマリスト愛用マットレスの特徴④三つ折りで扱いやすい

マットレス

三つ折りタイプなので、1枚タイプのものよりも扱いやすいです。

三つ折りに折りたためるので、コンパクトに収納しやすい。

また、運びやすいように取っ手もついていますが、やや頼りない感じ・・・。

マットレス

立てやすく自立するので、湿気対策に乾かしやすいのも良いです。

マットレス

ミニマリスト愛用マットレスの特徴⑤取り外しができるカバーで洗濯可能

マットレス

マットレスのカバーは、取り外して洗濯が可能。

洗濯機で洗えるので、汚れても簡単にきれいをキープしやすいです。

U字型のファスナーで、着脱もラクラク。

ちなみにカバーは、春夏用のメッシュ生地と秋冬用のパイル生地の2タイプにになっていて、マットレスの裏表を逆にすることで好みで使うことができます。

マットレス

ミニマリスト愛用マットレスの特徴⑥ノンホルムアルデヒド

海外の研究機関による品質検査を実施。

ホルムアルデヒド値は1ppmと極めて低い数値となっています。

ミニマリストの直置きマットレスの湿気対策

我が家では、ベッドは使用しておらず布団生活を送っています。

マットレスを床に直置きして、その上に敷き布団を使用。

小さなアパート暮らしの我が家にとって、布団生活は掃除がしやすいなどメリットがたくさんあります。

布団生活の大きなデメリットの1つは、寝具に湿気がこもりやすくカビが生えやすいということ。

わたしも実際に直置きしたマットレスを敷きっぱなしにしていて、カビを生やしてしまい処分せざるを得なくなったことがありました。

マットレスの処分は、小さく裁断したり、大型ごみで出すとの処分料がかかったりしていろいろ面倒・・・。

もう絶対カビを生やさない!と決意して購入したのが、除湿シートです。

床とマットレスの間に敷くだけで、簡単にカビ対策が可能。

除湿シート敷いたところ

除湿シートの干すタイミングは、センサーが教えてくれます。

ただ、めんどくさがりなわたしは、週に一度くらいしか除湿シートを乾燥させていません・・・。

また、布団の収納も週に1回程度しかやらないため、忙しい平日は布団をマットレスごと半分に折って湿気対策をするようにしています。

マットレスと併用で寝心地最高。ミニマリスト主婦おすすめのリーズナブル布団セット

マットレスといっしょに使用しているのが、楽天市場のショップタンスのゲンで購入した布団セット。

布団セット

汚れても丸ごと洗濯機で洗えるので、お手入れ簡単。(※洗濯機の機種による&ネット使用)

軽くて持ち運びやすいし、寝心地も文句なしのリーズナブルな布団セットです。

ベルメゾン布団カバー

ちなみに布団カバーはベルメゾンの綿100%の日本製のものを愛用中。

しっかりした生地で、肌触りもほんとに気持ちが良いです。

カラーバリエーションも豊富で、何色にしようか迷ってしまうほど素敵な色ばかりです。

マットレス以外のミニマリスト主婦愛用寝具

我が家の愛用寝具については、こちらの記事にすべてまとめています。

節約系ミニマリスト主婦のマットレスなどの買い物をお得にする方法

ミニマリスト兼節約主婦でもあるわたしは、ラクにお金が貯まるようにお得に買い物することを心がけています。

わたしのお得なお買い物の方法のポイントは3つです。

お買い物は必ずキャッシュレス払いで

キャッシュレス払いが豊富な今の時代、現金払いをするだけで損をします。

買い物の支払い方法を、現金からポイントなどの還元があるキャッシュレス払いにするだけで簡単に節約が可能。

ラクにお金を貯めたい節約主婦であるわたしのおすすめのクレジットカードは楽天カードリクルートカード

楽天カードはもう10年以上愛用しているクレジットカード。

通常のお買い物の還元率は1%ですが、楽天市場での利用では常時3%。

また楽天証券での投資信託の購入でも、購入金額の1%のポイントがもらえます

投資信託とは、株式や債券などいろんな金融商品をひとまとめにした投資商品のこと。

投資信託は、株式よりも比較的値動きが穏やかなためリスクが低いので投資初心者におすすめ。

低いリスクでありながらも、時間をかけてコツコツ積み立てればある程度の大きなリターンが期待できます。

投資信託による投資は、購入→保有→売る(購入した値段よりも上がったときに売ることで利益を得る)だけの簡単投資。

積立の設定をしてしまえば、ほとんどほったらかしで資産が増えるしくみを作ることが可能です。

楽天カードはほんとにメリットがたくさんありすぎなのでもう手放せません。

リクルートカードは、ポイント還元率1.2%。

楽天カードを上回る還元率で、クレジットカードの中でもトップクラスです。

リクルートカードで貯まるポイントはリクルートポイントで、リアルタイムでPontaポイントと交換可能。

楽天スーパーポイントに比べるとポイントの使い勝手は劣りますが、使い道は決して少なくありません。

例えば、年間12万円の支払いを現金払いからリクルートカード払いにするだけで、1,200円分のポイントがもらえます。

我慢も努力もせず、ただ現金払いからクレジットカード払いにするだけで1,200円得をすると思えば、やらない手はありません。

楽天市場を最大限に利用する

お買い物は、できる限り楽天市場を利用するようにしています。

楽天市場での通常のポイント還元率は1%。(100円につき1ポイント)

ただし、楽天市場では楽天サービスを利用すればするほどポイント還元率が最大16倍にまでアップになるSPU(スーパーポイントアッププログラム)があります。

毎月5と0のつく日(5.10.15.20.25.30)は、楽天カード利用+エントリーでポイント還元率が+2%に。

また、月に1回程度、ポイント最大40倍超えにもなるお買い物マラソンや楽天スーパーセールなどの買いまわりキャンペーンも定期的に開催されています。

ポイントは節約主婦のわたしにとっては、お金同様。

ポイント還元率40倍ということは、実質40%OFFでお買い物ができるということでもあります。

買い回りキャンペーン時を狙って、お買い物を楽天市場にできるだけ集中させるだけでも大量ポイントゲットでき、かなりお得にお買い物をすることができています。

楽天市場でのポイントアップ方法については、こちらの記事に詳しく書いています。

貯まったポイントは投資で増やしてさらにお得に

キャッシュレス払いなどで貯まった楽天スーパーポイントなどのポイントは、ポイント投資に利用。

楽天スーパーポイントは、楽天証券で投資信託を購入して、ポイントが増えるしくみ作りをコツコツ積み上げていっています。

リクルートカードなどで貯まったPontaポイントは、ポイント運用でポイントが増えるしくみを作っています。

《まとめ》ミニマリスト主婦の愛用マットレスは、リーズナブルで寝心地最高

今日の記事のまとめです。

この記事で1番伝えたいこと
ミニマリストのマットレスは、リーズナブルで高コスパなものを愛用

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アイキャッチ画像: popoさんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク
おすすめの記事