捨てるコツ。気持ちいいほどたくさん減らす方法
スポンサーリンク

買い物大好き、めんどくさがりや。そんなわたしでも捨てるコツを掴んだらミニマリストになれました。

こんにちは!めんどくさがりミニマリスト主婦みえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

20代後半くらいまで、わたしの部屋・収納はものであふれかえっていました。

買い物大好き、めんどくさがり。

そんなわたしでも、いつの間にか必要最低限のもので暮らせるミニマリストになれました。

今回は、30代ミニマリスト主婦が実際にやっている捨てるコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

捨てるコツ1:少ないもので暮らすメリットを知る

少ないもので暮らすメリットを知るだけで、俄然捨てるやる気が出ます。

それだけ、少ないもので暮らすことでのメリットは大きくたくさんあるんです。

わたしも最初は、シンプルライフやミニマリストの本を読んで少ないもので暮らすことのメリットを知るようにしました。

そして、実際にものを捨て続けることで、ものが少なくなるとこんなに良いことがいっぱいあるんだということを実際に感じるように。

すると、そのメリットを得るために、もっともっとものを捨てたくなり、どんどん捨てられるようになりました。

スポンサーリンク

捨てるコツ2:譲る、売ってみる

要らないと分かってはいても、高い値段で買ったものや、まだまだ使えるものを捨てるのはもったいなくてなかなか難しいですよね。

そんな「もったいない」という気持ちを少しでも解消するために、捨てるのではなく、売ってお金に換えたり人に譲るようにしています。

売ったものは多少ながらお金として戻ってくるし、他の人に使ってもらえるのでもったいないという気持ちが和らぎます。

わたしが不要品を売るのによく使っているのが、宅配買取サービス。

いつも家事や育児、仕事にと忙しい中でも、手間や時間をかけずにお小遣い稼ぎできる宅配買取は便利で愛用しています。

スポンサーリンク

捨てるコツ3:捨てることだけに集中する

ものを捨てる作業をしていると、掃除、整理整頓、収納の入れ方を変える、部屋の配置替え・模様替えなど、いろんなことについつい手をつけたくなります。

でもものがまだまだたくさんあるうちはあえてやらずに、とにかくものを捨てることだけにまず集中。

捨てることを以外に掃除などいろんなことをやると、全てが中途半端になって、結局部屋が散らかったまま終わるということになりかねません。 

昔のわたしがいつもそうでしだ。

ものを捨てるぞ!と意気込んでスタートするものの、いつのまにか収納の場所を変更し整理したり、掃除を始めたりと「ものを捨てる」ことからよく脱線していました。

それで結局時間が足りずに部屋がものでめちゃめちゃに散らかったまま終わるという悲惨な状態・・・何度もあります。

とにかくまずは、ものを捨てることが最優先。

不要なものを捨てることは片付けの基本です。

ものの数が少なくなっていくと、自然と片付けも掃除も収納も簡単にできるよう になります。

捨てるコツ4:紙類から捨てる

不要な書類、DM、クーポン、レシートなど要らない書類ってほんと貯まりやすいんですよね。

紙類が貯まる理由は捨てるのが面倒なだけ。

自分にとって不要か必要かどうかの判断は比較的分かりやすいです。

もったいなくてなかなかものが捨てられないという人は、まず紙類から始めるのがおすすめです。

わたしも、ものを捨てるとりかかりとして、まず紙類を捨てることことからよくやっていました。

捨てるコツ5:小さい範囲から始める

引き出しの一段、カ バンや財布の中身、トイレなど小さい範囲から始めるようにしています。

小さい範囲から捨てることを始めると、短い時間でできてすぐ終わるので、取り掛かるハードルが低い。

また、小さい範囲でもやり遂げた達成感はしっかりあるので、またもう一つ何かやってみようというやる気を出すきっかけにもなります。

捨てるコツ6:全て出して必要なものだけ入れていく

範囲やジャンルを指定するときには、その範囲内にあるものをいったん全部出して空っぽにしてからやるのがおすすめです。

かばんの中や収納の引き出しなどその空っぽでスッキリした状態を見ると、中にものを入れたくなくなるんですよね。

すると自然と本当に残したいものだけを選んで入れるようになるので、本当に必要なものが分かりやすかったです。

捨てるコツ7:時間設定する

時間設定する

やる気が出ない時は、5分10分だけと少し短めに時間設定をして始めると作業が集中してやると捗ります。

時間設定しても、やり始めるともっとやりたくなるのが不思議なところ。

わたしの場合、結局その設定した時間以上やることになっていることがほとんどでした。

捨てるコツ8:部屋の表面から始める

表面にものがたくさんあるだけで、ゴチャゴチャと散らかった印象の部屋になります。

逆に収納の中など部屋の表面に出ていない部分がグチャグチャでも、部屋の表面にあるものがきちっと整理されていたり置いてあるものが少ないだけで、スッキリしたきれいな印象の部屋に。

部屋の表面にあるものの数が少なくなると明らかに部屋の印象が「スッキリ綺麗」になるんですよね。

部屋がわかりやすく綺麗になると、ものを捨てることの達成感を味わえるし、ものが少なくなるメリットをその場で実感しやすい。

モチベーションをあげるために、ものを捨て始めるのは、部屋の表面からとりかかることが多かったです。

捨てるコツ9:ジャンル別に行う

ある程度ジャンル別にものがまとまっているなら、服なら服だけ、文房具なら文房具だけなどそのジャンルを徹底的に不要なものを捨てていくのもおすすめです。

ジャンル別にまとまっていると、そのジャンルの持っている数がはっきり分かります。

また、持っているアイテム について同じようなデザインと持っているな~とか、これはいつも使っているけど、あれは全然使ってないな~など同じジャンル内で「もの」について考えやすいです。

ただし、ものの数がありすぎてジャンル別に収納出来ておらず、あちこち散らばっている場合はあまりおすすめしません。

同じジャンルのものをを探して集めるだけで大変でやる気が失せてしまいかねません。

捨てるコツ10:数の少ないジャンルのものから始める

もともと数が少ないジャンルのものは、作業がすぐ終わるので始めやすく、捨てることのスタートダッシュとしておすすめ。

また、数が少ないジャンルは、自分にとって不要必要なものかどうかがよく分かっている場合も多いので作業がすぐ終わります。

捨てるコツ11:やりたいジャンルからやる

服がたくさんあるから、ここから手をつけてスッキリしたい!など明確にやりたいところがあるなら、そこからやるのがベスト。

やる気のあるうちからやりたいところをやるのが、1番効率がいいです。

捨てるコツ12:捨てる数を決めてやる

ものを捨てることを始めて間もないころや、ものの数がたくさんありすぎてどこから手をつけたらいいのか分からないというときにおすすめなのが、捨てる数を決めてやること。

今日は30個捨てるぞとか1時間以内に10個捨てるなど、個数を決めることでゲーム感覚で楽しくものを捨てられるようになります。

注意したいのが、必死になって10個捨てなきゃいけないと思って、無理にものを捨てることはおすすめしません。

ちゃんと出来る限り不要か判断か判断したうえでやらないと、捨ててしまったことを後悔したり、ものを捨てることが嫌になって続かなくなってしまいます。

捨てるコツ13:今を基準に考える

基本的に、今の自分にとって必要かどうかを、考えてものをもつようにしています。

過去の自分にとっては必要だったけど、今の自分にはいらないものはできる限り手放します。

もしかしたらいつか使うかもしれないというものは、はっきり明確に使う場面がイメージできるものだけ残すようにしました。

捨てるコツ14:迷った時の捨てる基準を作る

捨てることをに慣れてきたら、捨てようか迷ったときの捨てる基準を作るようにしました。

自分がちゃんと納得できる理由をもとに、捨てるべきものの基準を作ることで、どんどんものが捨てられるようになりました。

捨てるコツ15:生活の行動の無駄を見つける

もう捨てるものがないなぁと行き詰まった時に、わたしがよくやっている方法。

一日の生活の中で自分の行動の無駄を探してみる。

すると、行動の改善はもちろん、不要なものを見つけ出すことができます。

例えば、わたしは新婚当初毎週 キッチンマットを洗うのがおっくうでした。

なんとかこのキッチンマットを洗う作業をやらない方法はないかと考えたところ、なくしてしまえばいいんだという結論に。

それ以来キッチンマットは使わなくなり、買うこともなくなりました。

また、洗面所にあるゴミ箱をいちいち動かして掃除機かけて戻すという作業が面倒くさかったので、思い切ってゴミ箱をなくしてみました。

結果、案外なくても慣れれば平気なもので、掃除の手間が省けてよかったです。

こんなふうに自分の嫌なこと、面倒なこと、もっとラクしたいなということをあげてみる。

どうすればその行動をラクできるかを考えてみると 、不要なものが見つけやすく捨てやすくなりました。

捨てるコツ16:無理して捨てない

不要かもな~と捨てようか迷っていてどうしても捨てられないものって必ずあります。

そういうものは無理に捨てることはしないようにしています。

無理に捨てて、捨てたことに後悔をしてしまうと、捨てることにマイナスなイメージがつき、捨てることを積極的にやれなくなってしまいます。

捨てることが嫌になると、どんどんものは増え続ける一方。

そんなことにならないためにも、捨てようか迷ったときは一時的に保管する箱にとりあえず入れておくようにしています。

使うときがあればそこから出して使い、保管したまま1年経ったら捨てるようにしていました。

《まとめ》捨てるコツを続けたら、めんどくさがりでもミニマリストになれました。

以上、あふれたものの暮らしから脱出し、ミニマリストになれた主婦の捨てるコツでした。

ものを捨て続けるためのコツは、はじめの一歩を踏み出しやすくすること。

何かをやるときに一番大変なのが、「始めること」。

めんどくさがりのわたしにとっては、重い腰を上げて何かに取り組むそのはじめの一歩が一番難しいんですよね。

その1歩を乗り越えてやってみると、実際はそんな苦ではなくてついつい時間を忘れてやってしまったりということが多いもの。

いかに自分がその一歩を踏み出しやすくするか、ものを捨てられるように自分を仕向けられるような工夫をするようにしています。

やる気が出ない時は、5分10分だけと少し短めに時間設定をして始めると作業が集中して捗ります。

時間設定しても、やり始めるともっとやりたくなるのが不思議なところ

私の場合、結局その設定した時間以上やることになっていることがほとんどでした。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アイキャッチ画像:acworksさんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク
おすすめの記事