30代ミニマリスト主婦のメイク。選び方と方法。ポーチの中身をすべて公開
スポンサーリンク

30代美容健康オタクミニマリスト主婦のメイクコスメをすべてご紹介します。

こんにちは!メイクコスメ大好きみえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

美容健康オタクなミニマリスト主婦であるわたしのメイクコスメは、必要最低限。

数は少ないですがどれもお気に入りのものばかりなので、常に満足できるメイクができています。

今回は、30代美容健康オタクなミニマリスト主婦みえりんごのメイクコスメの選び方、愛用しているメイクコスメをメイク方法と合わせてご紹介します。

記事の内容がすぐ分かるもくじ

スポンサーリンク

30代ミニマリスト主婦のメイクアイテムの選び方

美容健康オタクな30代ミニマリスト主婦のメイクコスメの選び方です。

肌への優しさとメイクの仕上がりのバランスが良いものを選ぶ

肌への優しさを考慮した配合成分とメイクの仕上がりのバランスに関しては、メイクコスメを選ぶ際に最も重要視していることです。

肌への負担を考えるとメイクしないことが1番。

ただ、メイクが大好きなわたしにとってメイクコスメを使用しないという選択肢はありません。

でも、できるだけ健康的な美肌になりたいという思いも捨てられない。

なので、私は極力肌への負担を考慮した優しい成分でできたメイクコスメを選ぶようにしています

例えば、肌のバリア機能(乾燥や外からの刺激から守る肌自身の働き)を壊す合成界面活性剤やお肌の常在菌が住みにくくなる合成ポリマーが入っていないものをできる限り選ぶようにしています。

しかし、肌に優しいだけでメイクの仕上がりが自分にとって納得いかなければ、メイク本来の目的が叶わずメイクをする意味がありません。

今まで使ってみて分かったんですが、肌への優しさを考慮した成分のコスメって、成分にこだわりすぎているせいかメイクの仕上がりが良くないものが多い。

逆にメイクの仕上がりや発色を重視しすぎると、ケミカルな刺激の強い肌負担の大きいものになってしまう。

満足なメイクをするためにも、どちらにも偏りすぎず、肌への優しさとメイクの仕上がりの良さとのバランスが良いものを選ぶようにしています。

石鹸だけで落とせるものを選ぶ

肌への負担が大きいのがクレンジング。

クレンジングには、外部からの刺激と乾燥から守る肌のバリア機能を壊してしまう合成界面活性剤がたっぷり入っているものがほとんど。

バリア機能を壊してしまうクレンジングをやめるだけでも、肌への負担はぐっと減らすことができます

また、クレンジングをすれば、洗顔料での洗顔も必要で2回顔を洗う必要があります。

洗顔=顔をこする行為なので、石鹸だけで落とせるメイクだと、肌を傷つける行為である「こすること」を減らすことができます。

また、洗顔の回数が減ることは時間の節約になります。

自分に合ったもの、好きなものを選ぶ

メイクコスメってたくさんの色やバリエーションを買っても、たいてい使うのは買った最初の方だけ。

新しいものは使い続けていくと飽きてしまい、結局自分のお気に入りにいつも戻ってしまうんですよね。

たくさんのメイクコスメを持っていても、メインで使っているものを数えてみるとほんの少しだけだったりします。

メイクコスメをたくさん買っていたころは、使い切れずに捨ててしまうものがほとんどでした。

今考えるとすごくもったいないし、お金と買い物にかける時間の無駄遣いをしていたなぁと後悔してます。

メイクコスメをしっかり使い切るためにも自分に似合う好きな色、アイテムだけを選ぶようにしています。

本当に好きなものを使っていると、いつも同じメイクでも自然と気分も上がります。

開封後長く使えるものを選ぶ

肌への優しさを考えたミネラルコスメなどのメイクコスメは、開封後の使用期限が短いものが多いです。

わたしの場合、普段はバッチリなフルメイクはしないので、たまにしか使わないメイクコスメも多かったりします。

1つのメイクコスメを長く使うためにも、使用頻度に合わせて開封後の使用期限ができるだけ長いものを選ぶのようにしています。

1アイテムにつき1色だけを選ぶ

メイクコスメの数を少なくするためにも、1つのアイテムに1色、多くても2色までしか持たないようにしています。

1つしか買わないと決めることで、本当に自分に似合う色はどんな色かしっかり考えたりするようになり、自分に似合うメイクコスメ選びの腕が磨かれました。

スポンサーリンク

30代ミニマリスト主婦のメイク方法の基本

30代美容健康オタクなミニマリスト主婦のメイクをするうえでのポイントです。

ベースメイクとしてのスキンケアはしっかりと

一般的なイメージとしては、スキンケア化粧品は美肌のためのお手入れに使うもの。

しかし、実際はスキンケア化粧品の役割としてはあくまで美肌を育むためのサポート程度で効果としてはごくわずかです。

そもそも肌には、肌自らを美しく健康に保つ働きを持っています。

例えば、乾燥や外からの刺激から肌を守るバリア機能(2種類の保湿成分を含む肌表面の角質層の働き)が備わっていたり、ターンオーバー(新しい皮膚を作り出し、古い皮膚と入れ替わる肌の新陳代謝)のしくみがあったり、肌に住み着いている常在菌はカビや雑菌から肌を守ってくれています。

このような美しく健康に保つ肌自身の働きを邪魔せずに最大限引き出すためには、健康な肌にとっては異物であるスキンケア化粧品は基本的につけないのが一番。

ただし、ストレスや環境の変化などにより体調が優れなくなると、お肌のバリア機能も当然弱まります。

バリア機能が弱ると、肌は乾燥しやすくなったり外からの刺激やダメージを受けやすい状態に。

また、弱ったバリア機能により肌の水分が蒸発してしまうことで、皮膚は危ないと感じてターンオーバー(新陳代謝)のスピードアップして本来の流れを乱して肌のくすみの原因に。

このように弱っている肌を外からの刺激から守り肌の働きをしっかりサポートするためには、スキンケア化粧品で保湿をすることが必要なのです。

しかし、基本的にスキンケア化粧品はつけるメリットよりもデメリットの方が大きい場合が多いです。

スキンケア化粧品には、肌の刺激や負担となる成分がたくさん入っていたり、一見優しそうにみえる植物エキスは肌に刺激や負担となる溶剤をたっぷり使って抽出していたり・・・。

そもそも肌に良いとされて配合されている美容成分自体が、人によっては刺激となる場合もあります。

また、化粧品によく使われるオイルは、時間が経てば必ず酸化して肌に刺激を与えます。

このような点から、美肌にとって必要なスキンケア化粧品は、外からの乾燥や刺激から肌を守るための最低限の保湿と、肌老化の大きな原因となる紫外線を防ぐ日焼け止めだけを塗っていればOKというのがわたしのスキンケア化粧品の付き合い方になっています。

ただし、スキンケア化粧品は、「一時的に美肌に見せる」役割としては優秀。

スキンケア化粧品はあくまで「化粧品」であるため、肌を育てる役割というよりはベースメイクとして一時的に美肌を「演出する」役割の方が大きいのです。

スキンケア化粧品でしっかり肌を保湿することで、プルプルした自然なツヤ感を演出します。

ちなみに、わたしが使っている保湿化粧品は、ブルークレールの美容液「リペアモイストWエッセンスⅡ」とワセリンのサンホワイト。

ブルークレール美容液、モイストWリペアエッセンス

ブルークレールは、無添加とオーガニックに徹底的にこだわった国産スキンケア化粧品。

高品質な美容成分を豊富に配合するだけでなく、化学剤不使用であったり、キャリーオーバー(全成分表示義務のない間接的に使用している化学成分など)に配慮して独自抽出までしているほどのこだわりぶり。

ブルークレールは、スキンケア化粧品を使うことで負担となる肌のデメリットをしっかり抑え、メリットを最大限に引き出すための努力がほんとにすごいです。

そんなブルークレール化粧品の美容液「リペアモイストWエッセンスⅡ」は、配合成分48成分すべてが美容成分というスーパー美容液。

抗シワ試験・顔色のトーン差(色差)試験を実施済みで、医学雑誌の掲載歴も。

リペアモイストWエッセンスをつけてからメイクするのとしないのとでは、ベースメイクの仕上がり具合が雲泥の差です。

スキンケア化粧品は、肌を一時的に美肌に「見せる」点だけが突出していて、メリットは小さく肌への負担が大きいものがほとんど。

リペアモイストWエッセンスⅡの場合、スキンケア化粧品のデメリットを最低限に抑えながら、美肌のコンディションサポートや肌を一時的に美肌に見せる点などメリットが最大限に引き出されており、優秀さはトップクラスなスキンケア化粧品

しかし、化粧品は人によって合う合わないがあるため、いきなり購入するのは勇気がいりますよね。

ブルークレール化粧品の初めてのお試しには、トライアルセットがおすすめです。

ブルークレールの国産オーガニック化粧品のトライアルセットは「リペアモイストWエッセンスⅡ」など商品ラインナップ10点(通常10,900円相当)が85%割引の1,580円で試せてかなりお得

ブルークレールオーガニックコスメトライアルセット中身

わたしも、ブルークレールの美容液と日焼け止めの最初のお試しとして、ブルークレールの国産オーガニック化粧品のトライアルセットを購入しました。

高品質なオーガニック化粧品が盛りだくさんで、ほんとにお得なセットになっています。

ちなみに、ブルークレールの日焼け止めも使い心地最高。

決して値段は安くはないですが、この日焼け止めを使うと他の日焼け止めは使いたくなくなります。

ちなみに、リペアモイストWエッセンスⅡの値段は8,800円(税込)と決して安いものではありません。

しかし、もっと安く購入できる方法があります。

それは、楽天市場で購入すること。

楽天市場でのポイント還元率は1%ですが、楽天サービスを利用するほどポイント還元率がアップするSPU(楽天スーパーポイントアッププログラム)や月1回程度行われる「お買い物マラソン」や「楽天スーパーセール」などの買い回りキャンペーンを利用すれば、最大40%を超える還元率も可能です。

実際はわたしは、いつも楽天市場で購入して約20%のポイント還元を受けられています。

つまり、実質8,800円リペアモイストWエッセンスⅡが、(8,800円×(1-20%)=)7,040円で購入出来ていること。

わたしの場合、リペアモイストWエッセンスⅡはメイク前の朝しか使わないため3ヶ月はもつので、1月にかかる費用は7,040円÷3=2,347円となります。

ちなみに、リペアモイストWエッセンスⅡを塗った後に「ふた」として愛用しているサンホワイトは、高品質の白色ワセリン100%。

ワセリンはオイルと違い酸化する速度が格段に遅く肌を刺激しにくく安全性が高い優秀スキンケア。

少量でもしっかり肌を乾燥から保護してくれます。

サンホワイト

サンホワイトは1本1,000円程度。

1回に米粒ほどの少量しか使わないので1年はもつので1月にかかる費用は1,000円÷12=84円とコスパが最高。

わたしの保湿用スキンケア化粧品にかかる費用は、2,347円+84円=2,431円。

各1本3,000円する化粧水、美容液、乳液をライン使いで3ヶ月使用しても、1月分にかかる保湿スキンケア化粧品の費用は3,000円。

このように考えると、1本8,800円の美容液を使っているにもかかわらず、わたしの保湿スキンケア化粧品にかかっている1月の費用は意外にリーズナブルです。

薄めのナチュラルメイクを心掛ける

年を重ねるごとにメイクは薄めを心掛けています。

必要以上にメイクを濃くしてしまうと老け感が増し、崩れ方も汚いです。

薄いほうがナチュラルで若々しく見えるし、崩れたときもきれいに崩れます。

自分の顔をよく知る

自分はいったいどういう顔なのか知ることは、メイクをする上でもっとも大切です。

わたしの場合、面長、目と目が離れている(ソフトな印象)、まぶたが広い(地味顔)など自分の顔を分析。

少しでも美人顔に近づけるために、目と目、目と眉との距離を近づけるようなメイクをしたりしています。

このように自分の顔を分析してよく知ることで、どのようなメイクをすればいいかが分かります。

自分の顔を分析するには、ゴールデンバランス美人メイクのきほん あなたがいちばんキレイになる黄金比をつくるメイク [ 西島悦 ]が分かりやすくておすすめです。

自分はどのような顔立ちなのか客観的に判断でき、美人顔に近づけるためにするべきメイクが簡単に分かります。

顔のパーツを中心に寄せる

美人顔の条件は、顔のパーツが中央に寄っていること

わたしは、もともと薄い顔立ちで目と目の間も広めで、顔の形も面長。

年齢を重ねると重力によって下に引っ張られて、目より下のパーツが下になったり顔全体が自然と面長になり老けた印象に。

少しでも美人顔に若々しい印象にするために、目と目のの間を近づけたり唇を上にもってくるようなメイクをしたりと、顔のパーツを顔の中心に寄せるようなメイクを心掛けています。

立体感を出す

美人顔のもう1つの条件は、頬骨が高いなど顔に立体感があること。

クマができる下まぶたの部分にハイライトなどで光をだして高い頬に見せたり、まぶたにアイシャドウを塗って掘りを作るなどして顔が立体的になるようなメイクを心掛けています。

メイクをするためのテクニックを磨く

どんなに高級で良いメイクコスメを使うより、メイクテクニックを磨くことの方が自分に似合ったキレイなメイクをするには重要。

わたしの場合、時間に余裕があった20代前半の頃は雑誌などで新しいメイクの方法を常に得るようにしていました。

しかし、時間に余裕がなくなり年を重ねるごとにだんだん新しく知識をつけることもなくメイクは自己流に。

自己流になると、得た知識が何年も前のものなのでメイクもだんだん古臭くなりおばさんメイクになったり、上手にメイクができなくなっていきました。

少しでも若々しく綺麗でいるためにこのままじゃいけないと改めるようになり、メイクテクニックを定期的に学ぶように。

実際に読んでみて、学ぶことがたくさんあったおすすめのメイク本はこちらの2冊です。

当記事でも、この2冊の本で学んだメイクテクニックをご紹介しています。

スポンサーリンク

30代ミニマリスト主婦のベースメイク(3点)

ベースメイクは、目頭からこめかみまでの頬骨の高いところまでにあたる「美肌ゾーン」を重点的にカバー。

ベースメイクは「美肌ゾーン」さえしっかりメイクすればOKなことを完全ビジュアル版 テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる 年代・流行・場所を問わない「一生モノの好感度メイク」 (講談社の実用BOOK) [ 長井 かおり ]で学びました。

視線の集まりやすいこの「美肌ゾーン」をしっかりメイクすることで頬が高く見え、顔全体の印象がキレイに見えます。

女性の顔

逆に美肌ゾーン以外の部分でしっかりメイクしてもさほど効果がないので、他の部分はさっとメイクする程度に。

すると、顔と首の色が違いすぎて白浮きすることも防げます。

また、スキンケア化粧品で作ったツヤ感を壊さないように、パウダーメイクは薄めにしてテカリを抑えるくらいにしています。

【ETVOS(エトヴォス)】ミネラルコンシーラーパレット

エトヴォスのミネラルコンシーラーパレットは、買って良かったベストコスメの1つ。

エトヴォスのミネラルコンシーラーパレットで、クマ、シミや小鼻、頬の赤みをカバーするだけで、肌がほんとにキレイに見えます。

エトヴォスコンシーラーパレット

3色入っているので、そのままの色で使うのはもちろん、混ぜて自分の好みに色を作ることも可能。

ミネラルコンシーラーパレットのおかげで、クマ、シミ、毛穴、赤みなどあらゆる肌の悩みをカバーできています

クマには、真ん中のオレンジベージュ→一番下のナチュラルベージュの順に、シミや小鼻周辺には一番上のオークルベージュ、頬の毛穴や赤みには一番下のナチュラルベージュを使っています。

ちなみに、オレンジ色は肌のくすみをとばして自然に肌を明るく見せる効果あり。

柔らかいテクスチャーで肌馴染みも良く、仕上がりも良く使いやすいコンシーラーです。

【ETVOS(エトヴォス)】ナイトミネラルファンデーション

ミネラルコンシーラーパレットでクマ、肌のシミや毛穴などの肌の欠点をカバーした後に、エトヴォスのナイトミネラルファンデーションを使っています。

エトヴォスのナイトミネラルファンデーション

薄くつけるだけで、なぜか肌がきれいに見える不思議なパウダー下地

お肌にほどよいツヤ感を与えてくれます。

余分な皮脂を吸収して、テカリを抑える効果も。

ブラシを使ってまず目の下と頬に塗ってから鼻と鼻回り、ブラシに残ったパウダーをそれ以外の顔部分にさっと薄く塗っています。

ちなみに、ナイトミネラルファンデーションが気になる方はエトヴォスのスターターキットがおすすめ。

ナイトミネラルファンデーションのほかにファンデーション、フェイスブラシ、スキンケア、ヘアケアアイテムのセット合わせて9点5,500円相当が、なんと3,520円OFFの1,980円(税込)で試せます。

フェイスブラシだけでも2,200円相当なので、これだけで「モト」がとれてしまうかなりお得なトライアルセットです。

【ETVOS(エトヴォス)】マットスムースミネラルファンデーション

エトヴォスのマットスムースミネラルファンデーションは、コンシーラー、ナイトミネラルミネラルファンデーションで肌を整えた後に使っています。

エトヴォスのマットスムースミネラルファンデーション

ナイトミネラルファンデーション同様、ブラシを使ってまず目の下と頬に塗ってから鼻と鼻回り、ブラシに残ったパウダーをそれ以外の顔部分にさっと薄く塗っています。

ミネラルファンデーションなのに、色としてのカバー力も程よくしっかりしていて肌の色ムラをきれいにカバー。

皮膜感のない優しい付け心地で、とても気に入っています。

マットスムースファンデーションもスターターキットでお試しができます。

マットスムースファンデーションやスキンケア、ヘアケアアイテムのセット合わせて9点5,500円相当が、3,520円OFFの1,980円(税込)でお得です。

ちなみに、もう少しリーズナブルなミネラルファンデーションが良いなという方には、ヴァントルテのミネラルシルクファンデーションがおすすめ。

色としてのカバー力はほとんどなく薄付きでナチュラルな仕上がりなのに、なぜか肌が綺麗に見えるファンデーション。

肌への優しさを考慮した配合成分で、皮膜感もなく軽い付け心地です。

クレンジング不要で、石鹸でオフできます。

ヴァントルテのミネラルファンデーションのお試しには、トライアルセットがおすすめ。

トライアルセットでは、ファンデーションやパフの他にもスキンケアなどのヴァントルテの商品10種類3,900円(税別)分が、なんと51%OFFの1,900円でお試しができるのでかなりお得です。

51%OFFで試せる!ヴァントルテトライアルセットの詳細はこちらから↓シルクパウダーファンデーション

30代ミニマリスト主婦のアイメイク(7点)

わたしの目は、一重で小さい地味な目。

目と目の間が広く、まぶたの広さも広いです。

(自分の目の横の長さに比べて目と目の間が広いか狭いか、まぶたの広さは目の縦幅より広いか狭いかで判断)

少しでも美人顔に近づくように目を中心に寄せたりまぶたを狭くしたり、少しでも目が大きく見えるように目が縦長になるようなアイメイクを心掛けています。

【ETVOS(エトヴォス)】ミネラルアイバーム

エトヴォスミネラルアイバームは、くすみがちな目の周り、美肌ゾーンハイライトとして使っています。

エトヴォスミネラルアイバーム

色はシャンパンゴールドを使用。

指でポンポンと薄く肌にのせるようにつけています。

色はほとんどなく薄づきでラメ感も品があるので、アイシャドウとしてはもちろんハイライトにもぴったりです。

【ETVOS(エトヴォス)】ミネラルデザイニングアイブロウ

エトヴォスのミネラルデザイニングアイブロウは、ペンシルとパウダー、ブラシがついた便利な3in1タイプ。

絶妙な色合いでナチュラルな眉が描けます。(色はナチュラルブラウンを使用)

今はパウダーは使っておらず、ペンシルのみ使用しています。

エトヴォスミネラルデザイニングアイブロウ2

書き足すところは、眉の底辺と眉頭と眉尻だけ。

眉の底辺をしっかり書くことで、自然で立体的な眉が作れます。

眉は上げすぎると面長が強調されるので、目と並行でちょっとだけ上がりぎみに意識。

底辺は目のカーブに沿ってなだらかな曲線にして、目頭の下の部分と同じ高さのところで眉尻を終わらせるようにしています。

太さは黒目の半分~3分の2程度にすると、目立ちしすぎないナチュラルな眉になるそう。

また、眉は太め&短めの方が若く見えます。

また、眉と目の間は狭い方が目が大きく見えるので、眉を下に持ってくるような感じで眉の底辺の部分を書き足しています。

ちなみに眉頭を描いた後には、眉頭の部分に指をあてて眉頭にあるパウダーを鼻筋の脇に合わせて少し下の方にもってくるようノーズシャドウのようにして立体感を出しています。

【ETVOS(エトヴォス)】ミネラルクラッシィシャドー

エトヴォスのアイシャドウ「ミネラルクラッシィシャドー」は、旧タイプを合わせるともう何度リピートしたか分からないくらい愛用。

肌への優しさを考慮した配合成分と、上品なラメ使い・発色の良さが気に入っています。

色はロイヤルブラウンを使用。


まずは、写真左上の一番明るいベージュをまぶたのくぼみの部分に、次に左下のやや濃い目のベージュをブラシの大きい方でまぶたのくぼみの黒目の上から色をのせていきます。

(最初に塗ったところが一番色が濃く出るので、強調したい黒目から塗っています。)

ブラシに残ったやや濃い目のベージュパウダーは眉毛の底辺に沿って眉の下に塗って、自然な影を作って立体感を出します。

色を薄く塗ったところは引っ込んで見え濃く塗ったところは飛び出して立体感を出すことで、縦長の丸い目元に。

また、アイシャドウでまぶたに掘りを作ることで、目と眉の距離を狭めて目を大きく見せます。

アイラインを引いた後には、パレット右下の薄めのブラウンをアイラインをぼかすような感じでチップを使って塗っていきます。

さらに、パレット右下の薄めのブラウンを目の下の目尻の部分にも塗っていきます。

パレット左上の一番明るいベージュのアイシャドウを目頭の涙袋に沿って、薄いブラウンのアイシャドウで塗った部分を囲うように目尻までのせます。

程よいラメ感のある明るいベージュのアイシャドウを下まぶたをつけることで、白目をクリアにより大きく見せることができます。

ちなみに、一番濃いブラウンのアイシャドウはまぶたに使わないので、普段メイクの眉に使っています。

節約のために、アイシャドウ4色をしっかり使いきるようにしています。

【ETVOS(エトヴォス)】ミネラルスムースリキッドアイライナー

エトヴォスのミネラルスムースリキッドアイライナーは、リキッドなのにソフトな発色でナチュラルメイクにもピッタリ。

コシのある筆で、細い線も太い線も力を入れずにすっと書くことができています。

紀州備長炭の炭インクを使っているので、色素沈着しにくいところも嬉しい。

メイクした後長時間経っても、線がヒビ割れたりとれたりすることもなく仕上がりも文句なしです。

エトヴォスのミネラルスムースリキッドアイライナー

わたしは、目が腫れぼったいのでアイラインは結構太め。

わたしの場合、アイラインを引く前にビューラーでしっかりまつげをカールさせることで二重になります。

目があいたときに二重の幅の半分のところまでラインが見えるくらいまで引いています。

すると、程よくナチュラルに目がぱっちり大きく見えます。

不器用なのですごく綺麗に引けるわけではないので、アイラインを引いた後にはブラウンアイシャドウでぼかすようにしています。

目と目の間が離れているので、アイラインは目頭からしっかり引いて目を中心に寄せるようにしています。

リーズナブルな肌に優しい処方のリキッドアイライナーなら、トゥヴェールのミネラルアイライナーがおすすめ。

肌に優しい成分とメイクの仕上がりの良さ、使いやすさのバランスが抜群のリキッドアイライナーです。

【ETVOS(エトヴォス)】ミネラルロングラッシュマスカラ

フィルムタイプでにじみにくく、お湯でオフできるエトヴォスのミネラルロングラッシュマスカラ。

わたしのまつげには合わなくて、塗るとカールしたまつげが落ちてきてしまうため、使いきったら買い替えを検討中。

もったいないので、下まつげに使っています。

ミネラルロングラッシュマスカラ

下まつ毛にマスカラを塗ることで、目の位置の印象が本来の位置よりも下になり、目から口までの距離を狭めて若々しい印象の顔に。

ダイソーのつけまつげ

つけまつげはいつもダイソーのものを使用しています。

ダイソーつけまつげナチュラル

アイラッシュフィクサー(つけまつげ用のり)

つけまのりは何年もずっとアイラッシュフィクサーを愛用してます。

水や汗、涙に強いつけまつげ用のりです。

アイラッシュフィクサー

30代ミニマリスト主婦のリップメイク(2点)

リップメイクコスメはそんなにこだわりはありません。

年を重ねるごとに鼻の下が伸びてきている感じがするので、上唇はやや上にオーバーリップぎみに塗るように口の印象を本来の位置より上にくるようにはしています。

また、ちょっと気分を変えたいメイクをしたいな~というときには、リップの色を追加購入したりしています。

【ETVOS(エトヴォス)】 ミネラルルージュ

エトヴォスのミネラルルージュは、天然ミネラルと植物由来オイルでつくられています。

天然の着色料だけなのに発色が良く、程よいツヤ感もあって使いやすい

カラーは12色で、わたしはサクラベージュを使用。

エトヴォスのミネラルルージュは、どの色も大人女子メイクに合いそうなものばかりでいろんな色が欲しくなります。

長時間つけていても、唇がかゆくなったりせず付け心地もバツグン。

エトヴォスのミネラルルージュは、チークとしても使用。

手の甲にルージュを少しつけてそれをスポンジに広範囲にとり、笑ったときに盛り上がる頬の中心(美肌ゾーンの底辺に少しかからないくらい)に薄くつけて血色感を出しています。

ワセリンリップ

リップクリームにもグロスとしても使える便利なワセリンリップ。

唇につけると、程よいツヤ感が出ます。

お値段も安くて使い勝手も良くておすすめです。

30代ミニマリスト主婦のメイク道具

30代ミニマリスト主婦が使っているメイク道具です。

【ETVOS(エトヴォス)】フラットトップブラシ

エトヴォスのマットスムースミネラルファンデーションをつけるときに使っています。

エトヴォスのフラットトップブラシは、毛がとても柔らかくて気持ちいい。

不器用なわたしでもファンデーションがきれいにのせられます。

【ETVOS(エトヴォス)】フェイスカブキブラシ

エトヴォスのスタータキットについてきたフェイスカブキブラシは、ナイトミネラルファンデーションをつけるのに使っています。

エトヴォスカブキフェイスブラシ

フェイスカブキブラシは高級タクロン製のブラシで、人工毛とは思えない程優しい肌ざわり。

石けんで洗えるのでお手入れが簡単なところも嬉しい。

ちなみに、フェイスカブキブラシは2,200円相当なので、これだけでエトヴォスのスターターキットの金額(1,980円)を超えてしまいます。

エトヴォス、ほんと太っ腹。

エトヴォスのスターターキットには、フェイスカブキブラシの他にもファンデーションやスキンケア、ヘアケアアイテムのセット合わせて9点5,500円相当が、3,520円OFFの1,980円(税込)でお試しできるのでかなりお得です。

資生堂のビューラー

ビューラーはもう10年以上この資生堂のビューラーを使用しています。

パフ(チーク用)

ドラッグストアで購入したパフは、エトヴォスのミネラルリップをチークとしてつけるのに使用しています。

リップブラシ

エトヴォスのミネラルリップ&チークをリップとして使うときに、楽天市場で購入したリップブラシを利用しています。

リップブラシ

30代ミニマリスト主婦のメイクポーチ

メイクポーチはMIANのものを使用しています。

使用しているメイクコスメはすべてここに収納しています。

30代ミニマリスト主婦のメイクアイテム収納方法

小さいこどもがいる賃貸暮らしの我が家。

小さいお家ですが、こどもに触られないように無印良品の帆布バスケットなどを使ってメイクコスメの収納方法を工夫しています。

ミニマリスト主婦おすすめ。不要なメイクアイテムは売ってお小遣いにしよう。

不要になった化粧品の処分は、売るのがおすすめ。

不要な化粧品を処分しながらお小遣い稼ぎができるので一石二鳥です。

手間や時間かけずにできるだけラクに売りたいという人には、宅配買取がおすすめ。

化粧品買取リサイクルネットなら、プチプラコスメや使いかけの化粧品でも基本的に買取OKなので気軽に利用できます。

多少手間はかかってもできるだけ高く売りたいという人には、フリマアプリの「メルカリ」がおすすめ。

実際にわたしもメルカリを利用していますが、取引の方法は思った以上に簡単でストレスなく使えています。

今まで10点以上出品しましたが、数日であっと言う間に売れました。

30代ミニマリスト主婦はメイクだけでなくヘアケアも必要最低限

ミニマリスト主婦なわたしのヘアアイテムは、メイクコスメ同様必要最低限。

愛用しているヘアケアについてはこちらの記事に詳しく書いています。

ちなみに、美容健康オタクなミニマリスト主婦なわたしは、頭皮の健康のために「洗わない」ヘアケアを実践中。

頭皮の健康の面だけでなく、お金や時間、労力の節約にもなっています。

《まとめ》30代ミニマリスト主婦のメイクアイテムは全部で12点

30代美容健康オタクミニマリスト主婦のメイクコスメは、全部で12点でした。

メイクコスメすべて

メーカー別に見ると、ETVOS(エトヴォス)9点、そのほか3点となっています。

数は少ないですがお気に入りのものばかりなので、毎回同じようなメイクになっても満足。

満足度が上がると、ほかのメイクコスメに興味がなくなるので、美容費の節約にもつながっています。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アイキャッチ画像:acworksさんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク
おすすめの記事