肌断食はやめたほうがいい?30代主婦の感想は「ゆるく」がおすすめ。失敗から学んだコツ
スポンサーリンク

完全な肌断食をやってみた結果、ゆるい肌断食に落ち着きました。

美肌を目指す30代主婦みえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

美容費の節約にもなり、肌にも良い肌断食。

しかし、一方で肌断食はやらないほうがいいという意見もちらほら。

気になるし肌断食をやってみたいけど、今まで当たり前のようにやってきたスキンケアをやめるのにはちょっと抵抗がありますよね。

美容健康オタクなわたしは、30歳目前のときに肌断食というものを知りました。

肌断食を始めるのには少し勇気がいりましたが、実際に1年間まったくスキンケアをしない完全肌断食を実行。(※日焼け止めはしていました)

肌断食を実際にやってみた感想は、「肌断食はやって良かった!ただ、自分の肌と美容スタイルに合わせた取り入れ方が必要」だと思いました。

結果、今は肌断食をゆるく取り入れたシンプルスキンケアに落ち着いています。

今回は、1年間完全肌断食をやってみた30代美容健康オタク主婦の実際に感じた肌断食のメリットとデメリット、そして実際にやってみて経験や失敗から学んだ肌断食のコツについてご紹介します。

記事の内容がすぐ分かるもくじ

スポンサーリンク

やめたほうがいいと言われる「肌断食」。肌に良い理由は?

肌断食とは、スキンケア化粧品の使用をやめる美容法のこと。

スキンケア化粧品の使用を完全にやめる(乾燥がひどい時の少量のワセリンは許容範囲)、メイクはOKという方法が一般的なようです。

美肌のためにはスキンケア化粧品のお手入れが必須というのが世間の常識であり、わたしもそれが当たり前のようにして肌のケアをしてきました。

しかし、肌断食は今までの常識とはまったく逆の発想に基づく美容法。

スキンケア化粧品は肌の負担となるものであり、スキンケア化粧品をやめることで肌を健やかに保つという考えです。

スキンケア化粧品によるお手入れをやめる肌断食で美肌になる理由は、肌にはもともと美しく健康に保つ機能が備わっていること。

さらに、スキンケア化粧品に大きな効果はなく、肌負担となるデメリットがあるということ。

詳しくはこちらの記事に書いています。

そのため、肌負担となりうるスキンケア化粧品をやめる肌断食をすることで、肌自身の機能がしっかり働けるように導けるということなのです。

スポンサーリンク

肌断食はやめたほうがいい?したほうがいい?30代主婦の結論

20代前半のころは、スキンケア化粧品によるお手入れに必死だったわたし。

使用するスキンケア化粧品は20種類以上。

お手入れの時間は30分~1時間もかけているほどの過剰スキンケアをしていました。

そこからオーガニックや無添加化粧品が好きになり、その後シンプルスキンケアに興味をもち、肌断食という美容法を知ることに。

完璧主義なところがあるわたしは、スキンケア化粧品もワセリンもまったくつけない完全肌断食を1年続けてみました。

ちなみにメイクはほとんど毎日していましたが、石鹸でオフできるものを選択。

メイクを落とすために夜に石鹸だけは使っていました。

また、外に出るときには、日焼け止めはつけるように。

そんな完全肌断食を1年やってみた感想としては、「肌断食をやって良かった」ということ。

実際に肌断食をやってみたことで得られたものは、デメリットよりメリットの方がはるかに大きかったからです。

肌に関してはもちろんのこと、生活面においても良いことがたくさんありました。

ただ自分的に妥協できないデメリットもあったのも正直なところ。

そのため、デメリットをカバーしようと次にワセリンをプラスした肌断食も試してみることに。

その後には最低限のスキンケア化粧品だけを使う「ゆるい肌断食」とも言えるシンプルスキンケアもやってみました。

結果的にわたしに合っていたのは、最後にたどり着いたシンプルスキンケアで現在も継続しています。

わたしにとってシンプルスキンケアという方法は、肌断食の良いところを程よく得られ悪いところをしっかりカバーできるためトータル的に見て満足度が高かったから。

それでは、完全な肌断食を実際にやってみて分かった肌断食のメリットとデメリット、そして過剰スキンケアからでもスタートでき肌断食を続けられたコツをご紹介していきます。

スポンサーリンク

肌断食のメリット①肌の調子が良くなった

完全肌断食をやって良かったことは、肌の調子がよくなったこと。

1番明らかだったのが、吹き出物や大人ニキビが激減しました。

以前は、定期的にできていた吹き出物や大人ニキビがほとんどできなくなりました。

また、吹き出物ができても1週間もあれば、なにごともなかったかのようにきれいに消えていくように。

肌自身がもっている機能が、しっかり働いているのを実感することが多くなりました。

さらに、肌がふっくら柔らかくなりハリ感がアップ。

スキンケア化粧品で過剰ケアしていたころは、スキンケア化粧品のおかげで肌は常にしっとりツルツルしていました。

ただ、スキンケア化粧品を使わないと肌はすぐにガサガサに。

肌自体の柔らかさや弾力があまりありませんでした。

肌断食を続けていくと、スキンケア化粧品を何もつけていないのにもかかわらず、肌はふっくら柔らか弾力もしっかりしてくるように。

スキンケア化粧品で過剰スキンケアしていたころの肌と比べると、肌の柔らかさは全然違いました。

また、肌が強くなったおかげか、乾燥もしづらくなりました。

スキンケア化粧品でしっかりお手入れをしていた頃は、洗顔後すぐにスキンケア化粧品を塗らないと、皮がめくれて粉が吹いたりしてすぐに乾燥してしまう肌でした。

肌断食をするようになって数ヶ月ほどたつと、石鹸で洗顔した後にスキンケア化粧品を何もつけなくても、粉が吹いて乾燥することが少なくなるように。

肌断食をすることで、肌のバリア機能がしっかり働くようになったのかもしれません。

また、スキンケアをやめることで肌をこすることが減り、くすみにくくなったせいか肌も明るくなったような気がします。

ちなみに、私の一番の悩みである小鼻や頬の毛穴の開きに関しては、あまり変化はありませんでした。

肌断食をすれば、もしかしたら毛穴が小さくなるかなぁと期待してたので残念です。

肌断食のメリット②肌の不調がすぐ分かるようになった

スキンケア化粧品を使っていたころは、いつもお肌はしっとりつるつるプルプルでした。

当たり前のことで、スキンケア化粧品にはお肌をツルツルだと錯覚させるビニール膜のような成分が入っていたり、一時的に潤わせるので肌はしっとりツルツルします。

つまり、肌の調子が悪い時でもスキンケア化粧品をつければ、すぐにツルツルぷるぷるしっとりさせて肌をごまかすことができるということ。

スキンケア化粧品をつけない肌断食をすると、当然ながら肌はしっとりつるつるプルプルという感触はありません。

スキンケア化粧品でごまかしが利かない分、肌断食中の肌は触れるとすぐに調子がわかるようになりました。

例えば、わたしの場合サラサラしていれば調子が良い時、調子が悪い時は肌が乾燥してガサガサしたりします。

肌断食中は、そのままの素肌に触れる機会が多いので、肌の調子が悪い時が顕著に分かるようになりました。

肌断食のメリット③美容費が激減し節約できた

20代のピーク時には20種類以上のアイテムを使うほどの過剰スキンケアをしていたわたし。

スキンケア化粧品代だけでも、月に1万以上年間で12万円以上かかっていました。

肌断食を取り入れることで、使用するスキンケア化粧品の数はどんどん減少。

いつのまにかスキンケア化粧品を買う頻度も減り、美容費がかなり節約できるようなっていました。

完全肌断食をしているときには、年間にかかるスキンケア化粧品代は洗顔料と日焼け止めだけで1万円程度。

年間10万円以上の美容費の節約になっていました。

肌断食のメリット④時間に余裕ができた

スキンケア化粧品のお手入れに熱心だった20代のころは、夜は1時間、朝でも30分以上かけてお手入れしていました。

(夜はローションパックや美容パックをするからかなり時間がかかる・・・。)

完全肌断食中の肌のお手入れは、朝はぬるま湯洗顔のみ。

夜はメイクしていない日はぬるま湯洗顔のみ、メイクをした日はオイルでポイントメイクオフして石鹸で洗顔するだけ。

朝は1分、メイクオフする夜でも10分もあればお肌のお手入れは終わってました。

肌断食をすることで、肌のお手入れにかける時間が大幅に節約できるように。

お手入れの時間が短くなった分、時間に余裕が生まれました。

余裕ができた時間で、家族とゆっくり過ごしたり、自分の好きなことをしたりできるように。

朝夜ともに時間に余裕ができることで、心にもゆとりを持てるようになりました。

肌断食のメリット⑤無駄な労力がなくなった

過剰スキンケアをしていた20代の頃は、良いスキンケア化粧品を使えば美肌になれると思い込んでいました。

とにかく美肌になりたい!という思いから、スキンケアのお手入れに夢中に。

もっともっと美肌になりたいと、今自分が使っているものよりもっと効果の高い良いスキンケア化粧品がないか必死に探していました。

暇があれば美容雑誌やネットからスキンケア化粧品の人気や流行、新商品の情報収集。

目新しいものをを見つけては購入、それでも満足することはなくさらにもっと良いものはないか新しい商品を探し求める日々でした。

スキンケア化粧品を探したり買い物したりするのがが楽しいときももちろんありましたが、ずっと続けていくとだんだん疲れるんですよね。

また、新しいものに挑戦してばっかいるから、買って失敗することも多くてお金の無駄遣いになることもしょっちゅう。

スキンケア化粧品命だったころのわたしは、スキンケア化粧品を購入することに精神的にも時間もお金も消耗していました。

肌断食という美容法やスキンケア化粧品の本当の役割を知ったおかげで、スキンケア化粧品への執着はどんどん減少。

すると必要以上にスキンケア化粧品をリサーチしたりすることもなくなり、スキンケア化粧品探しに消耗することがなくなりました。

肌断食のメリット⑥スキンケア化粧品の収納管理がラクになった

スキンケア化粧品の数がたくさんあると管理だけでも大変。

数がたくさん増えれば、収納スペースも結構な場所をとってしまいます。

完全肌断食をすることで使用するスキンケア化粧品の数が減り、収納するスペースもコンパクトに。

管理がすごくラクになりました。

また、スキンケア化粧品がたくさんあると探すのも大変ですが、数が少ないおかげで探し物をすることもなくなりました。

肌断食のデメリット【1】メイクの仕上がりが良くない

完全肌断食をやめた一番の理由はこれです。

メイクをしない、もしくはメイクにこだわりがなければスキンケア化粧品をまったくつけない肌断食も続けられてたかもしれません。

ただ、わたしは美容好きでメイクも大好き。

肌断食中のスキンケア化粧品をまったくつけてない肌(日焼け止めは塗っている)にメイクすると、どうしても自分の納得のいく仕上がりになりませんでした。

例えば、クリームファンデーションを塗ると、うまくのらずに逆に毛穴が目立ったりしました。

パウダーファンデーションをのせると、クリームファンデーションよりはきれいに仕上がりましたが、どうしても粉っぽくなり肌の潤い感やツヤ感がまったくありませんでした。

化粧水などのスキンケア化粧品は、つけると肌を潤わせてプルプルした自然なツヤ感を演出してくれます。

メイク大好きなわたしには、メイクしたお肌にこのプルプルした潤い感やツヤ感がないのが気に入らず、いつの間にかそのことがストレスになっていました。

大好きなメイクがうまくできないというのはわたしにとって大きなデメリットであり、例え肌断食で肌がきれいになってもそのデメリットを受け入れることはできませんでした。

肌断食のデメリット【2】何も使ってはいけないと自分を窮屈にさせてしまう

完全肌断食をしているときは、日焼け止め以外のスキンケア化粧品を一切使いませんでした。

完璧主義なところがあるわたしは、肌断食を続けていくうちに、「絶対になんにもつけないようにしないといけない」という謎の義務感を感じるように。

肌断食の本来の目的は肌を美しく健康にすることなのに、いつのまにか「スキンケア化粧品をなんにも使わないこと」が目的になってしまっていました。

完全肌断食という謎の義務感に襲われ、スキンケア化粧品を全く使ってはいけないことに、なんだか勝手に窮屈を感じストレスになっていました。

30代主婦肌断食のコツ①スキンケア化粧品の数を減らす

時間もお金も手間もかかからずに、美肌になれる。

肌断食のメリットを知ると、すぐにスキンケア化粧品の使用をやめたくなります。

「よし!今日から肌断食をやろう!」と強く決意しても、いきなりスキンケア化粧品の使用を一切やめてしまうのはおすすめしません。

今までスキンケア化粧品でお手入れされ甘やかされてきた肌は、バリア機能など肌本来持っている機能が働きづらくなっている可能性が。

スキンケア化粧品漬けしていた肌から急にスキンケア化粧品を奪ってしまえば、肌は新しい厳しい環境についてなかなかついていけません。

また、スキンケア化粧品を全部やめてしまうと、本来の肌が丸わかりになります。

肌触りが良くなく、ツルツルもぷるぷるもしていない。

そんな肌を急に目の当たりにしてしまうと、肌断食を断念してまたもとのスキンケア化粧品漬けする毎日に戻ってしまうことにもなりかねません。

スキンケア化粧品を少しずつ減らすことで、弱っている肌でも、肌がもともと持っている機能を少しずつゆっくりともとに戻してあげることをサポート。

肌断食とうまく付き合っていきやすくなります。

わたしも、肌の状態を見ながら、スキンケア化粧品を減らしたり、使う回数を減らしたりということをコツコツと続けて完全肌断食につなげていくようにしました。

過剰スキンケアからシンプルスキンケアにするだけでも、肌に触れる回数が減り肌負担も比例して減っていくように。

20代の過剰スキンケアピーク時は、スキンケア化粧品を20種類以上使用していたわたし。

そこから洗顔、クレンジング、化粧水、美容液、乳液の5つだけに絞ることを目指して数を減らしていきました。

30代主婦肌断食のコツ②メイク化粧品の数を減らす

メイクは厚塗りすればするほど、肌に触れる・こする回数が増えます。

また、メイクが厚塗りになればなるほど肌にのせる化粧品の量も増えるため、当然肌への負担も大きくなりがちに。

肌を健やかに保つためにも、使うスキンケア化粧品の数を減らすと同時にメイク化粧品の数も減らすようにしました。

メイクは、長時間肌に直接のせ続けるもの。

メイク化粧品が肌に与える影響は意外にも大きいです。

肌のためにも、自分の肌や美容スタイルに合ったメイクコスメを選ぶようにしました。

自分に合うお気に入りのメイクコスメを選ぶことで、数が少なくても満足できるように。

するとメイク化粧品の数は自然と減っていくようになりました。

30代主婦肌断食のコツ③生活を整える

肌断食は、肌自身がもっている働きを引き出すことが最重要ポイント。

つまり、肌のもととなる栄養をしっかり摂り、体の機能がしっかり働いてこそ成立する美容法です。

体の機能がしっかり働き美しい肌作りのためには、やはり十分な睡眠、バランスの摂れた食事、適度な運動が基本中の基本。

ここをおろそかにして、美肌を手に入れることは難しいでしょう。

完全肌断食中は、内側から綺麗になることを特に意識して生活するようにしました。

30代主婦肌断食のコツ④朝の洗顔をぬるま湯だけにする

朝の洗顔料をやめて、ぬるま湯だけで洗うようにしました。

肌のダメージとなる過酸化脂質は水溶性のため、ぬるま湯だけでも落とすことができます。

ぬるま湯のあとに水でさっと洗うと、洗顔料を使わなくてもさっぱり。

洗顔料をやめることで、ゴシゴシこすることが減り洗顔がラクに時短にもなりました。

30代主婦肌断食のコツ⑤週に1回スキンケアをしない肌断食デーを作る

スキンケア化粧品の数を最低限まで減らすことができたら、次のステップへ。

スキンケア化粧品をまったく使わない「肌断食デー」を作るようにしました。

メイクをしない日だとメイクオフさえしなくていいので、1日家にいる休日を選んで週に1回肌断食デーに設定。

肌断食デーでは、1日まったくスキンケアをしないときの肌の状態はどんな感じなのかをしっかり観察するようにしました。

1日スキンケアしなくても意外に大丈夫だなと感じたら、肌断食デーを週に2回にするなど回数を徐々に増やしていくように。

肌はもちろんのこと内面的にも、肌断食に対する抵抗を徐々になくしていくようにしました。

30代主婦肌断食のコツ⑥毎日夜だけ肌断食する

週に数回の肌断食に慣れたら、毎日夜だけの肌断食を取り入れるようにしました。

就寝中は、肌など全身の細胞が修復され新しく生まれ変わる時間帯。

肌の再生がしっかりスムーズに行われるように、肌にとって異物となるスキンケア化粧品は夜寝る前には塗らないようにしました。

朝はメイクをしないといけないときが多いので、メイクのりを良くするためにもスキンケア化粧品でお手入れ。

朝スキンケア化粧品でお手入れすれば、メイクのりも良いし、夜スキンケアをしなくても肌の調子が悪いな~ということはあまりなかったので、夜だけの肌断食にはすぐに慣れました。

夜だけの肌断食に慣れてきたら、朝もスキンケア化粧品を使わない回数を徐々に増やして完全肌断食に移行していきました。

30代主婦肌断食のコツ⑦無理はしない

完全肌断食をする上で、大切なことは無理をしないこと。

自分の肌や体調、美容スタイルに合わせて、少しずつ過剰スキンケアをシンプルにしていくようにしました。

自分のペースで肌断食を取り入れるようにしたことで、結果的に完全肌断食をスタートさせ、1年間続けることができました。

30代主婦肌断食のコツ⑧冬など乾燥がひどいときは潤いを与えて保護する

完全肌断食をやって失敗したなと思うことは、乾燥がひどいときでも潤いを与えて肌を保護しなかったこと。

完全肌断食中、乾燥しがちな冬には、洗顔した後に粉がふいたりかゆみが出ることがありました。

でもなぜか「絶対にスキンケアを使わない」と決意を固くしていた当時のわたしは、肌が乾燥しまくっていても何にもつけずに過ごしていました。

何かつけるよりも何にもつけないほうが肌にとっては絶対良いんだと思い込んでいたのです。

しかし、肌が乾燥しすぎでかゆみが出るときには、ついつい手で触ってしまったり掻いてしまったりして、逆に肌にダメージを与えてしまっていました。

かゆみが出るほど肌が乾燥しているときは、我慢せずに肌に潤いを与えて保護してれば良かったなと後悔しています。

ちなみに、完全肌断食をやめた後、お手入れにワセリンだけを使う肌断食も1~2年ほどやってみました。

朝メイクするときだけ洗顔後にワセリンと日焼け止めを使用。

夜はメイクオフするための洗顔料だけを使う。

この肌断食スキンケアをやってみた結果は、完全肌断食のときよりも肌の調子は良かったです。

ワセリンで肌を保護しているおかげなのか、肌の乾燥に悩まされることがほぼなくなりました。

そもそも私たちの体はいつも健康なわけではなく、ストレスや環境の変化などにより体調が優れないときも少なくありません。

体調が悪い時には、バリア機能などのお肌の調子は当然弱まります。

また、冬は肌が乾燥しがちで肌のバリア機能が低下しがちなとき。

肌のバリア機能が弱ると、肌は乾燥しやすくなったり外からの刺激やダメージを受けやすい状態になってしまいます。

ワセリンを使った肌断食をやってみたことで、肌や体が弱っているときには、ワセリンやスキンケア化粧品によって肌を保護してあげることが必要であることを改めて実感しました。

また、肌になんにもつけない完全肌断食のときと比べると、ワセリンをつけたときの肌のほうがメイクのノリは多少良くなりました。

30代主婦肌断食のコツ⑧自分の美容スタイルに合わせて取り入れる

わたしの場合、なんにもつけない完全肌断食やワセリンだけを使った肌断食だと、メイクの仕上がりに満足できませんでした。

なんにもつけない肌やワセリンだけを塗った肌だと、ぷるぷるした潤い感や自然なツヤ感を演出することができなかったからです。

メイク大好きなわたしとしては、メイクの仕上がりを妥協することがストレスでした。

そのため、完全肌断食やワセリンだけを使用する肌断食を経験した後、メイクをする時だけ必要最低限のスキンケア化粧品をプラスするシンプルスキンケアを試してみることに。

結果的には、ゆるい肌断食とも言えるシンプルスキンケアがわたしにはぴったりで今も継続しています。

わたしのシンプルスキンケアの方法は、夜はスキンケアなし、朝はメイクをしないときはなにもしないもしくはワセリン・日焼け止めのみ、メイクをするときは化粧水と美容液、日焼け止めを使っています。

このように自分の美容スタイルに合わせて肌断食を取り入れることで、肌断食の良い部分をそこそこ得ながらも肌断食の悪い部分はしっかりカバー。

満足のいく自分流の肌断食ができるようになりました。

30代主婦肌断食のコツ⑨肌の状態はこまめにチェック

完全肌断食中、肌の状態はこまめにチェックするようにしていました。

スキンケア化粧品をしていない分、体調が悪い時などには肌の調子にも顕著にあらわれることが多かったです。

肌の調子が悪いと、もっと肌に良いものを食べよう、もっと睡眠をとろうと肌のための行動改善につなげることができました。

また、今日は肌の調子が悪いからスキンケアでちょっと潤いを与えようなど、その日の肌に合わせてスキンケアをプラスしたりもできます。

肌の状態が良くなっていることをチェックすることで、肌断食を挫折せず続けられやすくなりモチベーションもアップします。

30代主婦肌断食のコツ⑩不安な時は本を読む

肌断食が肌に良いという理屈は分かったけど、行動となるとまた別。

肌にはスキンケア化粧品が絶対必要であり、使えば使うほど肌に良いと信じてせっせとお手入れしてきたわたしのような人にとっては、スキンケア化粧品をまったく使わないなんて本当にこれで大丈夫なのかな?と肌断食中に不安になることもあるはずです。

完全肌断食中不安になったときに、わたしは肌断食に関する本を何度も読み返していました。

すると、やっぱりこの方法で良いんだ!と自信がつき肌断食を続けることができました。

肌断食中におすすめな本は、「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法 美肌には化粧水もクリームも必要ありません [ 宇津木龍一 ]

この本を読んだときは、今まで自分が当たり前にやってきたスキンケア化粧品の概念がひっくり返されるような衝撃でした。

お肌の基本的な働きや肌にとって良いこと悪いことなど、美肌を目指す人にとっては勉強になることが本当にたくさん書かれています。

あとは、最新版 肌断食 スキンケア、やめました [ 平野 卿子 ]もおすすめ。

実際の肌断食の体験談が紹介されている本で、肌断食に不安な時に勇気づけられました。

30代主婦肌断食のコツ⑪日焼け止めは使う

日焼け止めは紫外線から肌を守るために、基礎化粧品に比べてよりたくさんの添加物が入っていることが多く、肌にとって負担になりがち。

お肌にはもともと紫外線を吸収・反射してお肌へのダメージを防ぐバリア機能という働きがあります。

肌の働きと肌への負担を考えると、日焼け止めは塗らなくて良いという意見もちらほら。

確かに、肌がいつも健康な状態でバリア機能がしっかり働いていれば、日焼け止めは必要ないのかもしれません。

ただ、現代の女性の場合、ストレス、気温の変化、睡眠不足、栄養不足、運動不足などあらゆる要因によっていつでも肌の健康をキープすることはなかなか難しい状態。

体調が優れなくなると肌の健康も損なわれ肌のバリア機能も低下。

肌が弱っていると、紫外線によるダメージをしっかり受けることになってしまいます。

わたしの場合、毎日の生活習慣が規則正しいものではなく、ストレスを感じることも多いです。

肌が不安定な状態が多いわたしは、肌断食中でも日焼け止めは外に出るときはいつも塗るようにしていました。

日焼けを防いでくれる日焼け止めは、スキンケアの中でかなり重要視しているもの。

自分の肌や美容スタイルに合ったものを厳選して選ぶようにしています。

頭皮の肌断食「湯シャン」もやってみた。ロングヘア主婦の感想は?

頭皮の健康を考えてシャンプーを使わずお湯だけで洗う湯シャンもやったことがありました。

なんとかして3年ほど続いた湯シャンでしたが、あることがきっかけであっけなく終了。

今はシャンプーの回数を減らすヘアケアに落ち着きました。

《まとめ》肌断食はやめたほうがいいとは限らない。30代主婦はゆるく肌断食を継続。自分の肌や美容スタイルに合わせるのがおすすめ。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
スポンサーリンク
おすすめの記事