ポイント投資
スポンサーリンク

節約主婦のポイント投資による資産をご紹介します。

こんにちは!ラクにお金を増やしたい節約主婦みえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

資金0円でもポイントさえあれば投資ができる「ポイント投資」。

ポイントだけで購入すればたとえ資産が減ってもダメージが極めて少ないため、投資を始めてみたいという人にストレスなく気軽に始められるのが大きなメリットです。

ポイント投資といっても、会員登録だけでできるものから、証券口座を開設して投資するものなどいろいろあります。

ラクにお金を貯めたい節約主婦のわたしがやっているポイント投資は4つ。

・楽天スーパーポイント(楽天証券)

・Tポイント(SBI証券)

・ポンタポイント(StockPoint for CONNECT)

・PayPayボーナス(ボーナス運用)

今回は、ラクにお金を貯めたい節約主婦のポイント投資の実績についてご紹介します。

スポンサーリンク

高実績を目指すためにポイント投資で気をつけていること

ポイント投資は、ほんとに種類がたくさん。

いろいろ調べるほどどれにしようか迷ってしまい、いろんなポイント投資をやりたくなってしまいます。

しかし、いろいろ手をつけてしまっては管理が大変に。

また、投資の基本として、投資資金の金額が大きくなるほどお金を生み出すパワーは大きくなります。

効率よくラクにお金を増やしたいわたしは、できるだけ数をしぼってポイントを貯めてポイント投資するようにしています。

できるだけ手間や時間をかけずに自分が貯めやすいポイントを厳選して、ラクにしっかり貯めています。

スポンサーリンク

ポイント投資実績ブログ公開

ポイント投資全体の実績をまとめました。

ポイントだけでも15万円近い資産を作ることができました。

ポイント2021.6
ポイントグラフ2021.6

ラクにお金を増やしたい節約主婦のわたしとしては、ポイント投資はほんとありがたいです。

スポンサーリンク

ポイント別投資実績ブログ公開①楽天スーパーポイント

我が家のメインのクレジットカードである楽天カード、楽天市場でのお買い物、楽天銀行利用、楽天証券の投資信託の保有などでみるみる貯まっていくのが楽天スーパーポイント。

楽天スーパーポイントは本当に貯めやすい。

一度貯まる習慣を作ってしまうと、いつのまにかどんどん貯まっていきます。

我が家のポイ活のメインであり、ポイント投資も楽天スーパーポイントが主。

楽天スーパーポイントを使って、楽天証券の特定口座で投資信託を購入しています。

投資信託とは、株式や債券などいろんな商品を1つにまとめた金融商品のこと。

投資信託はリスクが小さいながらも、時間をかけてコツコツ積み立てればある程度の大きなリターンが期待できます。

[課税口座の種類]

・一般口座
年間取引報告書が発行されないため、自分で年間の利益や損失を計算して確定申告をする必要がある

・特定口座
年間取引報告書が発行されるため、年間の利益や損失の計算の必要なし。
特定口座では、源泉徴収あり(確定申告不要)と源泉徴収なし(確定申告必要)の2種類から選べる

特定口座や一般口座で投資信託を購入して得た利益(配当金や売却益)には、20.315%の税金がかかります。

ちなみに、投資信託の購入を始めるなら、非課税口座のつみたてNISAがおすすめ。

つみたてNISA口座において購入した投資信託で得た利益に対して税金がかからないのでかなりお得。

しくみもシンプルで分かりやすく投資初心者でも使いやすいです。



楽天証券のポイント投資の注意点としては、楽天証券のポイント投資で使える楽天スーパーポイントは通常ポイントのみ。

期間限定ポイントは、ポイント投資には使えません。

ちなみに、期間限定ポイントの消費には楽天ペイがおすすめ。

楽天ペイならリアル店舗でポイント消費ができ、さらにポイント使用だけでも金額の1%の楽天スーパーポイントがもらえます。

楽天証券でのポイント投資は証券口座を開設する手間はかかりますが、証券口座の開設は銀行口座を作るような感覚で難しいものではありません。

楽天証券では、お金の代わりに楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入することができます。

選べる投資信託の種類も豊富で、投資信託の多くが100ポイントから購入可能。

特定口座などの課税口座だけでなく、非課税口座のつみたてNISAやNISAでも楽天スーパーポイントが使えます。

増えた資産は現金としてもらえ、ポイントの現金化としてもおすすめです。

ちなみに、楽天証券では楽天銀行等の併用で保有している投資信託10万円ごとに4ポイント毎月もらえたり、ポイント投資利用で楽天市場でのポイント還元率が1%アップと「ポイントがポイントを生み出す」しくみもあり。

他にも楽天カードで投資信託の積立購入可能(月5万円まで購入金額の1%のポイントがもらえる)、楽天銀行の金利が0.1%にアップなどほんとにたくさんメリットがあります。

ラクにお金を増やしたいわたしとしては、楽天証券は欠かせないものの1つとなっています。

わたしが楽天スーパーポイントを使って購入している投資信託は、eMAXISSlim全世界株式(除く日本)。

eMAXISSlim全世界株式(除く日本)
購入手数料 なし
信託報酬年0.1144%
信託財産留保額なし
償還日無期限
投資対象先進国株式・新興国株式

日本を除く先進国や新興国のいろんな株式を組み入れたインデックスファンドです。

インデックスファンドとは?
日経平均株価などの指数に連動した成果を目指して運用されるいわゆる「平均点狙い」の投資信託のこと。平均点狙いのため手数料が安いのが特徴。
一方平均以上の成績を目指して運用される投資信託のことは「アクティブファンド」と言う。アクティブファンドは手数料が高め。

楽天スーパーポイントを使ったポイント投資の実績をまとめました。

ポイントだけでも資産額を100,000円を超えることができています。

楽天2021.6
楽天グラフ2021.6

資金0円でもポイントだけでここまでお金を増えるしくみを作れるというのは、ポイント投資の強みと言えますね。

ポイント別投資実績ブログ公開②Tポイント

ウエルシアグループのドラッグストアや新生銀行、ポイントサイトで交換したTポイントを使ってポイント投資しています。

Tポイントは、SBI証券の特定口座で投資信託を購入しています。

Tポイント投資のメリットは、ポイントサイトなどで交換したTポイントでも投資ができること。

楽天スーパーポイントの場合は、他社で交換して獲得した楽天スーパーポイントはポイント投資できません。

SBI証券のTポイントを使ったポイント投資も、楽天スーパーポイントと同じように現金の代わりにポイントが使えるというタイプのもの。

Tポイントで購入した投資信託は、売却することで現金化することができます。

多くの投資信託が100円から購入ができ、投資信託のラインナップも楽天証券と同じくらい豊富。

ちなみに、SBI証券でも投資信託の保有残高に対してTポイントがもらえます。

月間平均保有金額に応じて、1000万円未満の場合0.1%、1000万円以上の場合には0.2%(年率)

例えば、月間保有金額が100万円の場合だと、(100万×0.001)÷365×30日=82ポイントもらえます。

ただし、私が購入しているeMAXISSlimシリーズなど特定商品などは半分の0.05%と商品によって付与率が変わります。

それでは、Tポイント投資の実績です。

わたしがTポイントで購入しているのは、eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)。

eMAXISSlim全世界株式(オール・カントリー)
購入手数料 なし
信託報酬年0.1144%
信託財産留保額なし
償還日無期限
投資対象日本を含む先進国、新興国の株式

順調に資産額は増え続けています。

Tポイント2021.6
Tポイントグラフ2021.6

ポイント別投資実績ブログ公開③Pontaポイント

我が家では、健康保険や水道料の支払いにリクルートカードを利用しているため、定期的に貯まるポンタポイント。

リクルートカードは還元率1.2%とクレジットカードとしてはトップクラスの高さ。

我が家のメインカードである楽天カードで光熱費を支払った場合、還元率は0.2%。

そのため、光熱費や国民年金保険料の支払いは、還元率の高いリクルートカードを使っています。

(※光熱費の支払いはパパのリクルートカードを利用しているため、貯まったポイントはパパが食事するときなどに消費してます。)

ポンタポイントは、StockPoint for CONNECTを使って運用。

ポンタポイントを運用ポイントに交換して、約100銘柄の中から投資先を選んで運用していきます。

運用ポイントは、ポンタポイントもしくは株式として交換可能。

株式に交換する場合には、証券口座の開設が必要です。

ちなみに、運用ポイントからポンタポイントに交換する際には1%の手数料がかかります。

極力ポイントを無駄にしないためにも、頻繁に引き出すのはおすすめしません。

StockPoint for CONNECTでのポンタポイント投資は、気軽に投資を体験してみたい、ポンタポイントの使い道がなくて困っているという人向き。

しっかり資産を増やしたいという人には、やはり楽天証券やSBI証券でのポイント投資がおすすめです。

それでは、ポンタポイントのポイント投資の実績です。

ポンタ2021.6
ポイントグラフ2021.6

ポイント別投資実績ブログ公開③PayPayボーナス

PayPayボーナスは、PayPayでお買い物をしたときやゾゾタウンなどPayPayモールで買い物したときに獲得しています。

PayPayは、うちの近所のダイソーで唯一使えるキャッシュレス払い。

また、お得なキャンペーンが開催されているときに、PayPayを積極的に使っています。

PayPayアプリからできるPayPayボーナス運用で、PayPayボーナスを使って投資しています。

運用先は、スタンダードコースとチャレンジコースの2種類のみ。

チャレンジコースアメリカを代表する複数企業の株価に連動して3倍上下するコース。

スタンダードコースアメリカを代表する複数企業に分散して運用するコースです。

運用して増えた分は、PayPayボーナスとして引き出すことができます。

実績はこちらです。

PayPay2021.6
PayPayグラフ2021.6

《実績ブログ公開まとめ》ポイント投資はラクにお金を増やすためのおすすめツール

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
スポンサーリンク
おすすめの記事