ワセリンのスキンケア歴5年。サンホワイトのデメリットやメリット。肌断食の相棒に便利。
スポンサーリンク

ワセリンスキンケア歴5年。美容健康オタク主婦がサンホワイトのメリットとデメリットをご紹介します。

こんにちは!見た目年齢マイナス10歳を目指す30代美容健康オタクみえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

顔のスキンケアに愛用しているワセリン。

20代のころは過剰スキンケアをしていたわたしでしたが、「肌断食(スキンケアをしない美肌法)」を知り、今はゆるい肌断食とも言える「シンプルスキンケア」をしています。

肌断食をやっているころから今のシンプルスキンケアに至るまで、ワセリンを使い続けて約5年ほど経ちました。

ワセリンは使い勝手が良く、コスパも良し。

美容費を節約しながらも肌ケアもおろそかにしたくない。

そんなわたしのワガママを満たしてくれている、お気に入りのスキンケアアイテムとなっています。

わたしが愛用しているワセリンは、高純度ワセリン100%の「サンホワイトP-1」。

顔につけるものだからこそワセリンにもこだわりたいと思い、サンホワイトP-1を使い続けています。

今回は、美容健康オタクな30代主婦のサンホワイトP-1を使ってみて分かったメリットやデメリット、使い方のコツについてご紹介します。

記事の内容がすぐ分かるもくじ

スポンサーリンク

肌断食の相棒ワセリン「サンホワイト」だけのスキンケアをやってみた感想

一時期、サンホワイトP-1だけを使ったスキンケアをやっていました。

やってみた感想としては、わたし(混合肌)の場合、通常のお手入れなら洗顔後にサンホワイトP-1だけで十分。

ただ、メイクをするときのお手入れとしては、サンホワイトP-1だけだと物足りませんでした。

そのため、今は通常のお手入れのときにはサンホワイトP-1だけ、メイク前のお手入れには、化粧水と美容液を使ってからサンホワイトP-1を使ったお手入れをしています。

これが、メイクの仕上がりにもこだわりたい美容健康オタクなわたしにとって今のところ1番合っている方法になっています。

実際に使ってみて分かったサンホワイトP-1のメリットとデメリットについては、次項でご紹介していきます。

スポンサーリンク

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」のメリット①少量でもしっとり

サンホワイト

高品質ワセリン100%であるサンホワイトP-1は、少量でも肌はかなりしっとりします。

1回で使用する量は、チューブタイプで2~3mm程度。

乾燥がひどい冬場でも5mm程度使えば、私の肌には十分な量です。

ちなみにサンホワイトには、P-1のほかに、さっぱりタイプの「サンホワイトシルキーY-1」もあります。

スポンサーリンク

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」のメリット②値段が安い

サンホワイト(50g)の場合、わたしが購入しているおなかライフでは1,080円。

今まで使用してきた乳液やクリームと比べるととてもリーズナブル。

サンホワイトP-1をスキンケアに使用することで、美容費の節約にもなっています。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」のメリット ③いろんな使い方ができる

サンホワイトは、顔のスキンケアの保湿剤としてはもちろん、いろんな用途で使用しています。

例えば、唇にリップクリーム代わりに使ったり、ハンドクリームとして、またひじやかかとのかさかさな部分のボディケアに使ったり。

サンホワイトP-1は、1本あればいろんな使い方ができるのでとても便利です。

ちなみにわたしの愛用リップは、ワセリン100%のベビーワセリンリップ。

ワセリン

大きさと形状が使いやすくて気に入っています。

自然なツヤ感で、大人女子のわたしでも使いやすいです。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」のメリット④コスパが良い

サンホワイトP-1の値段と実際に使ってみた使用感から考えると、コスパはかなり良いです。

わたしのメイクをしないときの顔のスキンケアは、洗顔後サンホワイトP-1をつけるだけで十分事足りています。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」のメリット⑤少量から試せる

わたしが使用しているサンホワイトP-1は、チューブ型(50g)。

サンホワイトP-1は、チューブ型、ボトル型(400g)、平型(3g)の3つのサイズ展開。

平型(3g)の少量サイズがあるので、ワセリンを使ったことがないけど試してみたいという人でも気軽に試しやすいです。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」のデメリット 【1】みずみずしさはない

サンホワイトP-1は、肌につけるとしっとりはしますが、化粧水をつけたときのようなみずみずしさや潤い感はありません。

そのため、サンホワイトP-1だけだと、その後のベースメイクの仕上がりはいまいち。

やはりベースメイクをするときには、肌にみずみずしさがあったほうが綺麗に仕上がりやすいです。

ベースメイク前など肌に潤い感やみずみずしさをプラスしたいときには、あらかじめ化粧水などで水分を補ってからサンホワイトP-1をつけるようにしています。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」のデメリット 【2】べたつき感が強め

サンホワイトは、今まで使用してきた乳液やクリームと比べるとややベタつき感が強め。

ただ、使用量を少なめにして調整することでベタつき感はやや解消されます。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」のデメリット 【3】 肌なじみは良くはない

サンホワイトP-1を肌につけた使用感としては、肌に油の膜がのっかっているというような感じ。

肌にしみ込んでいるような感じはありません。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」のデメリット【4】つけすぎは禁物

サンホワイトP-1の顔へのつけすぎは禁物。

肌が重くべったりとして、1日中テンションが下がります。

また、ベースメイクもうまくのりにくくなりイライラ。

つけすぎると、ほんと悲惨です。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」のデメリット【5】 手につくとなかなかとれない

ワセリンは、手につくとなかなか落ちません。

石鹸で2度洗いしてもまだ若干べたつき感があります。

慣れてしまうとそこまで気になりませんが、ベタベタが気になって嫌な人は向いてないかもしれません。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」のデメリット【6】 近くに売ってない

我が家は田舎暮らし。

近くのドラッグストアにはサンホワイトP-1が売っていません。

購入するときはいつも楽天市場を利用しています。

楽天市場は、楽天カードなど楽天サービスを利用するとポイント還元率が最大16倍にアップしたり、ポイント還元率が最大40倍以上にもなる買い回りキャンペーンが定期的に開催されるのでほんとお得。

ラクにお金を貯めたい節約主婦であるわたしは、できるだけ楽天市場を利用してお買い物をするようにしています。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」の使い方のコツ① 洗顔後すぐに塗る

2020-04-23 071サンホワイト

サンホワイトP-1は、洗顔後すぐに塗るようにしています。

洗顔後すぐに塗ると、肌がいい感じに

逆に洗顔してしばらく経ってからサンホワイトP-1を塗るとなんだか物足りない感じの肌になってしまいます。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」の使い方のコツ②塗る量はちょっと

わたしが顔のスキンケアとして使用するサンホワイトP-1の量は、だいたいチューブで2~3mmくらい。

ちょっとたっぷりつけたいときでも5mmが限度。

塗る量は少なめにすることで、肌のしっとり感を調整しています。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」の使い方のコツ③優しく押しづけする

サンホワイトP-1をつけるときは、まず適量を手のひらに薄くのばします。

それから手のひらを肌に優しく押しづけするように。

こすってしまうと肌に刺激になってしまうので、優しく肌に触れるようにつけることを心掛けています。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」の使い方のコツ④肌が元気なときは塗らない

肌の調子が良い時には、洗顔だけですませてサンホワイトP-1はもちろんそのほかスキンケアを何もしないようにしています。

肌には、もともと肌自身を美しく健康に保つ働きが備わっています。

肌がしっかり働いていて調子が良ければそれで良しであり、その働きにまかせるように。

スキンケア化粧品のサポートは使わないようにしています。

ただし、乾燥がひどい冬場は、肌のためにサンホワイトP-1を使うようにしています。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」の使い方のコツ⑤清潔に使う

サンホワイトPー1の使用量はほんの少し。

わたしが使用しているチューブ型のサンホワイトP-1はたっぷり入っているため、使いきるのに長くかかります。

長く時間が経つと、雑菌や酸化が心配に。

衛生的にして、できるだけ早めに使い切るように心がけています。

ちなみに、チューブタイプは、指で直接とる必要がないので清潔に保ちやすいです。

肌断食スキンケアの相棒ワセリン「サンホワイト」の使い方のコツ⑥ぬるま湯で落とす

顔のスキンケアがサンホワイトP-1を使用した場合は、ぬるま湯だけでオフ。

ワセリンが顔に多少に残っていたとしても、ターンオーバー(肌の新陳代謝)にまかせようという考えです。

ワセリンを落とそうと必死でゴシゴシすると、肌へのダメージになるのでゴシゴシと落とさないようにしています。

《まとめ》ワセリン「サンホワイト」は、使い勝手もコスパも良し。肌断食やシンプルスキンケアの相棒におすすめ

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アイキャッチ画像: acworksさんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク
おすすめの記事