すのこと除湿シートどっちを選ぶ?ミニマル暮らしには除湿シートが断然おすすめです。
スポンサーリンク

小さな賃貸アパート暮らしの布団のカビ・湿気対策には、除湿シートがおすすめです。

こんにちは!布団が好きな雪国ミニマリストみえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

小さな賃貸アパート暮らしの我が家は、ベッドではなく布団を愛用。

布団生活の最大の敵とも言えるのが、カビです。

めんどくさがりでズボラなわたしは、一度布団とマットレスにカビを生やしてしまい1万円以上の無駄な出費をした苦い経験もあります。

布団のカビや湿気対策としてあがるのが、すのこと除湿シート。

めんどくさがりミニマリスト主婦のわたしとしては、断然除湿シートをおすすめします。

今回は除湿シートとすのこのメリット・デメリットの比較、除湿シートを実際に使ってみて分かったことについてご紹介します。

記事の内容がすぐ分かるもくじ

スポンサーリンク

すのこや除湿シートどっちも使わずカビが発生して泣く泣く処分・・・。布団生活に湿気対策は必須です

我が家は、ベッドではなく布団を愛用。

めんどくさがりなわたしは、結婚して引っ越してきてからずっと、マットレスや布団は基本的に床に敷きっぱなしでした。

除湿シートなどのカビや湿気対策を全くしておらず、マットレスや布団をしまうのは週に1度程度。

そこまでカビなどに神経質でもなく、ま~大丈夫だろうという謎の自信から見てみないふりをしていたわたし。

しかし、赤ちゃんが生まれたことで、生活空間にもズボラながらも気にかけるようになりました。

赤ちゃんのお世話に少し余裕が出てきた生後3~4か月ごろ、おそるおそるわたしたち夫婦が使っているマットレスを観察してみるとカビがたくさん。

しかも、カバーだけでなくマットレスの中にまでしっかり浸透していたのです。

さらに、赤ちゃんの布団のマットレスにもカビが発生している・・・。

幸い赤ちゃんのマットレスはカバーだけ、中まではカビが進行していなかったのでカバーだけ洗いました。

酸素系漂白剤をお湯に溶かして1時間つけ置きしてから、洗濯機にかけると綺麗に落ちました。

夫婦で使っていたマットレスはマットレスの中までカビが浸透してたので処分。

粗大ゴミとして処分料を払い、泣く泣く新しいマットレスに買い換え。

カビ対策をしっかりしなかったことで、新しくマットレスを買い換えたり、処分料など10,000円以上の無駄な出費をすることに。

それ以来、布団やマットレスの湿気対策はしっかりやろうと決意しました。

スポンサーリンク

すのこと除湿シートどっちを選ぶ?すのこのメリットとデメリット

床に直置きするタイプのすのこマットのメリット・デメリットです。

【すのこマットのメリット】

・通気性が良く、布団のカビや湿気対策になる

・折り畳みタイプなら布団が干せる
【すのこマットのデメリット】

・床が傷つかないように注意する必要がある

・収納する場合は場所をとる

・持ち運びが大変

・布団の下に置くと背中が痛くなることも

・値段が安くはない

・定期的に乾燥させる必要がある
スポンサーリンク

すのこと除湿シートどっちを選ぶ?除湿シートのメリットとデメリット

除湿シートのメリットとデメリットをあげてみました。

【除湿シートのメリット】

・布団のカビや湿気対策になる

・値段が安い

・軽くて薄いから持ち運びがラク

・省スペースで収納ができる

・洗濯機で丸洗いできるタイプあり
【除湿シートのデメリット】

・定期的に乾燥させる必要がある

どっちが悩んだ結果、ラクしたいミニマリスト主婦はすのこより「除湿シート」を選びました

すのこと除湿シートのメリット・デメリットを比較した結果、除湿シートを選ぶことにしました。

我が家は小さな賃貸アパートに3人暮らし。

部屋も収納も小さくて狭いです。

そんな小さなお家でも広々とスッキリ暮らすためには、省スペースなもの選びが大事。

除湿シートは、コンパクトに折りたためるので収納に困らないこと。

そして持ち運びがラクなのも、家事をラクしたいわたしにとっては大きなメリットでした。

寝具のカビや湿気対策におすすめの除湿シート

我が家で愛用しているのは楽天市場の布団と寝具専門店 COLORSで購入した洗える除湿シート。

洗える除湿シートパッケージ表
洗える除湿シートパッケージ裏

生地にB型シリカゲルを使用

洗える除湿シート生地

多くの除湿シートに使用されているB型シリカゲル。

わたしが愛用している除湿シートにも、生地にB型シリカゲルを使用しています。

シリカゲルとは・・・
シリカゲルは、二酸化ケイ素のコロイド粒子が三次元的に乱雑に結合してできた、無定型、多孔質のゲルです。 粒子の凝集状態の違いによってA型とB型に大別されます。水蒸気をはじめ、種々の物質に対する吸着力が強く、乾燥剤や吸着剤として幅広く利用されています。特に、包装用乾燥剤としては、唯一、JIS規格に認定されています。

またシリカゲルは、 富士ゲル産業株式会社のHPによると、無味無臭で毒性はないとされています。

(参考: https://www.fujigel.co.jp/silicagel/silicagel.html

小さなこどもがいる我が家でも、安心して使うことが出来ています。

敷くだけで簡単にカビ・湿気対策ができる

除湿シートは、布団と床の間などに敷くだけ。

簡単にカビ・湿気対策ができます。

干せば繰り返して使える

干して乾かせば、除湿機能が戻ります。

繰り返し使うことが出来るので経済的です。

除湿センサーで干すタイミングがすぐ分かる

洗える除湿シートセンサー部分

除湿シートには、除湿センサーがついています。

真ん中のセンサーのブルーの部分がピンク色に変わったら、干すタイミングです。

干す目安としては、2~3時間。

除湿センサーがブルーに戻れば、また使うことができます。

洗濯機で丸洗いできる

家事をラクにするためには、もののお手入れを簡単にするのが1つの手

この除湿シートは洗濯機で丸洗いできるので、簡単に清潔を保つことが出来ます。

洗濯機で洗う場合は、必ず除湿センサーを取り外すのを忘れずに。

洗濯ネットに入れて、洗濯用中性洗剤で洗います。

寝具のカビや湿気対策に除湿シートを使ってみて分かったこと

除湿シート敷いたところ

布団のカビや湿気対策に除湿シートを使って約3年。

我が家ではわたしとこどもが床に除湿シート、ダブルサイズのマットレス、ダブルサイズの布団の順に敷いて寝ています。

パパは、床に除湿シート、シングルサイズの布団の順に敷いて使用。(暑がりなためマットレスを使っていません。)

やっぱりすのこマットよりも除湿シートを選んでよかったです。

持ち運びや収納がラク

除湿シートは軽くて薄いので、持ち運ぶのも収納するのもラク。

収納場所もとらないので、小さな賃貸アパート暮らしの我が家にはぴったりです。

カビや湿気対策にちゃんと効果あり

マットレスや布団を敷きっぱなしにして一度、マットレスや布団をカビさせてしまったことがあります。

めんどくさがりなわたしは、毎日マットレスや布団をあげて収納するのは週に1度。

それでも除湿シートを敷いているおかげなのか、いまのところマットレスにも布団にもカビは生えていません。

梅雨や夏は1日~2日でセンサーがピンクになる

湿度が高い梅雨や夏場の時期は、湿気がすごくて1日~2日で除湿シートのセンサーがピンクになってしまいます。

そのため最低でも数日に1回は、除湿シートを干す必要があります。

除湿シートは意外に汚れる

床に直に敷いている時間が長いため、除湿シートにホコリがついたりして意外に汚れます。

そのため定期的に除湿シートを洗わなければいけません。

除湿シートといっしょに愛用している寝具

わが家で使っているマットレスは、楽天市場で購入したもの。

マットレス

リーズナブルなのに、程よい硬さでとても寝心地が良いです。

カバーは洗えるので、汚れても気になりません。

マットレスといっしょに使用しているのが、楽天市場のショップタンスのゲンで購入した布団セット。

布団セット

汚れても丸ごと洗濯機で洗えるので、お手入れ簡単。(※洗濯機の機種による&ネット使用)

軽くて持ち運びやすいし、寝心地も文句なしのリーズナブルな布団セットです。

ベルメゾン布団カバー

ちなみに布団カバーはベルメゾンの綿100%の日本製のものを愛用中。

しっかりした生地で、肌触りもほんとに気持ちが良いです。

カラーバリエーションも豊富で、何色にしようか迷ってしまうほど素敵な色ばかりです。

除湿シートをお得にGET。ラクにお金を貯めたい節約主婦のお買い物方法

ミニマリスト兼節約主婦でもあるわたしは、ラクにお金が貯まるようにお得に買い物できる方法を心掛けています。

わたしのお得なお買い物の方法のポイントは3つです。

お買い物は必ずキャッシュレス払いで

キャッシュレス払いが豊富な今の時代、現金払いをするだけで損。

買い物の支払い方法を、現金からポイントなどの還元があるキャッシュレス払いにするだけでも簡単に節約することができます。

ラクにお金を貯めたい節約主婦であるわたしのおすすめのキャッシュレス払いは、楽天カードリクルートカード

楽天カードはもう10年以上愛用しているクレジットカード。

通常のお買い物の還元率は1%ですが、楽天市場での利用では常時3%。

また楽天証券での投資信託の購入でも、購入金額の1%のポイントがもらえます

投資信託とは、株式や債券などいろんな商品を1つにまとめた金融商品のこと。

投資信託はリスクが小さいながらも、時間をかけてコツコツ積み立てればある程度の大きなリターンが期待できます。

投資信託による投資の基本は、購入→保有→売る(購入した値段よりも上がったときに売ることで利益を得る)だけの簡単投資。

投資信託は、100円から購入することができるので、投資初心者でも気軽に始められます。

また、積み立て設定をしてしまえば、ほぼほったらかしでお金が増えるしくみを作ることが可能。

家事や育児、仕事に追われて時間がないという人でも、投資信託ならラクに簡単に投資ができるのでおすすめです。

楽天カードで貯まる楽天スーパーポイントはほんと貯まりやすく、わたしのポイ活のメインとなっています。

今までで貯めた楽天スーパーポイントは約400,000円分と、ポイ活だけでかなり得しています。

ちなみに楽天カードは新規申し込み&利用で5,000円~分のポイントがもらえます。

楽天カードはほんとにメリットがたくさんありすぎなのでもう手放せません。

リクルートカードは、ポイント還元率1.2%。

楽天カードを上回る還元率で、クレジットカードの中でもトップクラスです。

リクルートカードで貯まるポイントはリクルートポイントで、リアルタイムでPontaポイントと交換可能。

楽天スーパーポイントに比べるとポイントの使い勝手は劣りますが、使い道は決して少なくありません。

例えば、年間12万円の支払いを現金払いからリクルートカード払いにするだけで、1,200円分のポイントがもらえます。

我慢も努力もせず、ただ現金払いからクレジットカード払いにするだけで1,200円得をすると思えば、やらない手はありません。

楽天市場を最大限に利用する

お買い物は、できる限り楽天市場を利用するようにしています。

楽天市場での通常のポイント還元率は1%。(100円につき1ポイント)

ただし、楽天市場では楽天サービスを利用すればするほどポイント還元率が最大16倍にまでアップになるSPU(スーパーポイントアッププログラム)があります。

毎月5と0のつく日(5.10.15.20.25.30)は、楽天カード利用+エントリーでポイント還元率が+2%に。

また、月に1回程度、ポイント最大40倍超えになるお買い物マラソンや楽天スーパーセールなどの買いまわりキャンペーンも定期的に開催されています。

ポイントは節約主婦のわたしにとっては、お金同様。

ポイント還元率40倍ということは、実質40%OFFでお買い物ができるということでもあります。

買い回りキャンペーン時を狙って、お買い物を楽天市場にできるだけ集中させるだけでも大量ポイントゲットでき、かなりお得にお買い物をすることができています。

楽天市場でのポイントアップ方法については、こちらの記事に詳しく書いています。

貯まったポイントは投資で増やしてさらにお得に

キャッシュレス払いなどで貯まった楽天スーパーポイントは、ポイント投資に利用。

楽天証券で楽天スーパーポイントを使って投資信託(いろんな国の株式や債券などの金融商品を1つにまとめた金融商品)を購入。

ポイ活で貯めたポイントにも働いてもらい、自動的にポイントが増えるしくみ作りをコツコツ積み上げていっています。

ちなみに投資信託を購入するなら、楽天証券はかなりおすすめ。

繰り返しになりますが、楽天証券では楽天スーパーポイントで投資信託が購入できるだけでなく、楽天カードクレジット決済による積立設定が可能。(ただし月5万円まで)

楽天カードクレジット決済にすることで、投資信託購入金額1%分の楽天スーパーポイントがもらえます。

つまり、楽天証券で楽天カードを使って投資信託を購入すれば、簡単に1%分の利益が得られるということ。

これはかなりすごいことですよね。

投資信託の購入にクレジットカード決済&購入金額1%のポイントがもらえるのは、ほかの金融機関ではなかなか見られない楽天証券ならではのほんとにお得なサービスです。

さらに、楽天銀行と併用することで、投資信託の保有金額に応じて楽天スーパーポイントが自動的に貯まったり、楽天銀行の金利がアップしたりとお得なサービスが豊富。

ラクにお金を増やすなら、楽天証券を使わない手はありません。

リクルートカードなどで貯まったPontaポイントは、ポイント運用でポイントが増えるしくみを作っています。

《まとめ》すのこと除湿シートどっちを選ぶ?家事をラクしたいミニマリスト主婦は除湿シートを選びました

今回の記事のまとめです。

この記事で1番伝えたいこと
布団のカビや湿気対策には、扱いが簡単でラクな除湿シートがおすすめ。値段も安くミニマルな暮らしにもってこい

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アイキャッチ画像:acworksさんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク
おすすめの記事