30代雪国ミニマリストみえりんごのプロフィールとブログについて
スポンサーリンク

はじめまして!

こんにちは!青森に住む30代主婦みえりんご(@mieringo1983)です

私のプロフィールとブログについてご紹介します。

30代雪国ミニマリストみえりんごのプロフィール

青森県在住、1983年生まれのワーキングママ、A型

小さいアパートに旦那と子との3人暮らし

性格

・よく笑う

・人に合わせるのが得意

・人見知りしないほうだけど自分を出すのが苦手

・話すのも苦手

・争いごとはできるだけしたくない

・心配性

・真面目

・頑張りすぎてたまに周りが見えなくなる

・みんなでワイワイよりも、1人の時間のほうが好き。

・たまにならみんなでワイワイするのも好き。

・めんどくさがり

・ラクしたい

・少し完璧主義

・緊張しやすい

・緊張するとお腹が弱くなる

・自分にあまり自信がない

好きななことやもの

・家族との時間

・旅行

・読書

・ナチュラルな美容

・ファッションやおしゃれ

・英会話

・ものを捨てること

・少ないもので暮らすシンプルライフ

・お家でのんびり

・買い物

・楽天でネットショッピング

・お笑い番組を見ること

・M-1

・可愛い綺麗な人をみること

・おいしいものを食べること

・K-POP

・食べ物の栄養素を調べること

・料理

・体に良いものを食べること

外見

・面長

・頭も長い

・ロングヘア(髪は太め、多い)

・一重の目

・肌の色はブルーベース(多分)

・毛穴の目立つ肌

・ぺちゃんこの低い鼻

・猫背

・腕も指も短い

・下半身デブ

・短足

・おしりが大きい

・背が低い(157cm)

・ぽっちゃり体型(51kg)

好きなファッション

・アーバンリサーチ

・シンプルでカジュアル

・大人可愛い

・さりげなくオシャレなのが好き

好きな化粧品やメイクコスメ

・エトヴォス

・ブルークレール

・トゥヴェール

・パックスナチュロン

肌に優しいナチュラルなミネラルコスメが好き

憧れてる可愛いひと

安室奈美恵さん、永作博美さん、吉高由里子さん

好きな食べもの

焼肉、お刺身、韓国料理やエスニック料理など辛いもの、メロン、ケーキ

苦手なこと

・悪口

・ネガティブ

・自分を主張すること

・おしゃべり

・人前で話すこと

苦手なひと

・常にネガティブな人

・自分の気分で態度が変わる人

・悪口ばかり言う人

人生の目標

・いくつになっても若々しくキレイに見られること(目標は見た目年齢マイナス10歳!)。

・お金と時間にゆとりがある生活。

・ 少ないもので暮らせるミニマリストになること。

・好きなことだけして楽しく生きること。

・字幕なしで英語の映画やドラマを見ること。

・好きな人と海外・国内といろんなところを旅すること

ブログのアイコンについて

ブログのアイコンはsackさんに作成していただきました。可愛く仕上げていただきとても気に入っています。

スポンサーリンク

ブログについて

当ブログでは、青森に住む雪国ミニマリストみえりんごのミニマムな暮らしや節約生活についてご紹介します。

ミニマリストになろうと思ったきっかけ

わたしは20代前半まで、かなりものが多い暮らしをしていました。

特に洋服が大好きで、20代の頃は、衣装ケース5箱、5段タンス、ゴミ袋5~6袋、クローゼットに洋服がパンパンに入っていました。

ちょっと油断すると、部屋は片づけられない洋服をはじめとするもので床がいっぱいになるほどでした。

当時は、良いものをもつことが幸せなことであり、自分のステータスにつながるとばかり信じ切っていました。

汗水流して働いて得たお金は、ほとんどがもののためにつぎこまれていきました。

ものは、上を見ればキリがないほど良いものはたくさんあるし、新商品や人気商品は次から次へと生み出されています。

そのため、欲しいものをいくら買っても心が満たされるのは一瞬で、すぐに次に新しいものが欲しくなっていました。

そんな実際には存在しない「良いものをもつ」というゴールを目指して、わたしは毎日必死で働き、お金をどんどんと浪費させていました。

そんなものに完全に支配されていた当時のわたしが、一冊の本に出会いました。

それは、「わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります [ ゆるりまい ]」でした。

ゆるりまいさんのリビングは、(記憶がややあいまいではありますが)テレビと座椅子くらいしかなく、ほんとになんにもないガラーンとした部屋でした。

ものであふれた生活をしていたわたしにとって、かなり衝撃を受けたのと同時に、自分もこんな部屋に住みたいと強く思いました。

このことをきっかけに、わたしはものをどんどん減らしていき、ミニマリストを目指すことになりました。

ミニマリストの敵、雪国の暮らし

ミニマリストを目指し、少しずつ不要なものを数年かけて減らしていきました。

着実にものの数は減っていき、シンプルライフの心地よさを実感できるようになっていました。

ミニマリストを目指して数年たった後、わたしは結婚をして全く訪れたこともなかった青森に住むことになりました。

そのときは、引っ越しをすることを良い機会に、今以上にものの数を減らしミニマリストな生活をしようと意気込んでいました。

しかし、青森での暮らしは、ものを減らすどころか油断するとすぐにどんどんものが増えてしまいがちでした。

その理由は、青森が雪国だからです。

わたしが育ったところは雪がほとんど降りません。そのため、雪国での暮らしがどんなものが全然分かりませんでした。

雪国の冬は、外はもちろん家の中でもかなり寒いので厚着をしないといけません。

例えばわたしの冬の間の部屋着は、ズボンは3枚履き、靴下は7枚履き、トップスは3枚重ね着しています。

外にでかけるときは、タイツを2枚重ね履き、ダウンと長くつは必須です。

また、冬はかなりの量の雪がふるので、雪かき用のスコップやダンプ、車の雪をはらうための道具などいろんなものが必要です。

つまり、雪国はそうでないところと比べて余計にものが必要なのです。

雪国はお金がかかる

さらに雪国は、夏は過ごしやすくて良いのですが、冬はかなりお金がかかります。

暖房や除湿器(冬は外に干せないため必須)にかかる電気代、高い温度で入らないとすぐに冷めてしまうお風呂のガス代、車は四駆が必須で暖房もかかるため減りが早いガソリン代、タイヤはスタッドレス・ワイパーは冬用が必要などなど

ほんとに雪国の冬はお金がかかります。

雪国での暮らしは、我が家の節約意識をかなりアップさせられることになりました。

ミニマリストを目指せば、節約も暮らしもラクになる

必要最低限のもので暮らすミニマリストの生活は、節約にもってこいです。

数を減らしていくことで、ものに対する執着心がなくなるため、むやみにものにお金を使わなくなります。

ものが少ない生活は、家事もラクになり時間も心にもゆとりができます。

時間や心にゆとりがあると、衝動買いなどのお金の無駄遣いも自然と減ります。

節約生活は、お金をできるだけ使わないこと、そしてどうお金を使うのかということが重要です。

ミニマリストを目指し、自分にとって本当に必要なものは何かを考え必要最低限のものだけで暮らしていくことは、節約生活を効率よくラクにしてくれます。

目標は好きなことだけしてラクに暮らすこと

わたしの今の一番の目標は、好きなことだけしてラクに暮らすことです。

必要最低限の自分の好きなものだけに囲まれたミニマリストな暮らしをしながら、自分の好きなことを仕事にしてお金を稼いで、自分の好きなことや家族や友達との時間にお金を使うことがわたしの理想の人生です。

自分のやりたいことをやるためは、コンパクトな暮らしはもちろんのこと、やっぱり最低限のお金が必要です。

理想の人生をできるだけ早く叶えるためにも、ミニマリストの暮らしを追求し続けています。

また、節約方法についても、自分に合ったものだけを厳選しミニマルな節約方法をしっかりと実践するようにしています。

スポンサーリンク

アフィリエイトリンクについて

当ブログは、商品やサービスなどを紹介・宣伝することで、サイトが報酬を得られる手段を提供することを目的としたアフィリエイトプログラムを利用しています。

そのため、当ブログにある商品やサービスのリンクは、アフィリエイトリンクになっています。当ブログが管理し、販売・提供しているわけではありません。お問い合わせは各店・販売先に直接していただきますようお願いします。

リンク先のご利用はご自身の責任でお願いいたします。当ブログでは、一切の責任を負いかねます。

広告について

当ブログは、Googleアドセンスを使用しています。

各ユーザーに合わせた広告配信を行うため、当サイトや他サイトへのアクセス情報(Cookie)を使用する場合があります。

アクセス情報(Cookie)を使用されないようにするためには、Googleのポリシーや原則のページにアクセスするなどしてCookieをオフに設定することができます。

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝し、商品にリンクをすることによって、サイトが紹介料を獲得できる手段を目的に設定された、アフィリエイト宣伝プログラムである「Amazonアソシエイト・プログラム」の参加者です。

免責事項

当ブログは、確かな資料や情報に基づいて記事を書いていますが、100%の正確性を保証するものではありません。

また、その正確性に問題がある場合は、告知なしに情報を変更・削除する場合があります。

当ブログの管理人は、当ブログの利用によって生じたいかなる損害・トラブルについて、一切の責任は負いません。あらかじめご了承下さい。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
スポンサーリンク
おすすめの記事