シューズクローゼット通年
スポンサーリンク

完璧な収納をやめたら、無駄家事がなくなりラクになりました。

こんにちは!めんどくさがり主婦みえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

できるだけ家事をラクしたい私は、無駄家事をなくしたり時短できるようにいろいろ考えて工夫するように心がけています。

私がやっている無駄なことの1つ、靴の衣替えをやめました。具体的に言うと、季節に合わせてシューズクローゼットの中の棚の配置を変ることをやめました。

年に1度のことではありますが、靴の衣替えをやめたおかげで、めんどうな作業がなくなり、自分の時間を増やすことができました。

スポンサーリンク

アパートの小さいシューズクローゼットには工夫が必要

うちは小さいアパート暮らしで、シューズクローゼットも小さいです。

シューズクローゼット通年

引っ越してきたばかりのころは、持っている靴の数がわりとあったので、この小さなシューズクローゼットには全て入りきりませんでした。

入りきらない靴は箱に入れてクローゼットに収納してました。

スポンサーリンク

冬は、雪用の長靴の収納のためにシューズクローゼットの中の棚を変更

出産する前は、家をスッキリ見せることにかなりこだわっていた私。

玄関のたたきに靴を置くのがすごく嫌でした。なので、履いた靴は全てシューズクローゼットにしまうようにしてました。

雪国である青森の冬では、必ず長靴を履きます。長靴って高さがあるから、いつも使っているシューズクローゼットの棚の配置だと長靴が入らない。

そのため、冬になると、長靴が入るようにシューズクローゼットの棚の配置をわざわざ変更してました。

シューズクローゼット冬

ちなみに、冬が過ぎると長靴はクローゼットに収納しています。

スポンサーリンク

シューズクローゼットの棚を変更する手間を省きたい

年に1度と言ってもシューズクローゼットの棚の配置の変更するはめんどくさいなぁと思っていました。

それならばやめてしまおうと、思い切ってやめてみました。

シューズクローゼットの配置変更をやめてみると良いことがいっぱいでした。

・棚の変更をしなくていい
・長靴を入れる代わりに、シューズクローゼットに入りきらなくなった靴をクローゼットにしまわなくていい
・クローゼットにしまった靴をシューズクローゼットに戻さなくてもいい

シューズクローゼット通年

無駄な家事がなくなってラクになりました。もっと早く気付けば良かった~。

完璧はやめた。冬だけは長靴出しっ放しOKにして、靴の並べ方を工夫

いつものシューズクローゼットの棚の状態だともちろん長靴は入りません。

冬の間使っている長靴はどうしたかというと、玄関のたたきに出しっ放しにしてます。もう完璧は手放しました。

玄関のたたきに靴があると散らかっている感じが出てしまうので、並べ方を少し工夫。

玄関マットに沿って靴の先をドアにむけるのではなく、長くつのかかとを壁にくっつけて長靴の横側が玄関ドアに水平になるように置いています。すると、靴が出ていてもわりとスッキリな玄関に見えます。

まとめ:靴の管理をラクにするためにも、やっぱり数を減らしたい

といえども本当はこの小さなシューズクローゼットに、所有している靴を全て収納しておくのが私の理想です。

そのためにはやっぱり靴の数を減らすことが必要だなと思っています。今のところ捨てるような靴はないので、ゆっくり無理せずに減らしていけたらいいなと思います。

とりあえずまた無駄な家事が1つ減らすことができて良かったです。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
スポンサーリンク
おすすめの記事