捨てる生活をラクに。シンプルライフを叶えるための「物を増やさない」方法
スポンサーリンク

買い物大好きでめんどくさがりなズボラ主婦でも、コツを掴んだら、少ないもので暮らすミニマリストになれました。

買い物大好き30代ミニマリスト主婦みえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

少ないもので暮らすミニマリスト生活は最高です。

節約はもちろんのこと、生活がラクに楽しくなりました。

少ないもので暮らすには、とにかくものを捨てることが一番大切です。

捨てる生活に慣れたら、次は「ものを増やさない」生活をプラスすることで、少ないもので暮らすミニマリスト生活がより早く実現できるようになります。

今回は、買い物大好きめんどくさがりな30代ミニマリスト主婦がやっている、少ないものです暮らすための「もの」を増やさないためのコツについてご紹介します。

記事の内容がすぐ分かるもくじ

スポンサーリンク

捨てる日を定期的に作って、捨てる生活をラクする

少ないもので暮らすためには、不要なもの捨てること。

これがやっぱり一番大切です。

そして、ものを増やさないためには、もとにかくものを捨て「続ける」ことが大事。

人は常に変化するものであり、昨日の自分と今日の自分は違います。

1カ月前に自分に必要だと思って買ったものでも、今の自分には必要ないな~なんていうものもよくあること。

毎日毎日不要なものはないか探して見つけるのは大変だし、めんどくさがりやなわたしはそこまでは出来ませんでした。

ただ定期的に、大型連休などの時間がしっかりとれるときなど年に4~5回は、不要なものがないかお家中をチェック。

ゴミ袋を何袋も一気に捨てたり買取サービスに売ったりして処分しています。

捨てるという作業は大変です。

必要か不要なのか判断してものを処分するのには、手間も時間も労力もかなりかかります。

自分の大切な時間や心や体をたかだもののために浪費するのはもったいないですよね。

捨てる作業の大変さを知ると、もうものは増やしたくないなと、心の底から思います。

スポンサーリンク

紙類は不要かどうかその場で判断して、捨てる生活をラクする

普段から捨てるように気を付けているのは、紙類。

紙類は放っておくといつの間にかすぐに貯まるし、貯まると捨てるのがすごく嫌になります。

また、紙類は不要か必要かの判断がしやすいので、捨てる作業の時間も長くかかりません。

日ごろからDMやチラシなど、いらないと思った紙類はすぐに捨てるようにしています。

スポンサーリンク

買い物する前にそのジャンルをチェックして、捨てる生活をラクする

例えばワンピースを買い物する前には、

・服全体を見渡してどのくらいの数があるのか

・不要な洋服がないか

・ワンピースはどんなものを持っているか、

・ワンピースに合わせやすいアウターはどんなものを持っているか

・ワンピースを収納するスペースがあるか

など全体的にチェックするようにしています。

買い物をする前に自分の持っているものをチェックすることで、重複して買ったり、これ以上数を増やしたくないな~などいろいろ再確認できて、無駄な買い物の防止になります。

タダでも必要ないものはもらわないようにして、捨てる生活をラクする

テーブルとライト

タダだから一応もらっておこう、タダだしとりあえずもらって損はない

もので溢れた生活をしていたときは、そんなふうに思っていました。

だから、タダでもらえるものは不要必要関係なくとりあえずなんでももらってましたね。

でもよくよく考えてみると、タダでもらうものってたいてい要らないものや特に必要のないものがほとんど。

結局使わずに捨ててしまっていました。

必要でもないのに、タダでものをもらっても収納スペースを無駄にして、部屋や収納を散らかすだけでメリットなしです。

このことに気づいてからは、タダでも本当に必要なものしかもらわないようにしています。

もし必要ないけどもらってしまった場合はすぐに捨てるように。

タダでもらったものだから、捨てるのも心苦しくありません。

プレゼントは気持ちをもらうものと割り切って、捨てる生活をラクする

扱いに困るのが、知人や友人からのプレゼント。

プレゼントが、自分の趣味じゃなかったり、使う場面がなくて困るものも少なくありません。

ものであふれた生活をしていたころは、せっかく友達からもらったものだからと理由をつけて、今後使わないだろうな~というものでも一応押入れの奥にしまって保管していました。

押入れの奥にプレゼントがあるのを見るたびに、邪魔だな~とさえ思うように。

これって逆に友達に失礼だよな~、自分が友達の立場だったら誰かにあげたりしてもらった方がよっぽど良いよな~と感じました。

それからは、プレゼントはその人の気持ちをいただくもの。その気持ちに感謝したらOK!と割り切るように。

使わないプレゼントは、売ったり譲ったりして手放すようにしています。

いただきものの食器の処分には福ちゃんがおすすめです。

少ないもので暮らすメリットを知って、捨てる生活をラクする

少ないもので暮らすメリットを知ることで、自然とたくさんのものをもちたくなくなります。

すると、むやみにものを購入したり、もらったりすることがかなり減りました。

ないならないで工夫してみて、捨てる生活をラクする

ものがないから何にもできないというのではなく、なかったらないであるものでやってみるようにしています。

ボールがないなら、お皿や鍋を使ってみる

バスタオルがないなら、フェイスタオルを使ってみる

ハンドソープがなかったら、とりあえずボディーソープで手を洗う

あるものでやりくりするという姿勢で工夫して生活してみると、案外なくても大丈夫なものって多かったりします。

工夫次第でなんとかなるんだということを経験すると、ものが安易に増えなくなりました。

もの選びは自分軸で考えて、捨てる生活をラクする

人気だから

流行っているから

みんなが持っているから

使うのが当たり前だから

多くの人がやってるから

こういう理由でものを購入して増やさないようにしています。

ものを選び、購入するときは、本当に自分にとって必要かどうか、お気に入りになるものかどうか、ちゃんと頭で考えるようにしています。

売って中古品の価値を知って、捨てる生活をラクする

ものを処分するときに、売ってみるがおすすめです。

例えばフリマアプリに不要な洋服を出品してみる。

思ったようになかなか売れない。

なら宅配買い取りに売ってみる。

査定額はたったの100円・・・。

こんなふうに実際に自分が手に入れたものを売ってみることで、中古のものの価値がどれだけ低くなるのか実感できます。

すると、お金をものに使うのがバカバカしくなり、お金を使うことに嫌でも慎重になりました。

すると買い物も減ってものが増えなくなりました。

持つものの数や収納範囲を決めて、捨てる生活をラクする

ものの数や収納範囲を決めると、もてるものの数が制限されるので、ものがなかなか増えないようになりました。

例えば、ペンは5本までしかもたないと決めてしまう。

数や範囲を決めることで、ペンが欲しくなっても、今はもうペンが5本あって 捨てるものがないから買うのはやめようというふうに、自然とものの数を増やさず一定数をキープできるようになりました。

自分なりにものの選び方のルールを作って、捨てる生活をラクする

自分なりにジャンルごとにものの選び方のルールを決めておくと、ものをお家に入れるときや買い物のときに役立ちます。

マイルールを決めることで、本当に必要なものかについての判断しやすくなります。

買い物に無駄に時間を費やしたり、衝動買いなど買い物の失敗をすることがなくなって、ものが増えるのを防止してくれています。

追加ではなくアップデートを心がけて、捨てる生活をラクする

ものを買うときは、増やすのではなく、買い替えを心がけています。

今あるものを買い替えていくと、ものの数は変わらなくても満足度も上がるし、新鮮な気持ちを味わえます。

すると、少ないものでも満足できるようになり、自然とものを追加して買ったり数を増やそうと思わなくなりました。

収納家具はできるだけもたないようにして、捨てる生活をラクする

収納するスペースがあればあるほど、ものを溜め込んでどんどん増えてしまいがちです。

ちょっと足りないかなくらいの収納にしておくことで、無駄に不要なものをもたないようになりました。

ちなみに我が家では収納家具はほとんど持たず、できる限り備え付けの収納スペースにおさまるようにしています。

ものがなくても楽しめる趣味を探して、捨てる生活をラクする

以前はものを所有することが楽しみであり、趣味でした。

大好きなファッション、好きなアイドルグッズ、旅行先で買ったお土産コレクション。

ものを所有することを楽しみにしてしまうと、コレクション化していき、どんどんとものは増えていき、減らすことがなかなか難しくなってしまいます。

ものを所有することではなく、旅行などの経験や自分磨きを趣味とすることでものの数はかなり減っていきました。

お金がかからない趣味をもてば、ものの数は減りお金も貯まりやすくなるしで一石二鳥です。

いろんな用途で使えるものを選んで、捨てる生活をラクする

ものは、用途が限定的なものではなく、いろんな用途で使えるものを選ぶようにしています。

いろんな使い方ができると、たくさんのものがなくても困らなくなります。

例えば、食器は、いろんな料理が入れられるように白の食器で統一しています。

ごはん茶碗やラーメン鉢など、用途が限られやすいデザインのものは選びません。

すぐには買わないようにして、捨てる生活をラクする

欲しいものがあってもすぐに買わないようにしています。

服なら数日から1週間、生活雑貨や家具なら半年は考えて、それでもどうしても必要な場合だけ買うようにしています。

欲しいと思っても時間が経てば、やっぱりそこまで必要じゃないかもと思うことは意外に多いです。

今欲しいものよりも「良いもの」は次から次へと必ず出てくる。

このことを頭にしっかり入れて、これから良いものは必ず出てくるけど、それでも今必要なの?と自分に問いかけて必要なときだけ買うようにしています。

レンタルを利用して、捨てる生活をラクする

買って所有するのではなく、人に借りたりレンタルすることも心がけています。

読みたい本があれば図書館で探したり、CDやDVDは基本レンタル。

冠婚葬祭の服で必要になった服があれば、妹や友人に借りる。

必要なものは買うのではなくまず借りることができないかと考えるようにして行動しています。

ファッションレンタルサービスも気になっていて、いろいろ調べたりしています。

お気に入りを持つことを意識して、捨てる生活をラクする

自分が気に入っているものなら、少なくても満足できます。

満足しているものがあれば、増やそうとも思いません。

少ないもので暮らすためには、いかにお気に入りのものを増やすかということが大事。

全てお気に入りに買い換えるには、経済的にも難しいので、無理のない範囲で少しずつ自分の身の回りのものをお気に入りのものにしようと意識しています。

常識や当たり前について改めて考えて、捨てる生活をラクする

みんなが持っているから

使うのが当たり前だから

多くの人がやってるから

ただこれだけの理由で、ものをもつのはやめるようにしています。

もつことが当たり前になっているものでも、案外なくてもいいというものは結構あったりするんですよね。

わたしは結婚を機に、独身時代に当たり前に使っていたものをたくさん手放しました。

トイレマット、便座カバー、ペーパーホルダー、キッチンマット、スリッパ、ベッド、マスカラ、化粧下地など。

みんなが使っている当たり前のものって、今まで使うのが当たり前で自分にとって本当に必要かどうかなんて考えたことがなかった。

何にも考えずに、ただ「使うのが当たり前だから」という理由で使い続けてました。

使うものが常識・当たり前になっているものでも、いざ自分の生活に必要かどうかを改めて考えてみる。

意外に必要だと思っているものが、必要ないと気づけるかもしれません。

《まとめ》捨てる生活をラクするためには、シンプルライフを目指してものを簡単に増やさない買い方や生活がポイント。

少ないもので暮らすために、ものを増やさないための買い方と、ものがなくてもなんとかやれる生活力を身につけることを心がけています。

捨てることと増やさないことで、めんどくさがりで買い物好きなわたしでも、少ないもので暮らすミニマリスト生活を実現することができました。

ものの数や収納範囲を決めてしまうのもおすすめです。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アイキャッチ画像: annyさんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク
おすすめの記事