メルペイの評判検証。メリットやデメリットをユーザー主婦が解説。メルカリの売上金の利用におすすめ
スポンサーリンク

メルカリで出品している人は、メルペイを使うのがおすすめです。

こんにちは!ラクにお金を貯めたい節約主婦みえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

メルペイとは、メルカリアプリを使ったスマホ決済のこと。

メルカリで出品している人なら、絶対使っておきたいスマホ決済です。

今回は、メルカリアプリで利用できるスマホ決済「メルペイ」についてご紹介します。

メルカリ新規会員登録時に招待コード[SBKNXB]を入力すると、500円分のポイントがもらえます。

記事の内容がすぐ分かるもくじ

スポンサーリンク

メルペイのメリット

メルカリで出品している人は、必ず使っておきたいのがメルペイです。

メルカリの売上金が手数料無料で使える

メルペイでは、メルカリの売上金を街のお店やネットショッピングに使うことができます。

メルカリで出品した売上金を現金化するためには、指定金融機関口座への振込申請が必要で、その際に手数料200円かかってしまいます。

例えば、10,000円の売上金を自分の口座に振り込む場合には、売上金に対して2%の手数料(200円)が取られてしまうということになります。(200÷10,000=0.02)

売上金が5,000円の場合なら、4%の手数料(200÷5,000=0.04)。

売上金が小さくなるほど、手数料にかかる割合は大きくなります。

しかし、メルペイを使えば手数料無料で、メルカリの売上金を現金同様にお店で使うことが出来ます。

通常、メルカリの売上金をメルペイで使うためにはポイントに交換する作業が必要です。

また、ポイントには有効期限があります。

しかし、「お支払い用銀行口座を登録」するか、「アプリでかんたん本人確認」をしておくことで、ポイントを購入する必要なくメルカリの売上金が自動的にメルペイ残高というメルペイで利用できる電子マネーに交換されます。

メルペイ残高には有効期限はありません。

つまり、「お支払い用銀行口座を登録」もしくは「アプリでかんたん本人確認」をしておけば、なんの手間もなくそして有効期限を気にする必要なく、メルカリの売上金をそのままメルペイで使用することが可能になります。

メルペイクーポンが使える

メルペイクーポンを使うと、メルペイが使えるお店でおトクにお買い物ができます。

ただし、メルペイクーポンを使うには、メルペイでの支払い(iD決済またはコード決済)が必須となっています。

利用可能なクーポンは、メルカリホーム画面下部の「メルペイ」→メルペイクーポンから確認可能。

利用期間・回数等の条件は、クーポンやお店により異なります。

メルペイクーポンには以下の2種類があります。

・値引クーポン

クーポンによって「何度でも使える」もの、「お一人さま一回限り」のものあり。
値引きクーポンの使い方はこちら

・ポイント還元クーポン

「クーポンを使う」ボタンをタッチし、次の画面の案内に従って支払いをするもの。
ポイント還元クーポンの使い方はこちら

※クーポンによっては、抽選が必要なものもあり。

メルカリアプリ内で使える

メルペイは、メルペイ専用アプリがあるわけではなく、メルカリアプリ内で利用できます。

メルカリをすでに利用している人は新たにダウンロードをする必要なく、すぐに利用することができます。

スポンサーリンク

メルペイのデメリット

メルペイのデメリットは、メルカリで出品を利用しない人にはあまり大きなメリットがないことです。

ポイント還元がない

例えばスマホ決済のPayPay(ペイペイ)や楽天ペイでは、支払い額に対してポイントや電子マネーへの還元(≒キャッシュバック)がありますが、メルペイにはポイント還元がありません。

先にも説明した通り、メルペイの最大のメリットは、通常現金化に200円かかるメルカリの売上金を、メルペイを使えば手数料無料で現金同様に街のお店で使用できるということ。

そのため、メルカリで出品をしない人にとっては、メルカリを使うメリットはほぼありません。

メルカリを利用しない人には、ポイント還元のあるPayPayや楽天ペイなどのスマホ決済を使った方がお得でおすすめです。

iDが対応していない端末は「コード決済」しか利用できない

メルペイの支払い方法は、iDとコード決済の2種類あります。

iDは、対応している端末でないと利用できません。

iDに対応しているのは、iOSだと日本国内で販売されたiPhone 7以上、Apple Watch Series 2以上の端末、Android端末だとAndroid 5.0以降がインストールされているおサイフケータイ対応のスマートフォンです。

わたしが使っているi phone6もiDに対応していないため、お店のお買い物はコード決済のみ。

iDが使えるお店とコード決済ができるお店は違っていたりするので、iDに対応していないとメルペイが使えるお店の数は減ってしまいます。

メルペイへのチャージ(入金)にクレジットカードが使えない

メルペイでは、ポイントもしくはメルペイ残高という電子マネーを使って支払いをします。

メルペイ残高を増やすには、登録した銀行口座からチャージ(入金)する方法があります。

もしくはメルカリで出品した売上金が自動的にメルペイ残高となります。(支払銀行口座の登録または本人確認が必要)

しかし、残念ながらメルペイ残高のチャージにクレジットカードは使えません。

スマホ決済の支払元としてクレジットカードが利用できれば、クレジットカード利用分のポイントがついたりするので、それだけでも大きなメリットになります。

例えば、楽天ペイなら、楽天カードを支払元とすることで、楽天ペイによる0.5%+楽天カードによる還元率1%で合計還元率1.5%となります。

楽天ペイ単体で利用するよりも、クレジットカードと併用することで還元率をアップすることが出来ます。

ちなみにメルカリ内の商品の購入には、クレジットカードが利用可能です。

スポンサーリンク

メルペイでは、ポイントとメルペイ残高の2種類から支払いができる。違いは?

メルペイの支払いは、ポイントとメルペイ残高で支払う方法があります。

ポイントは現金化できず有効期限がありますが、メルペイ残高は現金にすることが可能で有効期限はありません。

ポイントから支払う

ポイントは、メルカリで出品した売上金で1ポイント=1円として購入できます。

ポイントにするための手数料は無料です。

メルカリの売上金でポイントを購入するには、メルカリホーム画面下部の「メルペイ」をタップ→「ポイント購入」から手続きします。

※現在、WEBサイトではポイントの購入ができません。

購入したポイントは売上金へ戻すことは不可。

振込申請して現金化することはできません。

また、ポイントの有効期限は365日となっているため注意が必要です。

ちなみに「お支払い用銀行口座の登録」もしくは「アプリでかんたん本人確認」が完了している場合は、ポイントを購入することはできません。

メルペイ残高で支払いをすることになります。

メルペイ残高で支払う

メルペイ残高は、登録した「お支払い用銀行口座」からチャージ(入金)する方法、セブン銀行ATMから現金でチャージする方法、メルカリで出品した売上金をチャージする方法の3種類あります。

一度チャージしたら取り消しをすることはできません。

メルペイ残高に有効期限はなし。

また、メルペイ残高は201円以上あれば指定した金融機関の口座に振り込みが可能です。

つまり、現金化することができます。

ただし、振込の際には手数料200円がかかります。

ちなみにポイントを保有している場合は、ポイントが優先的に支払いに使われます。

お支払い用銀行口座からチャージする方法

銀行口座からチャージする場合、1日の限度額は20万、1回につき最低チャージは1,000円となっています。

【支払い用銀行口座からチャージする方法】

1.メルカリアプリホーム画面下部の「メルペイ」をタップ。

2.画面上部のメルペイ残高の横の「チャージ」ボタンをタップ。

3.チャージ方法とチャージ(入金)金額を選択し、「チャージする」をタップして完了

セブン銀行ATMから現金でチャージする方法

セブン銀行ATMを使って現金でチャージする場合には、「メルペイ本人確認」の登録の完了が必要です。

硬貨でのチャージは不可、またおつりは出ないのでチャージする金額分をぴったり準備しないといけません。

1日の入金上限額は99,000円、最低入金金額は1回につき1,000円となっています。

【セブン銀行ATMから現金でチャージする方法】

1.メルカリアプリホーム画面下部の「メルペイ」をタップ

2.「読み取り」をタップ。

3.セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」をタップ

4.ATMの画面に表示されているQRコードをスマートフォンで読み取って「次へ」をタップ

5.スマートフォン画面に表示されている企業番号をATM画面に入力して「確認」をタップ

6.現金を投入して金額を確認して「確定」をタップ。

7.アプリに表示されるチャージ完了画面を確認して完了

メルカリでの売上金を自動チャージする方法

メルカリでの売上金をメルペイ残高に自動チャージするには、「お支払い銀行口座」の登録、もしくは「かんたん本人確認」をする必要があります。

【お支払用銀行口座の登録方法】

1.メルカリアプリホーム画面下部の「メルペイ」をタップ

2.スクロールして使い方欄にある「銀行チャージ」をタップ

3.「銀行口座を登録する」をタップ

4.登録したい銀行を選択し、パスワードなどあらかじめ準備する内容を確認し「同意して次へ」をタップ。

5.「銀行口座の登録」画面で支店コード、口座番号、職業、住所、性別など必要情報を入力し、「銀行サイトへ」をタップ。

6.メルカリのパスコードを設定・入力

7.銀行サイトで登録に必要なもの(ユーザIDやログインパスワードなど)を入力して実行したら登録完了。

かんたん本人確認の方法はこちらから

支払い銀行口座の登録には、節約主婦のわたしが1番おすすめしている「楽天銀行」の登録が可能です。

楽天銀行は、利用するだけで楽天スーパーポイントがどんどん貯まります。

また、振込手数料が無料になったり、金利アップなどの優遇サービスも豊富で、使うだけでほんとにお得がいっぱいです。

補足:メルペイスマート支払いなら、まとめて後払い可能

メルペイスマート払いとは、メルペイでの購入代金を翌月にまとめて後払いできるサービス。

口座から引き落としする「自動引き落としでの清算」、もしくはメルペイ残高で支払う「メルペイ残高での清算」にすると手数料無料です。

ただし、コンビニ・ATM支払い、口座振替の場合は手数料300円かかるので注意が必要です。

メルペイスマート払いの詳細はこちらから

メルペイのお店での支払方法

メルペイの支払い方法は、iDとコード支払いの2種類あります。

iDとコード支払いではそれぞれ使えるお店が違うので注意が必要です。

利用上限額は、「お支払い用銀行口座」の登録または「アプリでかんたん本人確認」が完了している場合は、1回/1日あたり100万円(1ヶ月あたり¥300万)。

それ以外の場合は、1回/1日/1ヶ月あたり10万円までとなっています。

iD支払い

iDでの支払いをするには、端末が対応している必要があります。

・iOS
日本国内で販売されたiPhone7以上、Apple Watch Series 2以上の端末設定には、iOS 10.1以上のバージョンが必要

・Android端末
Android 5.0以降がインストールされているおサイフケータイ対応のスマートフォン
詳細はこちら

あらかじめiD決済の設定をしておけば、「iD」マークのあるお店で使うことができます。

【iD支払い方法】

1.メルカリアプリホーム画面下部の「メルペイ」をタップ

2.「電子マネーiDで支払う」をタップ

3.店員さんに「iDで支払います」と伝えて、レジ前のリーダーにスマホをかざして完了

コード決済

「メルペイ」マークがあるお店で、支払い用QRコード・バーコードを利用する支払い方法。

コード決済はバーコードやQRコードを店員さん提示して読み取ってもらう方法と、スマホのカメラでお店にあるQRコードを自分で読み取って金額を入力する方法の2種類あります。

【バーコードやQRコードを店員さんに読み取ってもらう方法】

1.メルカリアプリホーム画面下部の「メルペイ」をタップ

2.「コード決済」をタップ

3.店員さんに「メルペイで支払います」と伝えて、スマホを店員さんに提示して読み取りしてもらえば完了
【お店にあるQRコードを自分で読み取って金額を入力する方法】

1.メルカリアプリホーム画面下部の「メルペイ」をタップ

2.「読み取り」をタップ

3.カメラが起動するので、お店に設置してあるQRコードを読み取る

4.「支払い金額の入力」の画面が出るので、支払い金額(税込)を入力し、「支払い金額を確認」ボタンをタップ

5.確認画面を店員さんに見せてOKなら「支払う」ボタンをタップして完了

メルペイはネット決済も可能

メルペイはメルカリ以外のWebサービス、オンラインショッピングでも支払いができます。

メルカリの売上金で購入したポイント、メルペイ残高、チャージ払い、メルペイスマート払いを利用可能です。

利用方法は、ネットショップでの購入時に、「メルペイ」もしくは「メルペイで支払い」をタップするとメルペイアプリが起動するので、支払い手段を選択すればOK。

ただしまだまだ対応しているサイトが少ないのがデメリットです。

【メルペイが利用できるネットショップ一例】

・DMM.com

・ショップリスト

・サンプル百貨店

・noin

・マガシーク

・ふるさとチョイス

・ナチュラン

・サボン

・アナップ

メルペイが使えるお店

繰り返しになりますが、iDでの決済とコード決済では使えるお店が違います。

【iD決済が使えるお店一例】

・セブンイレブン

・ファミリーマート

・ローソン

・ガスト

・マクドナルド

・イオン

・イトーヨーカドー

・エネオス

・マツモトキヨシ

※iOS端末の場合はApple Payに対応したオンラインショップでも利用可能。
詳細はこちらから
【コード決済ができるお店一例】

・エディオン

・クスリのアオキ

・ケーズデンキ

・GEO

・GEO mobile

・サツドラ

・ジャパンタクシー

・セブンイレブン

・セカンドストリート

・トイザらス、ベビザラス

・ビッグエコー

・ほっかほっか亭

・Vドラッグ

・マツモトキヨシ

・松屋

・ミニストップ

・吉野家

・Right-on

・ROUND1

・LOFT

・ローソン

メルペイ支払いは履歴で確認

メルペイでの支払った分の支払い履歴は、ホーム画面下部「メルペイ」→画面上部の「利用履歴」で確認できます。

メルペイ残高とポイントの履歴に分かれて明細が見れます。

メルペイを使用するなら、絶対やっておくべきこと

メルペイを利用するなら、「お支払い用銀行口座を登録」または「アプリでかんたん本人確認」はよっぽどの強い理由がない限りやるべきです。

このどちらかの登録をしておくと、メルカリで出品した分の売上金がメルペイ残高に自動でチャージされ、わざわざポイントを購入する手間がなしでメルペイが使えるようになります

つまり、メルカリでの売上金をそのままメルペイでの支払いに利用できるようになるということ。

さらに、メルペイ残高にすることで、メルカリの売上金の180日間の振込申請期限(有効期限)もなくなり、有効期限を気にする必要もなくなります。

メルペイの評判・口コミを検証してみた

ネット上で多かった口コミや評判を、メルペイユーザー主婦みえりんごが検証してみました。

メルカリの売上金がそのままお店で使えて便利→◎

メルペイは不用品を売った売上金を手数料無料で街のお店で使えて使い勝手が良いという口コミがかなり多いです。

メルペイを使うことによって、メルカリで不用品を売るモチベーションアップにもつながるし、振込手数料200円も節約できます。

メルカリで出品を利用する人は、断然メルペイを利用するのがおすすめです。

不定期に開催されるキャンペーンがお得→◎

メルペイでは、50%還元などかなりお得なキャンペーンが不定期で開催されています。

通常メルペイ利用におけるポイント還元はありませんが、このようなキャンペーン時には積極的に使うのがおすすめです。

後払い機能(メルペイスマート払い)が便利→△

後払いできるメルペイスマート払いが便利という声も多かったです。

わたしは、メルペイはメルカリの売上金を利用するためにだけに使っているので、わざわざ後払いをする必要がなく使ったことがありません。

後払いをしたい場合には、支払元をクレジットカード登録できてポイント還元がある楽天ペイなどを利用しています。

ただし、お得なキャンペーンを実施しているときには、後払い機能を使ってメルペイを利用するのも良いかもしれません。

電話やメールでの問い合わせが出来なくて不便→△

お問い合わせは基本的にはメルカリアプリ内の問い合わせフォームから行います。

メルカリは問い合わせの対応が遅いなどの口コミが結構ありました。

実際に利用したことがないのでなんとも言えませんが、心配な方はメルペイの利用はメルカリの売上金だけを利用するなど必要最低限にしておいた方が無難。

急にアカウント停止されたり、利用上限金額を下げられた→△

この口コミもちらほら見かけました。

わたしはメルペイを利用していて今までそのようなことは一度もありません。

ただ心配な方は、やはりメルペイの利用はメルカリの売上金を使うだけなどにして必要最低限にしておいた方が良いかもしれません。

メルペイ以外のおすすめのスマホ決済

メルペイ以外に利用しているスマホ決済は、楽天ペイとPayPay(ペイペイ)

どちらもお得なキャンペーンが多く、使えるお店が多いのでおすすめです。

不用品を高く売りたいならメルカリが断然おすすめ。メルペイと併用しよう

不用品を少しでも高く売りたいなら、メルカリが断然おすすめです。

出品方法は思った以上に簡単で、利用者数が多いため売れるのも早いです。

メルペイを使えば、売上金を手数料無料で現金同様にいろんなお店で使うことができます。

ただし、メルカリで出品するにはある程度の時間と手間はかかります。

ラクに不用品を売ってお小遣い稼ぎしたいなら、宅配買取がおすすめ。

売れる金額はメルカリに売れべれば低いですが、時間も手間もかけずにラクに不用品を売ることができます。

《評判まとめ》メルペイの使い方は簡単!メルカリで出品するなら必須

今回の記事のまとめです。

この記事で1番伝えたいこと
メルカリで出品する人は売上金はメルペイで使うのが断然おすすめ。ただしメルカリを使わない人にはメルペイはほぼメリットなし。

メルカリ新規会員登録時に招待コード[SBKNXB]を入力すると、500円分のポイントがもらえます。

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アイキャッチ画像: ranchoさんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク
おすすめの記事