nanacoで税金や公共料金をお得に支払う方法
スポンサーリンク

クレジットカード払いに対応していない税金や健康保険料、公共料金の支払いにおすすめの方法です。

こんにちは!ラクにお金を貯めたい節約主婦みえりんご(@mieringo1983)です。

初めての方はこちらもどうぞ
30代雪国ミニマリスト&節約主婦みえりんごのプロフィールとブログについて

税金や健康保険料、公共料金、地方自治体への支払は、現金で支払うのはもったいないです。

クレジットチャージしたnanacoを使えば、税金や公共料金などをお得に支払うことができます。

今回は、nanacoを使ってお得に税金や健康保険料、公共料金の支払い方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

納税や公共料金などのnanaco払いがおすすめなのは、クレジットカード払いに対応していない場合

税金や健康保険、公共料金などで、1番おすすめな支払い方法はクレジットカード払いです。

クレジットカード払いの場合、一度手続きしてしまえばあとの支払いは自動で決済されて手間がかかりません。

また、REXカードやリクルートカードなどの還元率の高いクレジットカードを登録すればお得に支払いができます。

ただ、クレジットカード支払いに対応していない自治体は少なくないのが現状。

現にわたしが済んでいる町の自治体は、クレジットカード支払いに対応していません。

そんなクレジットカード支払いに対応していない自治体への支払いでも、nanacoを使えばお得に支払いができます。

スポンサーリンク

nanacoでお得に納税や公共料金などの支払いができる理由

nanacoで税金や公共料金などをお得に支払うための具体的な方法は、クレジットチャージをしたnanacoを使って収納代行の支払いをすること

収納代行とは?
コンビニにおいて、払込用紙を使って税金や健康保険料、公共料金などの支払いができる、いわゆる「コンビニ決済」を専門にした代行サービスのこと。

クレジットチャージは、無料で利用できます。

nanaco支払いの場合、税金や健康保険料、公共料金などを支払える収納代行では、nanacoポイントはもらえません。

しかし、クレジットカードでチャージしたnanacoを使えば、間接的にクレジットカード利用によるポイントをもらうことが出来ます。

例えば、年間20万円の健康保険料を支払う場合、ポイント還元率1%のクレジットカードでチャージしたnanaco払いにすることで、

200,000円×1%=2000円分のクレジットカードのポイントがもらえるということになります。

現金払いだと、なんの還元もありません。

クレジットチャージしたnanaco払いにするだけで、年2,000円もらえるなんてお得ですよね。

スポンサーリンク

nanacoで税金や公共料金などをお得に支払うために必要なもの

お得に税金や健康保険料、公共料金などをnanaco払いするために必要なものを用意しましょう。

払込用紙(収納代行で使えるもの)

収納代行を利用するためには、コンビニ決済ができる払込用紙が必要です。

健康保険料や公共料金など口座振替に設定している場合は、払込用紙が送られてきません。

わたしは、お得に支払いをするために、健康保険料や水道料金など口座振替を解約して払込用紙が送られてくるようにしています。

nanacoカード

電子マネーnanaco払いをするためには、nanacoカードが必要です。

nanacoカードを作るには発行手数料300円かかりますが、無料にする方法もあります。

nanacoカードの無料の作り方は、こちらの記事に詳しく書いています。

チャージでポイントがもらえるクレジットカード

nanacoでお得に支払いをするためには、nanacoへのクレジットチャージでポイントがもらえるクレジットカードが必須です。

実はnanacoへのクレジットチャージでポイントがつくクレジットカードは少ないです。

nanacoクレジットチャージでポイントがもらえる年会費無料のクレジットカードについて、こちらの記事に詳しく紹介しています。

nanacoクレジットチャージでポイントがもらえるクレジットカードの1番のおすすめは、リクルートカードです。

リクルートカードは、ポイント還元率が1.2%とクレジットカードとしてはトップクラス。

nanacoへのクレジットチャージでも1.2%のポイントがもらえます。

ただし、 nanacoへのクレジットチャージでポイントがもらえるのは、利用額月に3万円まで。

ただし、リクルートカードは2枚持ちが可能なので、利用額月6万円までは1.2%のポイント還元が受けられることになります。

セブンイレブンが近くにあること

収納代行のnanaco払いは、セブンイレブンのお店で行います。

セブンイレブンがお家の近くにあるか確認しておきましょう。

nanacoで税金や公共料金などをお得に支払うための準備作業

今回は、実際にわたしが健康保険料や納税、公共料金支払いに使っているnanacoカード+リクルートカードで納税する方法をご紹介していきます。

ここで行う準備作業は、初回1回の設定でOKです。

クレジットカードの本人認証サービスの登録

nanacoクレジットチャージを利用するためには、クレジットカードの本人認証サービスの登録が必要です。

本人認証サービスとは?
本人認証サービス(3Dセキュア)とは、決済時に必要なパスワードを設定することでインターネット上でのクレジットカードの不正利用を未然に防ぐためのサービスのこと。

発行した各クレジットカード会社で本人認証サービスの登録を行います。

リクルートカードの場合、発行会社が(株)JCB[JCB]と三菱UFJニコス(株)[VISA、Mastercard]になります。

それぞれのブランド、発行会社によって本人認証サービスの呼び方、設定方法があります。

JCB(「J/Secure™」)

「J/Secure」(ジェイセキュア)とは、「J/Secure」参加加盟店でのインターネットショッピングなどで、JCBカードを利用する際、必要に応じて「MyJCBパスワード」または「J/Secureワンタイムパスワード」の入力を要求したり、認証の過程で会員の方のデバイス情報などの追加情報を利用して本人認証を行うサービスのことです。

「J/Secure」の登録は、MyJCBサービスメニュー「『J/Secure』登録内容の確認・変更」より、手続きができます。

[「J/Secure」の 詳細はこちらから

VISA( 「Visa Secure(旧:VISA認証サービス) )

Visa Secure(旧名称:VISA認証サービス)は、ネットショッピングユーザーにさらなる安心をお届けします。Visaカードをオンラインで使用する際に、カード会員本人であるかどうかを確認する認証システムです。本人しか知らないパスワードやその他の情報(デバイス属性等)を用いて、金融機関はeコマースwebサイトにカード情報を入力したのがカード会員本人であることを確認します。パスワードはカード会員が事前に設定が必要な場合(静的パスワード)と、オンライン決済の都度に金融機関が発行する場合(動的パスワード)があります。

「VISA認証サービス(Verified by VISA)」 詳細はこちらから

リクルートカードの場合、本人認証サービスの利用には、MUFGカードWEBサービスへの登録が必要です 。

[ MUFGカードWEBサービス(本人認証サービス)の詳細はこちらから

Mastercard(「 MasterCard SecureCode」 )

オンライン加盟店で、Mastercardクレジットカード、デビットカードでお支払いいただく場合、SecureCodeサービス提供会社のポップアップウィンドウが自動的に表示され、お客様専用のコードを入力していただきます。 ATMで暗証番号を入力するのと同じ要領で、数秒でお客様ご本人であることが確認されます。SecureCodeオンライン登録は、とても簡単です。新しくカードを作る必要はなく、ご登録後数分で、信頼性の高いオンラインショッピングを、いつでも楽しむことができるのです。

「 MasterCard SecureCode」 詳細はこちらから

リクルートカードの場合、本人認証サービスの利用には、MUFGカードWEBサービスへの登録が必要です 。

[ MUFGカードWEBサービス(本人認証サービス)の詳細はこちらから

nanaco会員メニュー(モバイル)でクレジットカード情報の事前登録をする

クレジットカードの本人認証サービスの登録が終わったら、チャージするクレジットカードの事前登録をします。

nanacoカード利用の場合は、nanaco会員メニューで、nanacoモバイル利用の場合はnanacoモバイルでの登録となります。

[nanacoカードの場合]

1.nanaco会員メニューにログイン

2.「クレジットチャージ」をタップ

3.特約内容を確認し、「特約に同意の上登録」をタップ

4.クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコード、電話番号を入力

5.カナ氏名、生年月日、設定するクレジットチャージパスワード、メールアドレスを入力

6.入力事項を確認して「登録する」をタップ

7.カード発行会社の本人認証サービスで登録したパスワードを入力して完了

詳細: https://www.nanaco-net.jp/how-to/creditcharge/setting.html

これでチャージするクレジットカードの登録が完了しました。

クレジットチャージは、クレジットカードの登録完了の24時間後から利用することができます。

ちなみに、 1枚のクレジットカードに対して、1枚のnanacoカードと1台のnanacoモバイルにクレジットチャージの事前登録をすることができます 。

nanacoを使って税金や公共料金などをお得に支払う方法手順

準備作業が終われば、nanacoクレジットチャージを利用して収納代行の支払いをすることが出来ます。

nanaco会員メニュー(モバイル)からクレジットチャージ申込をする

nanacoカード利用の場合は、nanaco会員メニューで、nanacoモバイル利用の場合はnanacoモバイルでクレジットチャージの申込をします。

[nanacoカードの場合]

1.nanaco会員メニューにログイン

2.「クレジットチャージ」をタップ

3.クレジットチャージパスワードを入力して「次へ」をタップ

4.「クレジットチャージ入金」をタップ

5.金額を選択

6.入力内容を確認し「申込み」をタップして完了

詳細: https://www.nanaco-net.jp/how-to/creditcharge/application.html

お店のレジで「残高照会」をして払込用紙を使って支払いをする

nanacoクレジットチャージの申込が終わったら、税金や公共料金などの払込用紙をもってセブンイレブンに支払いにいきます。

クレジットチャージ申込完了の時点では、チャージした電子マネーは「センターお預り分」となっています。

「センターお預り分」となっている電子マネーを実際に自分のnanacoカードに移動させて使える状態にするには、「残高確認」をすることが必要です。

「残高確認」は、セブンイレブンなどのお店のレジやセブン銀行ATMでできます。

今回は、収納代行を使った支払いをレジで行うため、手間を省くためにお店のレジで「残高確認」をいっしょにやってしまうのがおすすめです。

1.お店のレジの人に、払込用紙を渡して「残高確認してからnanaco払いお願いします」と伝える。

2.レジにnanacoカード(モバイル)をかざす

3.払込用紙の控えをもらう

ちなみに、nanacoモバイルでチャージした分は残高確認は不要で、そのまますぐに電子マネーとして使うことができます。

これでnanacoを使って税金や公共料金をお得に支払うことができました。

クレジットカードの事前登録をやってしまえば、支払い方法としてはクレジットカードチャージの申込→セブンイレブンで残高確認&支払いをするという作業だけ。

慣れてしまえば時間や手間もそれほどかかりません。

《まとめ》税金や公共料金などのnanaco払いで、最大1.2%の還元が可能

今回の記事のまとめです。

この記事で1番伝えたいこと
クレジットカード払いに対応していない税金や健康保険料、公共料金の支払いには、クレジットチャージしたnanacoを使えばお得に支払いができる

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アイキャッチ画像: かえるWORKSさんによるイラストACからのイラスト

スポンサーリンク
おすすめの記事