スポンサーリンク

 

こんにちは!33歳で妊娠し、34歳初産で5時間の安産だったみえりんごです。

 

初めての妊娠中(正確には2回目。1回目は稽留流産)はちゃんと赤ちゃんを産めるかどうか、心配性でビビリな私は赤ちゃんに会える時が楽しみな反面、不安な気持ちでいっぱいでした。

 

実際の出産は予定より5日早い39週2日で5時間の安産でした。

 

 

妊娠中特につらかったのがつわり。妊娠初期の2~4カ月はほんとにつわりがひどくて、りんごやゼリー、パンやチョコなど食べられるものが限られていました。食べづわりもあってずっと何かを食べていましたね。

 

もちろん栄養バランスの取れた食事なんてほとんど摂れていませんでした。それが心配性の私にとってストレスでした。

 

赤ちゃんのためにもしっかり栄養を摂らなきゃいけないのに、摂れない。どうしよう。そんなときに飲んでいたのが、葉酸サプリでした。

 

葉酸サプリは、栄養素を補ってくれることはもちろんのこと、栄養素がしっかり摂れていないという私の心配を和らげてくれる、心をサポートしてくれるものでもありました。

 

1箱飲み終わると違うものをというふうに毎月違うサプリを使っていて、全部で3種類の葉酸サプリを購入しました。私の場合、妊娠が分かったときから妊娠4か月くらいまで飲んでいました。

 

パティ葉酸サプリ

ジュンビー葉酸サプリ

はぐくみ葉酸

 

今回はこの3種類の葉酸サプリの特徴と使ってみた感想についてご紹介します。

 

結論から言えば、この3種類の中では、はぐくみ葉酸が1番自分に合っていました。

 

ただ正直に言いますと、安全・安心にこだわりたい心配性の私としては、今の1番のおすすめの葉酸サプリはプレミンです。

 

実際には使ったことはないので100%おすすめとは言えないのがつらいのですが、妊娠中に出会っていたら間違いなくプレミンを購入していました。次妊娠したらプレミンを購入する予定です。

 

今回は、実際に私が使っていた葉酸サプリ、そしてまだ使ったこともないプレミンがどうして私のおすすめナンバー1サプリなのかをご紹介します。

 

葉酸サプリの製品情報については、記事を書いている時期のものを参考にしています。情報が古くなっている場合もあるかと思いますので、購入の際は、商品のホームページを改めて確認していただきますようお願いいたします。

 

厚生労働省で推奨される妊娠中の葉酸の摂り方と量

妊娠初期に葉酸摂取が不足すると、胎児の神経管閉鎖障害の発症がリスクが高まります。

 

妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの葉酸摂取に加えて、栄養補助食品から1日400μg(マイクログラム)の葉酸摂取を厚生労働省で推奨されています。

 

どうして食事からの葉酸摂取だけではなく栄養補助食品からも葉酸を摂取するように推奨されているのか?

 

まず1つに、食事でとる食べ物からの葉酸の生体利用率が50パーセント以下と推定されているから

 

野菜や果物、お肉などの食べ物に含まれる葉酸は小腸でモノグルタミン酸として吸収されます。

 

しかし、食べ物に含まれる葉酸の大部分はポリグルタミン酸型として存在していて、モノグルタミン酸として消化吸収されるまでの代謝過程でいろんな影響を受けるため、生体利用率が50%以下と推定されているそうです。

 

もう1点が、葉酸は水溶性ビタミンであるため、調理している間に失われやすいということです。

 

一方、サプリメントなどの栄養補助食品に使用される葉酸(プテロイルモノグルタミン酸)は、一般的な食事で摂る食べ物の葉酸の構造とは異なっていて、安定性及び生体利用率が高いです。

 

食事から摂る葉酸は効果がないわけではないですが、サプリメントなど栄養補助食品からの葉酸と比べると、神経管閉鎖障害のリスク低減に関する科学的根拠が充分ではないそうです。

 

参考資料

厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト「e-ヘルスネット]

妊婦・授乳婦(厚生労働省HPより)

日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要(厚生労働省HPより)

 

 

 

参考資料をもとに、1日あたりの葉酸摂取量を計算してみました。

1日あたりの葉酸の推奨摂取量(18歳以上女性の場合)

通常:240μg

妊活中など妊娠の可能性がある時期:240μg(食事)+400μg(栄養補助食品)=640μg

妊娠中:240μg(食事)+240μg(食事)=480μg

授乳中:240μg(食事)+100μg(食事)=340μg

 

国民生活センターの資料を見ると、妊娠初期(妊娠の1カ月以上前から妊娠3カ月までの間)は、普段の食事に加えて、栄養補助食品から400μgの葉酸をとることが望ましいとされています。

 

参考資料

胎児の正常な発育に役立つ「葉酸」を摂取できるとうたった健康食品

 

 

 

 

例えば、妊娠中に必要な量の葉酸(480μg)を食事から摂ろうとします。

 

食事に含まれる葉酸量の半分が体内で利用されると考えると、倍の960μgの葉酸を食べ物から摂取しないといけません。

 

葉酸を多く含む食品の1つであるほうれん草(100gあたり210μg)で考えると、一束が200gとして、約460g=約2.3束を1日に食べる必要があります。

 

ブロッコリー(100gあたり210μg)だと、1個が200gだとして約460g=約2.3個。

 

〈参考〉
知っておきたい栄養学 最新版 (学研実用BEST) [ 白鳥早奈英 ]

レシピ大百科 食材の目安量

 

私の場合、普段の状態なら食べられないことはない量ですが、毎日続けるとなると結構厳しいかも。ましてやひどいつわり中だと絶対無理な量です。つわりがひどい時期は、そもそも野菜を食べるのが無理でした。

 

 

心配性な健康オタクの私の葉酸サプリの選び方

美容と健康に必要な栄養素は出来るだけ食事から摂りたい私。今までサプリを使ったことは一度もありませんでした。

 

つわりのひどい妊娠中は偏った食事でしっかり栄養を摂れていないことを自覚していました。それが自分にとってストレスにもなっていて、母子ともに悪い影響を与えてしまいかねないと心配でした。

 

特に妊娠初期に積極的に摂るべき栄養素が葉酸だということで、葉酸サプリを使い始めました。

 

葉酸サプリってほんとうにたくさんの種類があって、どれがいいのか迷いました。それも節約主婦の私にとっては、葉酸サプリってどれも結構お値段が高い・・・。

 

元気に赤ちゃんを産むためには、そこはケチケチせずにしっかりお金を出すべきだと思ったので、値段よりも葉酸サプリの質を一番重要視するようにしました。

心配性で健康オタクな私が特に葉酸サプリの選び方で重視した点が2つあります。

 

できる限り体に負担になる成分が入っていないか、安心・安全に飲める商品であるかどうかでした。

 

当たり前のことですがママが食べたものが赤ちゃんの発育に影響します。

 

つわりがひどかった妊娠初期の食事ではなかなか栄養のあるものを摂れなかったり、自分が食べやすいものを優先して食べてしまっていました。

 

せめて食事に足りない栄養素を補うためのサプリメントは、しっかり効率よく栄養素を体が使えるようにするためにも、出来る限り添加物など体の負担になるようなものが入っていないものを選ぶようにしました。

 

安心・安全なものであるかという判断は、厚生労働省が定めた医薬品等の製造管理及び品質管理基準であるGMP工場で作られているかなどを目安として自分なりにチェックしました。

 
 

スポンサーリンク

 

心配性で健康オタクな私が妊娠初期に実際に飲んでいた葉酸サプリ

私が実際に飲んでいた葉酸サプリは3種類。並行して3種類使っていたわけではなく、飲みきったら次の違う商品を使うという感じでした。

 

私が実際に使っていた順にご紹介していきます。

 

パティ葉酸サプリ

私が一番最初に購入した葉酸サプリは、パティ葉酸サプリでした。

 

パティ葉酸サプリの特徴

パティ葉酸サプリ1

 

・13種類の国産の無農薬野菜を含んだ100%食品でできたサプリメント

 

100%無添加(保存料、着色料、香料、光沢剤、食品添加物不使用)

 

・栄養素の1日当たりの摂取目安量が、国の定めた上・下限値の規格基準に適合している栄養補給のための栄養機能食品 (ビタミン12種、ミネラル5種のうち、いずれかが国が定めた基準値を満たしている食品のこと)

 

・厚生労働大臣が定めた品質管理基準GMP認定工場で製造

 

放射能検査を実施し、検出なし

 

厚生労働省推奨の葉酸400μg、妊娠中不足しがちな鉄分15mgや、日本人が不足しがちなカルシウム210mg配合(4粒あたり)

 

・全ての原料が品質試験合格

 

・1日の目安:4粒(1箱120粒=約1カ月分)

 

■パティ葉酸サプリの原材料名■

ドロマイト(Ca、Mg高含有ミネラル素材、重金属、水銀、鉛検出なし)、鉄含有酵母、ケール末、海藻カルシウム、硬化なたね油(トランス脂肪酸検出なし)、葉酸含有酵母、野菜混合末(青ピーマン、モロヘイヤ、カボチャ、サツマイモ、生姜、玉ねぎ、トマト、人参、ほうれん草、セロリ、ブロッコリー、レンコン)、澱粉

4粒あたりの成分:エネルギー3.49kcal.たんぱく質0.21g.脂質0.10g.炭水化物0.43g.ナトリウム2.99mg.葉酸400μg.鉄15mg.カルシウム210mg

 

 

心配性で健康オタクな私がパティ葉酸サプリを選んだ理由

パティ葉酸サプリ2

 

天然・自然素材は体に優しいイメージがあります。

 

私は無添加、オーガニックなどのラベルに弱く、ついつい口に入れるものや肌につけるものは天然・自然ものを選んでしまうことが多いです。

 

例えば、天然・自然素材で安全であるものと、合成品で安全であるものならば、天然・自然素材を選びます。

 

もちろん天然・自然素材だからと言って必ずしも体に良いというわけではないし、体に悪いものあります。それは合成素材でも同じこと。

 

ただ、食品などの自然素材の方が昔から人間にとって慣れ親しんでいるため、うまく体に消化・吸収されやすいと私は考えます。なので、個人的には天然・自然素材のものを優先します。

 

だからと言って、自然素材だから体に良いというふうにきめつけずに、サプリメントなどの健康食品を購入するときは自分なりにしっかり調べて納得してから購入するようにしています。

 

パティ葉酸サプリ3

 

パティ葉酸サプリは、

・全ての原料が品質試験に合格していること

・GMP認可工場で作られていること

・放射能検査を実施していること

・栄養機能食品であること

・国産の無農薬野菜を含んだ100%食品でできていること

・100%無添加(保存料、着色料、香料、光沢剤、食品添加物不使用)であることから安心して飲めそうだと思い、購入しました。

 

 

パティ葉酸サプリに含まれる葉酸は、「葉酸含有酵母」です。葉酸含有酵母とは、合成葉酸であるモノグルタミン酸型葉酸を酵母に取り込ませたもの。厚生労働省が推奨している葉酸です。

 

 

パティ葉酸サプリの気になる点としては、主成分としてドロマイトが含まれている点

 

ドロマイトとは、サンゴなどの生物が海底に積もって石灰岩になった後に、カルシウムの一部が海水中のマグネシウムと置き換わることで作られる鉱石のこと。

 

カルシウムとマグネシウムが2対1という人間が栄養素を取り入れるのに理想的な割合で含まれています。

 

天然のミネラル素材の1つですが、一般的な食品ではないというのがひっかかるところです。重金属、水銀、鉛検出なしということなのでそこは少し安心です。

 

 

また、保存容器がプラスチックボトルというのもマイナスな点。鮮度をキープしやすいアルミパウチの方がいいな~と思いました。

 

 

 

パティ葉酸サプリを飲んでみた感想

パティ葉酸サプリ5

 

 

パティ葉酸サプリは、味とにおいが結構きついです。つわりがひどい妊娠初期はちょっと飲むのがつらいかもしれません。

 

私も実際に最初飲んだ時は、うぇっていう感じした。でも慣れると全然大丈夫になり問題なくすべて飲むことができました。

 

逆に味とにおいがきついということは、それだけできる限り食品に近い形で利用して作られているということとも考えることもできます。

 

パティ葉酸サプリは、においや味は結構癖があるので、最初に購入するときはまずはお試しに1つだけ単品購入することをおすすめします。

 

 

パティ葉酸サプリは4回継続の定期購入だと30%割引、送料無料

パティ葉酸サプリの定期購入は30%割引、送料無料と金額面はお得になりますが、4回は購入を続けないと解約ができません。1箱が約1か月分なので、4回=約4か月。結構長めの縛りです。

 

もし自分の好みの味じゃなかったりして飲みづらかったら4か月も飲み続けていくのはつらいと思い、私は定期購入ではなく単品で購入しました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

ジュンビー葉酸サプリ

2回目に購入した葉酸サプリはジュンビー葉酸サプリでした。先に言ってしまいますが、特に可もなく不可もない商品でした。

 

正直に言うと、なぜこれを選んだのか自分でもよく分かりません。たぶんつわりで何にも考えたくなかったのか、とりあえずこれでいいかな~というスタンスで買ったものでした。

 

後々紹介することもないだろうということで写真さえも残っていません・・・。汗

 

ジュンビー葉酸サプリの特徴

厚生労働省推奨のモノグルタミン酸型葉酸400μgを配合(4粒あたり)

 

・国産

 

香料、着色料、保存料、発色剤、漂白剤、防カビ剤、膨張剤、苦味料、光沢剤無添加

 

・お米由来の植物性乳酸菌「乳酸菌K-1」配合

 

鉄分15mg ・カルシウム220mg、ビタミンC 50mgなどビタミン・ミネラルをバランスよく配合(4粒あたり)

 

GMP認定工場で医薬品レベル品質管理を実施して製造

 

放射用試験を定期的に実施

 

・湿気などによる劣化を防いで、鮮度をキープするのに適したアルミパウチを採用

 

安心の14日間返金保証(商品返送時の送料は自己負担)

 

・1日の目安:4粒(1袋120粒=約1か月分)

■ジュンビー葉酸サプリの原材料■

酵母(マンガン含有)、酵母(亜鉛含有)、酵母(クロム含有)、酵母(銅含有)、酵母(セレン含有)、植物性乳酸菌(殺菌)、酵母(モリブデン含有)、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、かぼちゃ、ちんげん菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、トマト、未焼成カルシウム、クエン酸第一鉄ナトリウム、HPC、ビタミンC、酸化マグネシウム、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、ビタミンE、ニコチン酸アミド、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

 

 

ジュンビー葉酸サプリを飲んでみた感想

ジュンビー葉酸サプリはパティ葉酸サプリに比べて、においに癖もなく小粒なのでとても飲みやすかったです。サプリの容器としても鮮度をキープしやすいアルミパウチというのも良いですね。

 

ジュンビー葉酸サプリはサプリとしては、香料、着色料、保存料、発色剤、漂白剤、防カビ剤、膨張剤、苦味料、光沢剤無添加、GMP認定工場で製造、放射用試験を定期的に実施と安心・安全な取り組みがされています。

 

悪くはないんですが、特にここがすごくいいという点もないのが正直なところです。

 

 

ジュンビー葉酸サプリは、送料無料の割引価格で購入できるお得な特別モニターコースあり

ジュンビー葉酸サプリには、300名限定の特別モニターコースという名のお得な定期購入があります

 

初回は1,980円、2回目以降は20%割引になり、送料無料、代引き手数料無料です。ただし、4回以上の継続が必要です。(月に1回追加注文なしでお届け)

 

ただしジュンビー葉酸サプリの定期コースの特別モニターコースの良い点は、14日間の返金保証があるということ。万が一商品が合わなくても商品到着後14日以内に電話すれば、初回購入代金を全額返金してくれます。ただし商品返送時の送料は自己負担になります。

 

葉酸サプリなんて、人によって合う合わないあるだろうし、飲んでみないと分からないですからね。こういう返金保証があると気軽に購入できるので嬉しいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

はぐくみ葉酸

妊娠中購入した葉酸サプリの中で一番良かったのがはぐくみ葉酸でした。

 

 

はぐくみ葉酸の特徴

はぐくみ葉酸1-1

 

天然素材100%の葉酸サプリメント

 

・オーガニックレモンから摂った天然由来の葉酸(ポリグルタミン酸型)100μgと酵母由来の合成葉酸(モノグルタミン酸型)400μgを含む(3粒あたり)

 

鉄分10mg、カルシウム200mg、ビタミンC 40mgなど20種類以上のビタミンやミネラルを含む(3粒あたり)

 

・厚生労働大臣が定めた医薬品等の品質管理基準であるGMP認定工場で製造

 

・定期的に放射能検査・残留農薬検査を実施

 

・会員特典として管理栄養士による食事サポートもあり

 

・1日の目安量:3粒(1袋90粒=約1か月分)

 

定期購入はいつでも解約可能、10日間の返金保証付き

 

■はぐくみ葉酸の原材料名■

酵母(鉄含有)、デキストリン、還元麦芽糖水飴、植物油、酵母(葉酸含有)、レモン皮エキス(葉酸含有)、野菜ミックスパウダー(オクラ、キャベツ、ケール、ニンジン、カボチャ、ゴボウ、サツマイモ、サトイモ、シイタケ、ブロッコリー、アシタバ、アスパラガス、エダマメ、コマツナ、セロリ、ダイコン、ダイコン葉、タマネギ、パセリ、ホウレンソウ、レモン、レンコン)、クロレラ、アセロラパウダー/サンゴカルシウム、セルロース、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12

 

 

心配性で健康オタクな私がはぐくみ葉酸を選んだ理由

はぐくみ葉酸②-1

 

 

はぐくみ葉酸は、天然葉酸と合成葉酸の両方を含む珍しいタイプの葉酸サプリメント。

 

食事で足りない分の天然葉酸(ポリグルタミン酸型)と栄養補助食品で摂るべき合成葉酸(モノグルタミン酸型)の両方をカバーできる点がはぐくみ葉酸の最大の魅力ではないかなと思います

 

 

天然葉酸には、体内吸収率が低いというデメリットはありますが、葉酸以外にも素材本来がもつ栄養素が含まれているというメリットがあります。

 

 

また、GMP認定工場で製造、定期的に放射能検査・残留農薬検査を実施していて、安全対策もしっかりしている点も良かったです。

 

 

はぐくみ葉酸を飲んでみた感想

はぐくみ葉酸③-1

 

 

はぐくみ葉酸の味やにおいは、パティ葉酸サプリに比べると全然きつくありません。先にパティ葉酸サプリを飲んでいた私には、すごく飲みやすいサプリでした。ほのかにレモンの酸味や苦みのようなものを感じました。

 

1日3粒と飲む個数が少ないのも、飲みやすくて嬉しいです。

 

 

 

はぐくみ葉酸の定期購入は割引価格でいつでも解約可能、返金保証付き

はぐくみ葉酸では、毎月300名限定の特別キャンペーンを実施しています。

 

毎月お届けコースという名の定期購入に申し込むと、初回71%OFF、2回目以降は42%OFFの特別割引価格で購入できます。送料、代引手数料も無料です。

 

 

はぐくみ葉酸の定期購入は、購入回数の縛りがなく、いつでも休止・解約できます。(次回発送の10日前までに連絡必要)

 

 

さらに、万が一商品が合わなかった場合は、商品到着後10日間以内だと返金可能な返金保証があります。

 

 

商品の定期購入の多くは、特別割引価格で購入できるメリットはあるものの、購入回数の縛りがあるのがデメリットでした。はぐくみ葉酸の定期購入はもはやメリットしかないとも言えるのではないでしょうか。

 

 

消費者に安心して使ってほしいという思いがひしひしと伝わります。ここまで消費者に良心的なサービスを提供できるのは、商品に自信があるからなのかな~と個人的に思ったりもします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

安全・安心にこだわりたい心配性健康オタクのおすすめナンバー1葉酸サプリはプレミン

どうして実際に購入した葉酸サプリの紹介と並べて、まだ実際に使ったこともないプレミンを紹介するのか。その理由は、私が妊娠中に出会っていたら間違いなくプレミンを購入していたと思うから。

 

それくらいプレミンは私の心を鷲掴みにしています。

 

葉酸サプリを購入する際に、いろんな葉酸サプリのサイトを見てきましたが、消費者の安全・安心を追及しているという面において、他の葉酸サプリとは1つ抜きんでていると感じられたのがプレミン。

 

ほんと妊娠中にプレミンに出会いたかったです。

 

 

↓気になった方はこちらからプレミンのサイトを見てみてください。サイトを見るだけでも他の葉酸サプリとは違うなっていうのが明らかに感じられると思います。

プレミン

 

プレミンの特徴

プレミンは3つのステージに分かれ、必要な栄養成分量が変わる妊娠時期に合わせて、栄養摂取ができる

 

・プレミン(妊活~妊娠15週時期)は葉酸サプリとして日本初の一般女性による安全性試験を実施。安全性が実証されUMINに登録されている

 

・全成分において原産国、最終加工国、含有量を開示。

 

・保存料、着色料、防カビ剤、香料、甘味料、苦味剤不使用。トランス脂肪酸なし 

 

・第三者による検査結果を多項目にわたり開示。放射能残留検査、アレルギー検査実施

(ヒ素、鉛、セシウム、ヨウ素、残留農薬、水銀検出なし

 

厚生労働大臣が定めた医薬品等の品質管理基準であるGMP認証よりも厳しい審査基準をクリアしたNSF GMP認証工場で製造・袋詰めまで一貫して行っている

 

NPO法人日本サプリメント評議会において評価されたサプリメントで、かつ検査機関で放射性物質含有量の検査を受け基準値をクリアした製品に付与される安心安全マークプラスを取得

 

・定期購入はいつでも解約可能(次回お届けの7日前までにお問い合わせ必要

 

・25日間の全額返金保証あり

 

・1日の目安:4粒(1袋124粒=約1か月分)

※プレミンママソフトカプセルは1日の目安3粒(1袋93粒=約1か月分)

 

 

 

プレミンの一番の特徴としては、妊娠時期に合わせて、プレミン(妊活~妊娠15週)、プレミン16w(妊娠16週~出産)、プレミンママ(出産後授乳時)の3ステージのプレミンがあるとういこと。

 

妊娠前、授乳中はもちろん、妊娠中でも時期によって、厚生労働省が推奨する栄養素の摂取量は変わってきます。3ステージのプレミンによってその時期に合った栄養素を摂れるようになっています

 

例えば、葉酸の場合、プレミン(妊活~妊娠15週の時期)ならモノグルタミン酸型400μg、プレミン16w(妊娠16週~出産)なら食事性葉酸(ポリグルタミン酸型)250μg、プレミンママ(出産後授乳時)なら食事性葉酸(ポリグルタミン酸型)120μgを摂取できるようになっています。

 

 

健康オタクで心配性の私がプレミンを使いたい理由

消費者に安心・安全なものを届けたいという思いがヒシヒシと伝わってくるプレミンの公式サイト。これでもかというくらい消費者の安心・安全を追求して作られているという印象の葉酸サプリです。

 

放射能残留検査はもちろんアレルギー検査の実施、 全成分において原産国、最終加工国、含有量、第三者による検査結果を多項目にわたり開示とここまできめこまかく消費者が安全・安心して使えるために情報開示している葉酸サプリはなかなかないです。

 

いろいろ葉酸サプリのサイトを見てきましたが、消費者の安心・安全にこだわった葉酸サプリとしては、プレミンが1番じゃないかなと個人的に感じています。

 

↓プレミンの詳細はこちらから↓

 

 

 

まとめ:自分に合った葉酸サプリを選んで、食事で足りない栄養素を補おう

葉酸サプリは、つわりなどでちゃんと食事ができずしっかり栄養素を摂れない時にとても便利なものです。つわりがひどかった私は、葉酸サプリにほんと助けられました。

 

葉酸サプリを摂ることで、食事で摂れない栄養素を補うことはもちろん、うまく栄養素を摂れずにイライラ不安だった心理的な面も支えてくれました。

 

ただでさえ出産への不安や体の変化からストレスが多い妊娠中。つわりでちゃんと栄養素が摂れない不安やストレス軽減するといった面でも、葉酸サプリはおすすめです。

 

たくさんある葉酸サプリでも私の一押しはプレミン。妊娠中に実際に使っていた3種類の葉酸サプリも決して悪いものではないです。プレミンが私にとって良すぎるんです。

 

実際に使っていないので、100%おすすめと胸をはって言えるわけではないですが、ただ、つぎ葉酸サプリを使うなら、私は絶対プレミンを使います。

 

心配性で健康オタクな私は、プレミンの消費者の安心・安全を追求している姿勢に完全に魅了されました。ほんと妊娠中に出会いたかったです。

 

 

 

 

 

 

 

今回の記事は以上です。
最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事