スポンサーリンク

こんにちは!布団が大好きな節約主婦みえりんごです。

 

独身時代まではずっとベッドを使っていましたが、結婚して引っ越してからベッドは購入せず、布団で生活しています。

 

ミニマムにシンプルに暮らしたい私は、ベッドよりも自由度が高い布団生活が好き。そんな好きな布団生活にもデメリットはもちろんあるわけで。少し前に布団生活の最大のデメリットってこれだよな~と実感する出来事がありました。

 

布団生活の最大のデメリット、それはカビです。湿気対策を油断したらマットレスにカビが生えてしまいました・・・。今日はマットレスにカビを生やしてしまったという自分の経験をふまえ、実際にやっているマットレスのカビ対策についてご紹介していきます。

 

湿気対策を油断したらできてしまったマットレスのカビ

 

うちはフローリングに直にマットレスを敷いてその上に敷布団を敷いていました。カビのこと気にはなっていたんです。

 

朝起きたらマットレスの下の部分がベッタリ濡れていることが時々ありました。ま~でも大丈夫でしょ。と意味不明な自信があって、ずっとほったらかしにしていたんですよね・・・。

 

茶色のカバーのマットレスだったので、カビが生えているかどうかパッと見分からないのも、自分に良い風に解釈するように。それでカビが生えてないと自分に思い込ませていたんです。

 

毎日マットレスと布団は敷きっぱなしで、週に1度布団をあげてマットレスを乾かす程度。今思えばそんなんじゃカビ生えるよな~と納得の結果です・・・。

 

どうしてそんなにほったらかしにしていたカビについて気が付いたかというと、きっかけは赤ちゃんが生まれたことでした。

オーガニックコットンのミニサイズベビー布団

 

 

ふと敷きっぱなしにしていたベビー布団の裏側を見ると、小さい黒い点々ができてる。カビが生えていました。めっちゃショックで、すぐにマットレスのカバーをとり、中のマットレスを見てみました。幸いなことにマットレス自体はカビは生えていませんでした。

 

カビはカバーだけでとどまっていたので、さっそくカバーだけを洗いました。酸素系漂白剤(750g)を水に溶かして1時間つけ置きしてから、洗濯機にかけました。綺麗にカビはなくなったので良かった~。

 

とベビー布団のカビを綺麗にしていると、私たち夫婦が使っているマットレスのことが頭をよぎりました。まさかカビ生えていないよな~とおそるおそるマットレスのカバーのチャックを開けて見ると・・・はい、想像に反することなくカビが生えていました。

 

 

湿気対策を怠りカビが生えた三つ折りマットレスを手放し、六つ折りマットレスを購入

 

もう手をつけられなくらいのカビが生えていたので、マットレスを処分することにしました。粗大ごみ代約1000円かかりました。そして新しくマットレスを買い換えました。

マックスシェアー六つ折りマットレス

 

 

カビが生えないようにちゃんと湿気対策をしていれば、長い間使えただろうマットレス。ほんともったいないことしました。節約主婦として反省です。

 

ちなみにマットレスは楽天のショップ、マックスシェアー maxshareさんで購入。コンパクトにたためて場所をとらないのがいいな~と思い、6つ折りのマットレスにしました。カビが生えたらすぐ分かるように色は白を選択しました。

 

 

 

マックスシェアー六つ折りマットレス

 

 

今まで3つ折りのマットレスだったので、6つ折りだと寝心地悪いかな~とも思いましたが特に気にせず使えています。折りたたむと今までの三つ折りのマットレスよりコンパクトなので、持ち運びや収納するときに便利になりました。

 

 

マックスシェアー六つ折りマットレス

 

 

もうマットレスにカビを生やさない!湿気対策のために購入した商品とその使い方

 

もうマットレスに絶対カビを生やしたくない。でも生活が忙しくなって自分に余裕がないと、またマットレスや布団が敷きっぱなしになる。するとまた今回やってしまったように、マットレスにカビが生えることになるだろうと想像がつきました。

 

どうにか布団やマットレスを毎日片付けなくても、カビが生えないように湿気対策ができる商品はないかといろいろ調べてみました。そんな中気になったのがシリカゲルの除湿シート(ダブル) 130×180cm 。さっそく購入してみました。

 

 

布団のカビ対策におすすめの除湿シート

 

 

布団のカビ対策におすすめの除湿シート

 

 

使い方は簡単でマットレスとフローリングの間に敷くだけ。センサーの部分がピンク色になったら乾かして、青になったらまた使えるようになります。何度でも繰り返して使えます。

布団のカビ対策におすすめの除湿シート

 

 

1日でピンク色になることもあれば、2~3日でピンク色になることも。それだけマットレスとフローリングの間って湿気やすいんだな~とようやく分かりました。

 

湿気対策をせずにマットレスや布団をフローリングに敷きっぱなしにしていると、カビが生えるのも納得です。マットレスや布団を片づけたくない(あげるのが面倒くさい)という気持ちとマットレスにカビを生やしたくないという気持ちを比べると、断然カビを生やしたくないに軍配が上がりました。

 

ということで面倒くさがりやの私ですが、今はマットレスや布団をほぼ毎日あげて片づけるようにしています。正直ベッドだと毎日布団をあげたりしなくていいからラクだな~とは思います。でもマットレスや布団を片付けると気持ちがいいし、部屋が広々と使えるからそれはそれでいいかな~と思っています。

 

我が家では、布団を片付けた寝室は、昼間赤ちゃんの遊び部屋になっています。ほとんどものがないので、たくさん動き回っても安全です。

 

 

 

布団だと片づけられるので、こうやってお部屋を自由に使えるというのは布団生活の最大のメリットだと思います。小さい賃貸暮らしのウチでは、シンプルにミニマムに暮らすにはやっぱりベッドよりも布団ですね。

 

 

まとめ:カビが生えやすく湿気対策が必須というデメリットはあるけど、シンプル・ミニマムライフにはやっぱり布団

 

布団生活の大きなデメリットは湿気対策をしっかりしないと、カビが生えやすくなること。油断して湿気対策を怠っていると、私のようにマットレスや布団の買い替えが必要になり、無駄にお金を使ってしまうことになります。

 

カビを生やさないためにも布団やマットレスの湿気対策はしっかりすることをおすすめします。

 

カビ・湿気対策をしないといけないというデメリットはあるものの、やっぱり私は布団生活が気に入っています。ベッドとは違い片づけられて部屋を自由に使えるという点が、シンプルミニマムに暮らしたい私には、布団を選ぶ大きなメリットです。ベッドに戻る気はもうないな~。

 

 

今回の記事は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク
おすすめの記事